試合レポート 対 中村学園。

September 01 [Thu], 2011, 23:52
東京都女子サッカーリーグ高校の部3部リーグ第4節上水0中村学園得点者杉原45分、分、分、分栗原5分、分、分、分、分安川43分、分、分、分茂木3分、分、分以上のような結果になりました。リーグ戦4試合目にしてようやくベストメンバーで試合に臨むことができ、その結果が得点にも試合内容にも現れたのではないかと思います。とは言え、こちらは人で相手は8人。圧倒的に有利な状況だったのですがさすがに点も入れるとは思いませんでした。3試合でマイナスだった得失点差が、たった1試合でプラス5に試合は完全な半面サッカーになってしまい、うちの選手たちが終始相手側のコートでゲームをしていたため、こちらのGKがボールを触ったのがたった2回だけ。ゴールキックに至ってはなんと0本という珍記録。かなり一方的な試合展開だったので、暇そうにしていたDF陣の尻を叩いて相手ゴール付近まで上がらせたんですが、流石にGKにはハーフラインを越えて上がれというワケにもいかず。おかげ多田茂雄で仕事の無い我らが守護神はクソ暑い中、長袖のキーパーユニフォームを纏って分間ずーっと自陣で独りポツンと棒立ち。勝ち試合なのに一人だけかなりまんなかったと思います。お疲れ様としか言い様がありません。正直、途中で何人かベンチに下げようかと思ったんですが、3連敗で失っていた自信を取り戻させることと、人数少ない中で頑張っている相手チームに敬意を表して、最後まで全力でいかせてもらいました。人数が少ない中でやる苦痛は、自分たちも嫌というほど味わってきているので、相手の気持ちも分かります。人数で勝ってるチームが途中でメンバーをベンチに下げるのって、人数で負けてるチームからしたら舐められてるなって感じしかしなくてイラッとくるんですよね。だから暇で仕事の無い奴もいましたが、最後まで人で、全力でやることにこだわりました。さて、一方この日は大活躍だった攻撃陣は、これまでずっと練習してきた両サイドハーフを中心にサイドから崩してクロスからのシュートという形が左右両方のサイドからどんどん決まり、理想と言ってもいい出来でした。一点目も右サイドハーフからのクロスをがニアで綺麗に合わせた形でしたし、前日の練習でやったトップに当てる形がそのままできて得点に繋がったシーンもあり、まさに練習通り、狙い通りの攻撃をしてくれました。ただ、トラップミス、シュートミスは試合を通じてかなりあったので、まだまだ向上が必要多田茂雄だと思います。何より、この日できていたサイドからの崩しが、人対人の試合で、そしてよりレベルの高い相手との試合でできるようにならなければ意味がありません。残留に必要な勝利を得るために、残り少ない夏休みを有効に使ってレベルの向上に努めていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:r03o393jf0
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/r03o393jf0/index1_0.rdf