いつも新婚のようにラブラブの秘訣

September 28 [Sat], 2013, 17:32


■疲れていても挨拶は必ずする

喧嘩をした翌朝でもないのに、「おはよう」が言えなくなっていたら、本当になくなっているのは、挨拶だけではないはず……。



■相手のことを褒める

もう褒めたくない……!?そんな関係になっていたら夫婦関係は黄色信号。

「たった一言で女性媚薬 通販の感情が大きく動く、それが「ほめ言葉」の力。」と提唱するのは、自分が褒められたいと思ったら、まず相手を褒める。家ではどんなにだらしなくても、一歩外にでれば、やはり男は戦う生き物。会社でも断然、褒められるよりも怒られる方が多い人たちです。家庭を安らぎの場所にするためには、妻の支援はとても大きい存在です。過剰におだてるわけでもなく、夫が頑張っているところ、そして妻が好きな箇所を褒めてあげましょう。



■記念日には必ずお祝いをする

記念日はささやかでも、必ずお祝いを!

夫婦の主な記念日となるのは、2人の誕生日、結婚記念日を、バレンタインデー、クリスマス、ホワイトデー合わせても年間でたった6日しかありません。365日のうち、この6日の労力は惜しまないことで新婚気分が持続できるならば、頑張らない手はないでしょう!



■共通の趣味を持つ

1つ屋根の下で暮らしていると、「体験」を共有している気になりがちですが、いつの間にか、ただの同居人になってしまうケースもあります。夫婦の共通の趣味がなければ、夫か妻どちらかの好きなことを一緒に楽しんでみるのも良いと思います。知人の夫婦では、奥さんの趣味だったマラソンを一緒に始めて、「彼女に世界を広げてもらった。」と、今では夫の方がハマっています。



■1年のうち1回は一緒に旅行など遠出をする

来月はこの温泉に行かない?

日常生活から離れて、気分一新。食事を作ることから解放されるだけでも、妻は嬉しいものです。家にいると現実的な会話になりやすいですが、リゾート地でも、近場の温泉でも少しリラックスした精神状態で、夫婦のこれからの話ができたらいいですね。



■2人きりでデートをする時間をつくる

久々の本格デートで嬉しいな!

お出掛け、買い物ではなく、ちゃんと「デート」を計画して、記憶に残る思い出作りをして欲しいですね。特にお子さんが産まれた後のご夫婦には、意識して時間を作らないと、いつも子供中心の会話になるので、2人のことを話す時間を確保したいですね。



 














プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:EHS(勃起の硬さ指標)で選ぶ勃起不全(ED)改善におすすめの精力剤
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/qyhghgd/index1_0.rdf