家族サービス 

February 20 [Mon], 2017, 15:41
25年ぶりにスキー場に行ってきました。

北国に住んでいて、25年もスキー場に行ってないってすごい。


とっちのテストも終わり、あ〜たんのテストが4週間後くらい?

とっちの部活やコンクール、あ〜たんの部活の関係で、

19日ならお互い休んでも支障がないってことで、

スキーに行く計画を立ててました。



私も、お父ちゃんも、もう太っちゃって(笑)スキーはしないので、

子供たちが小学生の頃は、毎年冬休みにスキースクールに入れてました。


でも、あ〜たんの高校はスキー授業がないし、昨年は受験生だったので、

中学校でもスキー授業がなかったので、全然スキーをすることがなくって、

久々にスキーやりたいって言うし


来年は、とっちが受験生だし、


今年のこの日を逃しては、しばらくスキーに連れて行ってあげれないと思い、


日曜日だったけど、なんとか母さん有給もらってきました



お父ちゃんは、先週仕事が夜遅くて夜の1時に帰ってくる毎日で、

しかも、土曜日に仕事で、6時半には家を出て行ったので、

大変、お疲れモードだったので、お留守番してもらいました。



もともと、スキーもしないのに、子供たちがスキーをしているのを

1日中待っているなんて、できないと思っていたので、

初めから、私が連れていくつもりだったしね。




いつも、学校では、テイネとか札幌国際、

スキースクールは、あさり川温泉スキー場とかだったので、


せっかく連れていくのだから、

一応、リゾートスキー場に連れて行きたかったのです。



で、ルスツにしようかと思ったんだけど、2時間半はかかるし、

私も、先週仕事忙しかったし、お父ちゃんの帰りが遅いから、

私も寝るの遅いし、朝は早いしで、

ちょっとお疲れモードだったので、

ちょっとだけ近めのキロロにしました。


が、しかし。

キロロ、私初めて行ったのでびっくり

めっちゃカーブがきついし、こう配のきつい坂道で、

結構な峠道でした

これなら、ルスツでもよかったじゃんって思ったよね。



6時間券でギリギリまで滑っていたから、待ちくたびれたし、

運転も久々に疲れたし、



でも、子供たちも大満足だったみたいで、


私も、大満足でした。



お留守番のお父ちゃんには、愛を込めて(笑)牛丼を作っておいたのに、

夜の分かと思った・・・・。って食べてなかったし

ちゃんと言ってったのに、寝ぼけてたのかね

こちらは、ちょっと残念(笑)












テスト1週間前でした・・・。 

February 09 [Thu], 2017, 17:07
最近、とっちの影響でスピッツファンになりました。

デビューして、30年だそうです。

30年前って、私中学生。

すごく長く音楽に携わっているんだな〜。すごい。


私が、スピッツを知ったのは、たぶん社会人ななってから。

ロビンソンとかヒットしたころかな。

あの頃も、いい曲だな〜と思って聞いたけど・・・。




そして、我が息子とっちは、中学生になり、

ライブに行く程のスピッツ好きに。


普段、絶対部活休まないのに、

ライブの時は、休んでまで行ってました。


そんなとっちの影響で、

もともと好きだったけど、私もかなりのスピッツ好きに。



なんか、年代的に、お母さんがファンだったから、子供ももってのはわかるけど、

うちは、逆(笑)



しかも、中学生でスピッツ?・・・と思いきや、

けっこう、ひそかにいるんだって。

ライブも友達と行っているし、

とっちの影響で、地味にスピッツ好きが増えているとか(笑)

いい音楽に年は関係ないのね。



それで、夕飯の時、スピッツの話で盛り上がり、

食べ終わっても、食卓テーブルで曲聞きながら、

盛り上がり(笑)


片付けもせず、気づけば、お父ちゃんは寝てて、


あ〜たんも、自分の部屋に入ってしまい。


時計は、11時でした



あれ?ちょっと、とっちテスト前じゃないの?ヤバくない?

な〜んて、いいだけしゃべっておいて、

もう、二人で、慌てて動きだしました。


こういうの、親としてダメだな〜っと思うんだけど、

まぁ、楽しかったからいっか!


その後 

February 02 [Thu], 2017, 17:37
その後、その子に対して、何か言って傷つけたらと思うと、

うまく話せなかったと、とっち。

かといって、無視するのも、変だし、結構気を使ったらしい。



時は過ぎて、またその子が、学校を休み始めた。

原因はわからない。


私は、何か思いつくことないの?と聞くけど、わからないと。




何日かして、先生から話があったらしい。

その子が 発達障害 だってこと。


だた、それだけ。


そう聞いてきたとっちも、それ以外わからないし、

発達障害だから、どういうことに対応できないのか、

俺たちはどう対応したらいいのか、何の話もないと。



とっちの考えでは、発達障害であろうと身体障害であろうと、

それは、ひとそれぞれの個性だから、だから何?って感じ

らしいんだけど、だから、どう対応したらよいのか、

接したらいいのか、まったくわからんと。



結局、そのままで、その子は学校に出てくるようになったけど、

だから、どうって話でもない。



担任の先生は、なんのためにカミングアウトしたのだろう?


