網膜剥離をまねく強度かも

October 11 [Thu], 2012, 1:54
"しかし、年齢を重ねてくると、どうしても眼球や網膜は柔軟性を失い硬くなってしまいます。しかも、眼球の中の硝子体も、みずみずしさを失い、容積が減少してくるのです。
一粒のもぎたての葡萄と、その葡萄が時間がたって干からびてしまったところを想像してみてください。もぎたてのころは、実が熟れてふくらみ、皮もみずみずしく破れにくくなっています。しかし、時間がたって干からびてしまうと、皮はカチカチになってしまいますし、中の実もスカスカになってしまいます。そうなると皮は簡単に破損してしまいます。
40歳以降の強度近視の人の眼球も、同じ状態にあります。いったん大きくふくらみすぎた眼球が、今度は急激に収縮していくのです。眼球は柔軟性に欠けた状態なのですから、網膜がぽろぽろになってしまうのです。
ですから、年齢に関係なく強度近視の人は、網膜剥離になってしまう確率が高いということがいえるのです。

ステップ1スピードに慣れる文字が眼にとびこんでくるE
速読法の訓練は、こういう比較や測定のしにくい面でも、視力や眼機能の向上をさせることができる。
そして、眼筋ストレッチ運動だけで、速読法の修得をしない場合には、この副次的な産物である動体視力の向上、視野の拡大という成果は得られない。
私どもと流派を異にするキム式速読法(韓国軍でも正式採用されていると聞く)の発祥の地の韓国が、最近、スポーツ面で進境が著しいのは、速読法が動体視力を向上させる、ということと、無縁ではないはずである。
さて、いささか話の本筋から脱線したので、頁めくり訓練を、再開することにしよう。
あなたが二百頁の本を訓練用に手にしているとして、まず一秒という短時間で全二百頁をめくるということをやり、次に半速に落として二秒間で全二百頁をめくる、ということをやった。
Aここで更に半速に落とし、四秒で全頁をめくりながら、各頁に印刷された文字を視線でなぞっていっていただく" 視力回復ソフトの効き目
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qwuio
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qwuio/index1_0.rdf