病院の危機

June 11 [Tue], 2013, 16:16
自分の地域の病院が危機的状況でも、職員は忙しすぎて目を向けられず、住民も実態を知らないままいれば、医療は崩壊の一途をたどる。地域社会や家族が崩壊するなかで、自治体も看護職と一体となって社会の抱える問題に立ち向かうべきだろう。単純に考え、この50万人以上が看護師として働くと、看護師不足が一気に改善されるかもしれません。しかし、何年も現場から離れていると復帰するのが難しいというのが看護の現場となっている。

看護師とは
医療は日々進歩しているので、少しのブランクでも、看護師にとっては「復帰してやっていけるのだろうか」という不安や恐怖が襲ってきます。、看護師不足による社会への影響、看護師という仕事のやりがいや役割を改めて記しながら、その過酷な労働実態と、悪化が進む労働環境を生み出した構造問題をルポし、経営上や制度の不備を追及している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蓮
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qyu492vzd/index1_0.rdf