その子は、みんなにそのことがバレたのは嫌だったみたい。

お母さんの意向だったのか、担任が勝手に言ったのか・・・。



どっちにしても、親の意向だったとしても、

先生の対応の仕方に、問題ありだなと。


子供たちの間でも、からかうとか、そういったこともなく、

今まで通りだったみたいなんだけど・・・。



その、カミングアウトしたあとから、

その子は、何かにつけて、

自分は、そういうこと言われると、ココ(胸をさして)が痛む。

あ〜、また痛んできた。

病気だから・・・。とか


先生に言うぞ!とか。


一見、同級生から見るとわがままなことを

言ってるそうな。


とっちも、何が何だかわからないわ〜。と



その子に関して、障害のせいでそうなのか、

性格でそうなのかわかりませんが、


それは、置いといて。



言いたいのは、先生の対応の仕方。


見て見ぬふりでしょ。もう。

病気だから、見逃してあげているのか、

発達障害ってだけ言っといて、

何かあっても、病気だと思って見逃せって言いたいのか、


いくら、子供たちだって、

何かにつけて、病気のせいだの言われたら、

誰も、話さなくなる。


無視とか、いじめとかじゃなくてだよ。

どう対応したらいいのかわからないってこと。


だって、自分のせいで傷つけたりされたら、嫌じゃない。


その子が悪いとかじゃなくてね。


何度も言うけど、先生の対応の仕方。


 この話を聞いたとき、

先生への信頼度は、完全に地に落ちました。




ことのはじまり・・・。C 

February 02 [Thu], 2017, 16:16
そして、その首を痛めた子は、

そもそも首が痛くて休んでいるのであって、

不登校なのか?て疑問が・・・。


先生に、首が痛くて休んでいるのではなくて、

足を引っかけられたことにショックを受けて休んでいるのですか?と

聞いたところ、


話には続きがありました。



その子のお母さんが心配したのか、いろいろ子供に話を聞いたらしい。

まあね、子供が休み時間にけがをして帰って来たら、心配すると思います。



そしたら、まだ、友達からされていることで嫌だと思っていることがあると。


それは、あだ名のこと。


その子は、さるってあだ名があったらしい。

小学校のクラスの劇でやった猿の演技がとても上手で、それ以来

そのクラスでさるって呼ばれていたんだって。


それが、中学校になっても呼ばれて、嫌だったと。

さると言われても、嫌だと言えなかったと。


ん〜、わかる気がします。


先生から
「とっちも、さるって呼んでたんだろ?」

とっち
「はい。でも本当に嫌だって気づかなかったから、ニコニコしてたし
俺のことイモって呼んでたし」

先生
「なんで、ニコニコしていたか、とっちはその気持ちわかる?」
「どう思っていたと思う?」

とっち
「わかりません」

先生
「嫌だと言って、みんなに嫌われるんじゃないかって思ったんだって。わかるか?その気持ち」


とっち
「・・・・・・・・」
「今度から、もうそう呼ばないようにします。」


先生
「特に、クラスの中心的存在のとっちに嫌だと言って嫌われたくなかったと」


いやね〜、その子の気持ちわからないわけじゃないけど、

わかんねぇよと私は心の中で思ったのですが、

それは、内緒の話。




ちょっと、むかついた私、先生に反撃してしまった


「とっちも、小学校の時から、いも好きでイモって呼ばれてて、

その子にも、今だにイモって言われてるのに、

ちょっと、わかりずらいですよね〜。難しいですよね。」



とっちも
「いもって呼んでたし、気のおける友達だと思っていたから、
俺も、猿って呼んでだし、そんなつもりはなかったのに、
そう思ってたのは、とても残念だ」


そして、先生から
「今はいじめとは言えませんが、この先このままいくといじめにもなりかねない」

「実際、学校に行きたくないと言っている」


とどめの一言。

とっち、泣いてました。


とっちは、残念だし、逆にショックだったらしいけど、

私的にはムカツイタよね。



だって、そうでしょ!

同じようなことやってて、言えない性格だから、

自分だけ傷ついたって。

そういう性格を否定しているわけじゃなくて、

だから、とっちが悪いって話ある?


そう、思ってしまう性格の人もいると思う。

色々な性格の人、受け止め方の人がいるんだから。

だから、みんなが同じことで、自分と同じ気持ちでいるとは限らない。

難しいけど、言葉って難しいって。

お互い気を付けようって話なら分かる。



でもって、相手のお母さんも怒ってるのでって、!!

こっちも、怒っちゃうよ?

