freestyle 購入の暴露画像
2008.02.10 [Sun] 16:07

Freestyle.
ちょっと前ではフィギュア作りにハマって、なんだかよく和かんないけど「いつまでにフィギュア100個作る! もし作れなかったらまゆ毛全剃り!」とか言って、まゆ毛全部剃るのがイヤだから真剣に100個作ってた。 HAHAHAHAHHAA... Ochan is too precious XDDD ...
http://loveyourlife.vox.com/library/post/freestyle-2.html?_c=feed-atom
FREESTYLE×2陰日向嵐新曲・V6DVD
昨日と同じく、大野さんの作品集、“FREESTYLE”を受け取りに[:ウィンク:][:ハート:]. 「9日か10日入荷」って言われてたけど、結局発売日に入荷してくれました[:おはな:] 2冊目GETです[:ラブラブ:] ただでさえ出費が多いってのに、2冊買っちゃって大丈夫 ...
http://cats-0bambi.jugem.jp/?eid=963
Freestyle @ Kadokawa site
Kadokawa has just updated their page for Freestyle The next stock arrival will be on 20th February Does that mean my HMV order will have to wait till then >< ■「FREESTYLE」 次回入荷予定のお知らせ■ このたびは多数のご注文をいただき ...
http://kiiroi-namida.vox.com/library/post/freestyle-kadokawa-site.html?_c=feed-atom
大野智 freestyle
FREESTYLE 嵐の大野智が10年にわたり制作してきたアート作品を1冊に! [ 著者 ] 大野智 [ 内容 ] 嵐の大野智が10年にわたり創作してきたフィギュア、オブジェ、ペインティングなどの作品を、大野自らがロケで撮影した写真を中心に紹介する作品集。 ...
http://tjsbgmqayd.blog15.fc2.com/blog-entry-47.html
Freestyle Campaign~
The winner has been announced~ So cute, it's a chicken XD Leader's comments : ●大野 智からひとこと 「このフィギュアを見て、にわとりって発想をするのが、なんかカワイイし、おもしろい。 にわとりなんだぁ・・・って。 ...
http://kiiroi-namida.vox.com/library/post/freestyle-campaign.html?_c=feed-atom

 

ガーデンギンザの暴露画像
2008.02.09 [Sat] 03:51

下村工業 ギョウザ
ガーデンギンザちーとばかし ジクロルボスをしらべてみたんや 今日の気になる他のキーワード 板尾創路 倖田 ギョーザ名人 下村工業 天丹 日本大学 大乱闘スマッシュブラザーズX ガーデンギンザ はなまるマーケット スマブラ タグ . ...
http://rdrfrrffvf.blog23.fc2.com/blog-entry-36.html
ガーデンギンザ
GARDEN GINZA(ガーデン・ギンザ) 東京都中央区銀座5−14−5東銀座ウイングビル地下1階・4階 結婚式場ガーデンレストラン 八つ山 東京都品川区北品川4−7−36 ホテルラフォーレ東京庭園内 結婚式場吉祥寺第一ホテル 東京都武蔵野市吉祥寺本町2−4−14 . ...
http://ykgilnjnbz.blog98.fc2.com/blog-entry-48.html
ガーデンギンザ
ギョーザ名人 通販ガーデンギンザ下村工業 ギョウザガーデンギンザちーとばかし ジクロルボスをしらべてみたんや 今日の気になる他のキーワード 板尾創路 倖田 ギョーザ名人 下村工業 天丹 日本大学 大乱闘スマッシュブラザーズX ガーデンギンザ はなまる ...
http://giuwrzdvcu.blog41.fc2.com/blog-entry-37.html
ガーデンギンザ
ちーとばかし ジクロルボスをしらべてみたんや 今日の気になる他のキーワード 板尾創路 倖田 ギョーザ名人 下村工業 天丹 日本大学 大乱闘スマッシュブラザーズX ガーデンギンザ はなまるマーケット スマブラ タグ ...大乱闘スマッシュブラザーズX ええ点 ...
http://mqqhipetpu.blog23.fc2.com/blog-entry-37.html
ガーデンギンザ
サラダバー歌舞伎座の斜向かいの細い道を入ったところにあるガーデン・ギンザサラダ食べた〜いという気分だったので、久しぶりにこの店へ。 限定10食のランチメニューがあったので、注文。 サラダバー、ハーフパスタ、本日の魚&肉料理、デザート、 ...
http://blog.livedoor.jp/kqgagika/archives/50442606.html

 

