不妊 相談 不妊検査 

January 16 [Sat], 2010, 5:06

「実はあなたは不妊症ではないんです。」



私がこのサイトを立ち上げた理由、それはとても単純です。



本当は不妊なんかじゃないのに



「自分は不妊だ」と思っている



あるいは情報や病院から思わされている人が多いから。



「でも、実際に赤ちゃんがなかなかできないんですが・・・」


と思われるかもしれませんが、それでも私はあなたのことを「不妊」だとは思わないのです。



なぜかって?


それは次にご紹介する、岡山県在住のT・Kさんのエピソードを知ればわかると思います。



⇒⇒ 【 コチラから 】





不妊に悩むあなたに朗報です・・



20年間13,000人妊娠成功の実績!



最短14日、平均180日で自然妊娠できる



自宅でできて、体にも経済的にも優しい方法




30代後半〜40代後半でも閉経さえしていなければ妊娠は可能です





赤ちゃんができにくい夫婦が元気な赤ちゃんを妊娠するためには



正しい方法と法則が存在します。



不妊症周期療法の第一人者である譚 定長(たん・さだなが)が



過去20年間で成功者13,000人以上の実績を出した



「健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法」



をあなたにお教えします。 





あなたも


●念願の自然妊娠がしやすくなります。


●30代後半〜40代の方でも妊娠しやすくなります。

※私が教える方法で妊娠ができなくなるリミットは年齢ではなく閉経です。

閉経さえしていなければ、
あなたの年齢に関係なく妊娠は可能といえます。)




しかも、自宅で時間とお金を掛ける事なくあなた自身の力でです。


「そんなこと信じられない!」と思うかもしれません。


しかし、私からすれば、それは何ら不思議なことではないのです。


では、彼女たちはいったい何をしたのか?その秘密を、これからお伝えしようと思います。





⇒⇒ 【 詳細はコチラ 】





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



痩せたい部分を部分やせ!田中良の黄金プロポーションダイエット

... 人があまりにも多いから・・・ 今までに私がダイエットの相談を受けた方たちの多くはこんな悩みを抱えていました。 ... 量によっては 血圧や血糖レベルを高め免疫機能の低下や不妊をもたらすといわれています。 特に長時間の有酸素運動は避ける ...(続きを読む)


1月の薬膳教室

本日は、漢方サロンにて中医師劉伶先生をお迎えしての相談会でした。 相談会の前に、毎回好評の薬膳料理教室を開きました。 本日のメニューは、本場中国の水餃子です。 中国ではおなじみのレシピですが ...(続きを読む)


かばいまくる民主党支持するマスコミ

... 不妊治療に関する情報提供、相談体制を強化するとともに、適応症と効果が明らかな治療には 医療保険の適用を検討し、支援を拡充する。 【所要額】 2000億円程度 11.年額31万2000円の「子ども手当」を創設する 【政策目的】 ○次代の社会を担う ...(続きを読む)


NEW保護犬

... ダッシュで店に出勤し、即効シャンプーして、本日が不妊手術のパルピ嬢と共に病院へ。 新入りの健康状態は問題なく、額の白い模様が骨端のようなので ... 予約時にご相談くださいませ。 2月12日(金)16:00〜17:00 ボランティア講習会 2月14日 ...(続きを読む)


皆様のおかげです☆

... 不妊や冷えでお悩みの方は、どうぞ読者登録を♪ ほんわか堂@ちゃこさん 真理を知る貴重なカウンセラーさん♪退行催眠から胎内記憶を語っ ... 人生好転プロデューサー エメラルさん 育児相談・ベビーマッサージ・産後ボディーケア・カウンセリング・「食」に ...(続きを読む)



不妊治療助成、不妊相談を【子育て支援施設】で行っている行政に対して、 みなさん...

不妊治療助成、不妊相談を【子育て支援施設】で行っている行政に対して、 みなさんはどのように感じますか?4月に、市が運営する子育て支援施設ができました。 児童手当等の申請や、子育ての相談、一時保育、検診、交流サロン、 プレイルーム、サークル活動の場、ひきこもり・不登校児童の支援… とにかく、子育てに関する様々なことをこの施設で行っています。 施設のオープンを機に、市役所や保健所での母子に関する業務を 全部この施設に移動させたようです。 不妊治療助成は保健所の業務です。 まさか?と思いつつ、先日、申請をしに保健所に行きましたが、 やはり移動したとのこと。 何とも言えない気持ちになり、涙が出そうになりました。 仕方なく施設に向かうと、案の定、親子連ればかり。 担当職員に文句を言ってやろう!と思ったのですが、 あまりにも感じの良い方だったので、ちょっと大人げないかなと思い、冷静になりました。 それに、産婦人科に不妊治療しに行くのと同じだと思えば、しょうがないかな?という気もするし、 不妊を特別扱いして!とワガママを言っているようなものかも…と、少し反省しました。 でも一応、一市民の意見として、あまりいい気はしないという事だけは伝えなくては…と、私がそれとなく話し始めると その職員さんは申し訳なさそうに、 「移動の話が出たときに、それだけは絶対にやめてほしい、 書類を受け取るだけでもこのまま保健所でって…抗議したんですけど…」と。 顔を見ると、泣いているではないですか。 内部で、私たちのことを考えて闘ってくれていた人がいたことを、とても有り難く感じました。と同時に、行政にとても腹が立ちました。 そういう声があったにも関わらず、まったく何の配慮もない。 『不妊相談』までこの施設で行ってるのです。 保健所で母子手帳の交付はするのに、なぜ不妊治療助成の書類は受け付けられないのか? 申請に来る人が多いとは思えないし、保健所と施設は1qも離れてないのだから、 どうにかできる事ではないかと思うのです。 私自身、病院では子連れや妊婦さんと一緒になっても、あまり気にしていません。 この件も、いい気はしないとは言っても年2回申請に行くだけなので、 気にしなければ…という気はします。 でも『不妊相談』に関してはあまりにも配慮がない気がしますし(私は行きませんが)、 その職員さんが、これからも上に掛け合ってみると言ってくれたのに、 当事者の私が何もしなくてもいいのか?という思いもあります。 皆さんならどうしますか? また、どう感じますか?気になりませんか?(続きを読む)



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qyqvyoro
読者になる
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる