介護と仕事の両立

June 23 [Sun], 2013, 10:01
会社現職だった私は、入院中は役所の昼休みや夜に電動自転車に乗って病院を往復して妻を見舞っていましたが、彼女にとって病院暮らしより住み慣れた家で暮らす方がいいと、思い切って退院させた。

介護保険制度がスタートする1年半ほど前でした。

せっかく退院できたのだから、がんばって家族で介護をしなければと一所懸命でした。

市の福祉課にヘルパーさんの派遣を頼んだものの、自分が中心になって、できるだけ近所に住む娘、同居している息子の妻との3人だけで看病をしようと力んでいたのです。

幸い、娘も息子の妻も協力的でしたので、「みんなで時間交代し、お母さんから片時も目を離さずに、できるだけ話しかけ、精いっぱいの看病をしよう」と確認し合い、食事は三度とも食堂のテーブルでおいしくて消化のいいものを食べさせよう、トイレの世話は2、3時間ごとにしよう、何か惚けたことを言ったら、それが「おかしいこと」なのだということを彼女が理解するまで対峙し合おうと決めて、それらを実行しようとしました。

しかし、それはハード過ぎました。

私は、夜に役所から帰って来て、朝出掛けるまで自分一人で介護することになりました。

会社の仕事は、夜の会合に出たり会食に参加しなければならないことが週のうち3日か4日はありましたから、それが終わると私はすっ飛んで帰宅していたわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フーミン
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qweewqw/index1_0.rdf