アメリカ合衆国 大統領選挙の暴露画像
2008.02.08 [Fri] 03:14

大統領選 オバマかヒラリーか
大統領選の予備選挙「スーパーチューズディ」は終わったがまだまだ熱い選挙論争である。 小中高がつながっている学校へ行っている中学生の娘が火曜日に学校から帰ってきて「学校で高校生たちが選挙をしていたよ」 というので「うっそーー」 ...
http://americajijo.jugem.jp/?eid=111
米国大統領選にまつわるプライベートな会話
ヒラリーは2番に甘んじることのできるタイプではなく、2番目で実力を発揮できるタイプだとも思えないから副大統領に指名する必要はない(なはは) だったら、だれを副大統領にするか。 無所属で大統領選に出るのではと言われていたブルムバーグを説得して ...
http://ameblo.jp/rumicommon/entry-10071052173.html
米国紙記者も呆れた! テレ朝大統領選挙“報道”の軽佻浮薄ぶり
この2月5日の模様をはじめ、予備選挙が始まった1月上旬から、「同盟国」日本のメディアも興奮気味に米国大統領選を伝えてきた。それはもう世界情勢を左右するニュースを伝えようというよりも、ハリウッドでのドタバタを伝えるワイドショーのようだった。 ...
http://www.cyzo.com/2008/02/post_320.html
【大統領選挙と首相選挙】なんでこんなに違うのだろう?
大統領選挙。 民主党側の代表を決めるべくヒラリー氏 VS オバマ氏が激突している。その大統領予備選挙を見ていると、それに熱くなる国民感情とその積極性に大いなる価値を感じます。日本のように、サッカーの時、もしくは自分が応援する野球をはじめと ...
http://blog.nexgate.jp/?p=226
ずばり、米大統領は誰になってほしいと思いますか
米大統領選挙のスーパーチューズデー、接戦が続いています。日本でも大きく報道され、7日の朝刊は各紙とも社説で取り上げていました。 はたで見ていて分かりやすいのはやっぱり、オバマ候補が「黒人初の大統領」になるか、クリントン候補が「女性初の ...
http://news.goo.ne.jp/hatake/20080207/kiji1106.html

 

ギョーザ事件について中国側の意見
2008.02.06 [Wed] 14:01

 今回は中国の近現代史をあつかっているが、香港のこと、天安門事件のこと、文化大革命のことなど、これまではっきりと分かっていなかったことを丁寧に説明してくれたのでその概要は理解できるようになった。  なお、中国の歩みは良くも悪くもダイナミックだと感じたそうだったのか!”シリーズの第5弾です。 日本の学校教育ではほとんど学ぶことのない二次大戦後の中国のできごとについて詳細に記述しています。 特に、世界に知らされることのなかった文化大革命の顛末やチベットに対する強硬政策などは、再発見、新発見の事実ばかりです。 池上さんの著作はいずれもすごいと思いますが、シリーズ中でも一番内容が濃密なのではないでしょうか。 不可解な中国を拓く一冊です。
 

非製造業景況感指数の悪化をふせぐ!?
2008.02.06 [Wed] 13:56

ファイナンスの本は概して読みにくいけれど、本書は実に読みやすい。 内容が薄いことはいがめないが、新書レベルとしては必要不可欠な内容である。 ファイナンスと会計の違いから、ファイナンスの実務への応用など 初心者もこの本を読めば、ファイナンスの基本が分かるであろう。コーポレート・ファイナンスの本は、洋書の訳書が多い。 しかし、とにかく読みづらい。これでは、消化不良。 その点本書は、日本人がエッセンスを正確に記載している。 実に読みやすい。ゆえ、理解しやすい。 分厚い洋書を50%しか理解しないなら、この本を100%理解したほうがよっぽどいい。 企業の財務担当者のみならず、すべての投資家、いや年金を払っている国民全員に一読して欲しい本である。 この程度の知識をすべての国民が理解しないと、いくら会社や経営者等市場関係者をルールで規制したとしても、この国の市場はいつまで経っても強くならない。 いわゆるファイナンス理論については今や汗牛充棟の昨今、初心者向けと銘打ちながら読者のレベルを無視した独りよがりの著作が多い中、一片の清涼剤のような好著。キャッシュ・フローやCAPMをはじめとして、WACCや企業価値理論などを含め、個々のトピックについてとにかく読者に理解してもらおうと懇切丁寧に説明する筆者の姿勢が全編を貫徹しており、知らず知らずのうちにファイナンス理論について一定の理解へと導かれ、更に他の本で勉強してみようという意欲を喚起される。また、個々の概念や手法について、その長所とともに限界にもきちんとした解説が施されており、信頼できる。なお、引き続いての学習素材としては、同じ筆者の手になる『道具としてのファイナンス』(日本実業出版社)や森生明『MBAバリュエーション』(日経BP社)、西山茂著『企業分析シナリオ(第2版)』(東洋経済新報社)などがよいと思われる
 

注目のタイ戦を動画配信します!
2008.02.06 [Wed] 13:52

誰が選曲したのかなあ〜と言うのが正直な所です。 サッカーとどういう関係があるんだろうって気もします。 それでも、曲はしっとりした聴かせる名曲ばかりで聞き応えはあります。 もちろん、公式テーマソングや公式アンセムも入っているので、このW杯ドイツ大会の記念に1枚って事でお薦めします。 中国現代史というと、中華民国からはじまるのが普通で、孫文や国共合作は詳しくても、中国共産党支配以後は詳しく書かれていないのが一般的です。歴史の教科書も、戦後の記述は非常にあっさりしています。  本書は、2005年に起こった反日運動の疑問に端を発して、隣国中国を理解をすべく、現政権である中国共産党の歴史をひも解くものです。  大躍進運動や文化大革命などは言葉としては知っていても、その中味は意外に知らせていません。また、毛沢東の後継者として頭角を現した劉少奇や林彪は不自然な形で失脚し、トウ小平の後継者である胡耀邦や趙紫陽も無残にも表舞台から消されてしまいます。  このような中国共産党の歴史を真正面からわかりやすく解説しています。また、チベットや台湾や香港にも目を向け、一人っ子政策にも触れるなど、ジャーナリストの視野から多角的に中国を捉えています。  巻末に「もっと知りたい人のために」と題して参考書の紹介がのっており、こちらも参考になります
 

ポイント故障の被害と改善
2008.02.06 [Wed] 13:49

長くない分量のなかに、さまざまな人生の機微が織りこまれた、すばらしい内容です。  ごく平凡な、しかし個性豊かな登場人物が織りなす、いい話がてんこもり。とくに翔子という女性のエピソードは痛快で切なくて、印象的でした。後半は《折り返し運行》と称して、前半の後日談がもれなく語られるのも、お得感があります。  ただし、プロフィール欄にわざわざ《別冊文藝春秋で新連載開始》と記すなど、「この作家は直木賞を獲りますから」という出版社のいやらしい期待が露骨すぎるので、星をひとつ減点しました。 毎日同じ時間、同じ車両に乗っていれば、見かける顔ぶれは決まってくる。毎日同じ顔を見ていれば、日々の違いに気づくことだってあるかもしれない。たまたま乗り合わせた人でも、何か特徴があれば、その人生を妄想してしまうこともある。この本は、正にそういったところをついて来たといえるだろう。  片道わずか15分の阪急今津線。この電車に乗り合わせた人達が、ほんの少しのきっかけで物語を織り成し、そして各々の行き先に進んでいく。このまま分かれていくと物語として寂しいのだけれど、交わったまま行き先を同じくして行く人たちもいるので、ちょっとほほえましい。  いつもと同様、ちょっと甘いお話の中に、作者がおそらく普段思っていることを叩き込み、綺麗な連作として仕上げている。普段の生活で、電車に乗り合わせた人の物語は断片としてしか知りえないので、その欲求不満を軽減する作品となるかもしれない。
 

恐羅漢山など、遭難しない知識
2008.02.06 [Wed] 13:43

一時期、憑かれたように山岳遭難を扱った本を読んでいたことがあります。 理由は置いておいて、そういう本の読後にいつも思ったのは 「なにか、すっきりしないなぁ」という感覚でした。 当然扱っているコトがコトだけに当然なのですが、たぶんそれは著者が「完全な第三者」か 「遭難の当事者」であることに関係しているのだと思いました。 「取材を元に、組み立てる」か「自分の経験を元に、組み立てる」 それぞれ良書はあるものの、”山岳遭難”という圧倒的事実が主題となってしまい、 残された者達の視点で語られた「それから」についてはこの本が愁眉と思われます。 著者は、自ら創立した山岳会のOGです。 この本は「遭難の可能性がある」という一報から始まります。 遭難したメンバーは、著者からみてもよく知る人物。 そして、慌ただしい対策本部の設営に始まり、混乱を極めた初期段階。 そして捜索活動の開始と中断、再開までの葛藤や人間模様など、 「第三者でもなく、当事者でもない」という希有な立場で、実に丹念に描き出しています。 特に遭難場所の推定について、執念とも言える事実の追求については、著者のプロフィールを 最後に読んで、この人だから書けたのだなと言えます。 そして、この本の愁眉と言えるのは「ヤマ屋の連帯」というものが、どれだけのチカラを 発揮するのかを余すところ無く描ききっているところです。 遭難したメンバーに対しても、事実は事実としてミスを指摘しつつも、 彼らがいかに魅力的なヤマ屋であったかを、ウェットに偏らずに語っています。 繰り返しになりますが、「その瞬間、何が起きたか」という部分について書かれた本は たくさんありますが、この本は「その後、残されたものは何をしたのか」について 書かれた数少ない本といえます。推奨します。