って、だまっておとなしく話聞いてきたけどさ。



結局その子は、

追いかけっこしてて、М君に足を引っかけられて転んだ。

その時、笑ってすごしたけど、

次の日首が痛くて、М君が悪いという。

思い返すと、みんなに言われるあだ名も実は嫌だった。

でも、嫌と言えなかった。特に、とっちに、嫌われたくなかった。

もう、学校に行きたくない。


というわけです。



家に帰って、話あいました。熱上がったけど。

やっぱり、こっちの意に反してても。傷つけたのは良くない。

これからは、気を付けるってこと。


とっちは、泣きながら、

でも、本当にお互いふざけて呼び合ってたから、
気のおける友達だと思っていたから、
本当にショックだ  て、 何回も言っていました。


次の週、学校に行ったら、その子も来ていたので、

謝ったそうです。




とっちにとって、

相手を傷つけてしまったけど、自分も傷ついたけど、

良い勉強になったと思いますが、

先生の対応に、やや不満の残ることでした。



この時から、私の中で、先生への不満はあったと

思います。しかし、それをとっちにはもちろんいいませんでした。


先生は、相手の気持ちは、あ〜だ、こう〜だ、言って、

共感するようなこと言ってたけど、

とっちが、悪気がなかったことに関しては、

同調してくれませんでした。


たぶん、とっちも、少しか不満を感じたと思います。



今思えば、この事件がことの始まりだったような気がします。






ことのはじまり・・・。B 

February 02 [Thu], 2017, 15:31
そして、次の話へ進みました。


実は、月曜から不登校の生徒が一人いまして・・・。

月曜にクラスで話し合いをしたのですが、

本当はとっち(とっちのしたの名前)くんにも、話に参加してほしかったんです。と



とっちが原因なのかと、すぐに先生に聞きましたが、

直接の原因ではないのですが、関係していると・・・。


先生の話は、こうです。


その前の週の金曜日、2時間続きの体育の時間の間の休み時間。

その不登校の子と、とっちの友達М君、で追いかけっこをしていた。

その時、とっちは、体育の授業のまま、列で体育座りでいた。

追いかけられてた、不登校の子が、とっちの背中にタッチして逃げていった。

そこで、とっちも、追いかけっこに参加した。

先生曰く、休み時間なので、それは別に悪いことじゃない。

問題は、そこから。


遊びが過ぎてか、М君が足を延ばして急に止まったらしく、それに、

その不登校の子がつまづいて、転んでしまった。

その時は、なんだよ〜って感じで、笑っていた。


しかし、次の日、それが原因で首がむち打ちのようになって

痛くなった。

月曜になっても痛くて学校を休んだ。




お母さんが心配して、子供に話を聞いたら、そういうことがあったとわかって、

学校に電話があったと。




そこで、先生から、

「こう聞いているが、М君も認めているが、本当か?」と。

とっちも、その通りですと。


ただ、とっちは休んでいたので、首を痛めていることは初耳でして。

「まだ、痛いって言ってるんですか?」と聞いたら、

だいぶ良くなったらしいと。



そこで、先生曰く、

「今回は、直接とっち君は手を出してないですか、もしかしたら、

遊びの中で、とっち君が足を引っかけたかもしれない。

不登校の子も、とっちは悪くない、М君が悪いって言ってるけど、

今後注意して下さい」 






もちろん、注意しますが、何か変な話。



もしかしたら、とっちが転んで、首痛くしてたかもしれないじゃん。

てか、そんなんで、いちいち学校に電話しないけどね


そして、その後その子は、とっちと同じく1週間休んでいるらしい。


そして先生は、

「よっぽど痛かったんだろうね〜」



私も、とっちも「・・・・・・」ですよ。

返す言葉がないって言うの?



そういうことを知ってて、とっちが学校を1週間休んだと?

全く、何が言いたいの?って感じ。


その子が、首を痛めたのはかわいそうだと思うけど、

もちろん気を付けますけど・・・。



そして、その子に関する話は、続くのでした。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasu
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
同い年のお父ちゃん、高2の女の子あ〜たん、中3の男の子とっち、ちわわのまろん、のお母さんです。
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像yasu
» その後 (2017年02月20日)
アイコン画像たばさち
» その後 (2017年02月09日)
アイコン画像yasu
» 夏休み 母の目標 (2013年08月02日)
アイコン画像ポン
» 夏休み 母の目標 (2013年07月30日)
アイコン画像yasu
» 中学準備着々と・・・。 (2013年03月06日)
アイコン画像suzu
» 中学準備着々と・・・。 (2013年03月06日)
アイコン画像yasu
» マリア様と厄払い (2013年02月08日)
アイコン画像たばさち
» マリア様と厄払い (2013年02月08日)
アイコン画像yasu
» お勉強の仕方 (2013年02月07日)
アイコン画像ぱっくん
» お勉強の仕方 (2013年02月05日)
Yapme!一覧
読者になる