こじるりの郷

September 22 [Fri], 2017, 1:38
ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」に分類されるゲルみたいな成分です。
大変水分を保持する能力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。
加齢に伴って減少する成分なので、自発的に補うようにしましょう。
コラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)の最も有名である効能は肌トラブルの改善といえます。
コラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)を摂取することで、体の中に存在するコラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)の代謝が活発になり、肌の潤いやハリに効果があるのです。
体内のコラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)が減少すると肌の老化へとつながるので若々しくいるためにも積極的な摂取が必要です。
肌荒れが生じた場合には、セラミドを摂取するようになさってみて下さい。
セラミドという物質は角質(別名をケラチンともいいます)層の細胞の間で水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。
というのも、角質(別名をケラチンともいいます)層には複数層の角質(別名をケラチンともいいます)細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。
皮膚の表面を健康な状態にしておくバリアのようなはたらきもするため、十分な量が存在しないと肌荒れが発生するのです。
寒くなると湿度が下がるのでその影響から肌の潤いも奪われがちです。
水分が肌に足りないと肌のトラブルの元となるのでほかの時節よりもしっかりとしたケアが必要です。
潤いが足りない肌のトラブルを起こさない為にもお手入れを念入りなお手入れを心掛けて下さい。
冬季の肌のお手入れのポイントは「乾燥させない」ということが大事です。
お肌のために最も大事なのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。
間違った洗顔とは肌トラブルの原因となりみずみずしさを失わせてしまう、原因となります。
可能な限り、優しく包むように洗う丁寧に漱ぐ、このようなことに注意して洗う洗顔をするようにこころがけましょう。
肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスして手を抜かず泡立てて、出来るだけ、肌をこすらないようにして下さい。
力を込めて洗うと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。
さらに、洗顔の次に必ず保湿するのが良いですね。
化粧水しか使わないのではなく、乳液。
美容液クリームも状況に合わせて用いるようにして下さい。
寒い時節になると冷えて血のめぐりが悪くなります。
血のめぐりが悪くなると肌細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。
その結果、肌をいためたり、肌荒れを引き起こしてしまうため、血行の促進を心がけて下さい。
血行が良くなれば、代謝がよく活動し、美肌になりやすいのです。
いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い時節になるとカサカサになってしまうこともあるので、顔を洗った後やおふろに入った後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液をつけるようにしましょう。
冬になると肌のトラブルが多くなるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。
しっかりと保湿をすることと血行促進することが寒い時節のスキンケアのポイントです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結羽
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる