住宅ローンを組む場合は

March 29 [Fri], 2013, 11:09
ローンの利用時には、不動産担保をどうするかが重要な問題です。借りたお金を何らかの理由で返済できなくなった時、差し押さえ対象とできるものが担保です。不動産担保とは担保に不動産を用いることです。よくあるのは自分の名義となっている家や土地などです。ローンを使う時は、不動産担保の有無によって利息や借りられる金額などの条件が異なってきます。例えば、2000万円の土地と建物を不動産担保にしてローンを組んだ場合を考えます。不動産担保の取り決めをした上で融資をした場合、顧客の返済に問題が生じても、いざとなったら2000万円相当の家と建物を押さえればいいのです。不動産担保があれば、もしもの事態が起きても金融会社側の損は限定的です。一方で不動産担保のできない人や資産価値の低い不動産担保しかない人の場合、融資してもらえる金額は低くなったりします。融資自体が対応してもらえないといったこともあります。信用力、返済力がある客を源泉してお金を貸し、返済不能になりそうな人への融資はできるだけ断ろうとしています。不動産担保を用意した上でローンを組むのか組まないのかは、かなり大変な問題です。住宅ローンを組む場合は、これから購入することによっている家やマンション自体を不動産担保として融資をすることが少なくないようです。

お役立ち情報
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qyfi17045
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qyfi17045/index1_0.rdf