2010年のエイズ新規患者、過去最多の453人

February 10 [Thu], 2011, 17:42
HIV感染に気付かないまま発症してしまった新たな患者が、
2010年に過去最多の453人だったと厚生労働省の
エイズ動向委員会が発表したそうです。

もう昔ほど、エイズエイズと騒がなくなってきてますが、
日本ではじんわりとAIDS患者が増えているようです。

今は、HIV感染が早期発見できれば、発症を食い止めることができるので、
不特定多数の方とコンドームなしで性交渉したおぼえのある人は、
HIV感染の検査をすることをお勧めします。

関心が薄れているのが一番怖いですね。

ちなみに、発症すると必ず死んでしまうのでしょうか?
その部分が疑問ではあります。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qws/index1_0.rdf