外壁塗装とは

April 08 [Fri], 2011, 12:25
外壁塗装について説明します。

外壁塗装とは、外壁材を外部環境から守るために外壁材に塗装を行うことを言います。

外壁材に個々の機能を持った樹脂層を塗り重ね、膜を作る工事が塗装工事と呼ばれます。

この樹脂層にある程度の厚さがなければ、劣化が早まってしまいます。

外壁塗装工事の手順ですが、まず汚れなどを高圧洗浄機で落とし、補修の必要があれば補修工事を行うなどの下地処理から始めます。

そして既存の塗膜にプライマー(またはシーラー)と呼ばれる接着剤の役割をするものを塗り、仕上げ用の塗料をニ度塗りします。

仕上げ用の塗料はトップコートと呼ばれ、フッ素、シリコン、ウレタン、アクリルなどから作られています。

このトップコートにはランクがあり、ランクの高さで値段も変わってきます。

外壁塗装を頼む際に、トップコートのランク、外壁表面の模様(テクスチャー)、外壁の色をどうするか自分で決めなくてはなりません。

これらの組み合わせで、値段が変わってきますのでよく考えてから決めると良いでしょう。
P R
2011年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QLOOKアクセス解析