日商簿記検定1級短期合格CD講座 柴山政行 学習 合格 勉強法

April 23 [Mon], 2012, 17:00
日商簿記検定1級短期合格CD講座 柴山政行 学習 合格 勉強法


公式ページはこちら



私は簿記検定3級の勉強の時から、柴山式・総勘定元帳を使っています。



独学の時は、借方・貸方にくる勘定科目を、

ただ暗記しているだけで楽しくありませんでした。



柴山式は、たくさんの勘定科目の関係を、

目で見て理解することができるので、とても楽しいです。

それに、B/SとP/Lを理解するのに役立つと思います。



簿記検定2級の試験の時、原価計算の所で頭が混乱した時も、

柴山式を書くことで、落ち着いて解くことができました。



今は簿記検定1級の勉強中ですが、

社債などの難しい項目を理解するのにも、役立ってくれています。



具体的にどこがすばらしいかと申しますと・・



@仕訳から合計転記する際に時間がかからない。



試算表作成時、現金 ××/売上 ××

というような仕訳をし柴山式で集計しました。



各勘定科目の場所を理解しているので、

精算表に転記の際もとっても楽でした。



二段階で集計すると時間がかかるように思えますが

慣れると逆に早くなります。



A最終的に表の左右の合計が合わないときに間違いを探すのが容易である。



私は仕訳の金額の横にそれぞれ問題の番号を振ります。



仕訳の際に左右に同じ番号が無いものは、記入ミスと考え、

だいたい20番くらいまでしかないので(問題が)探すのは簡単でした。



仕訳を単体で見てもわかりづらかったのですが

柴山式で集計すると、全体像をつかむのが早くなるようです。



B簿記検定2級の工業簿記の製造原価報告書および仕訳問題で理解がしやすい。



商業簿記ではもちろん大活躍!工業簿記ではどうかなと思いましたが、

特に製造原価報告書で威力を発揮しました。



材料費、労務費、間接費が目に見えてわかります。



何よりも、有不利差異の判断がしやすくなりました。



実際にこれで間違えなくなりました。



簿記検定3級で慣れているので集計もかなりはやく、

受験時は時間が余ったほどです。

公式ページはこちら



中学生の成績が上がる勉強の仕方【長時間勉強することなく成績アップ】

記憶術より簡単で記憶力が数倍向上するマインドマップ

犬のしつけ教室 藤井聡 感想 内容
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qy3s5iz8m
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qy3s5iz8m/index1_0.rdf