無題(龍如/真島) 

February 02 [Tue], 2010, 12:52
「うぅ、寒…っ」

ぼそりと零した言葉が息を白く染める。今夜は都心でも雪がちらつくらしく、一段と冷える。その為か、いつもは人で賑わっている、ここ神室町も心なしかひっそりとしている。誰しもこんなに寒い夜は早く帰って暖まりたいと思うのだろう。かくゆう私もその一人だ。今夜は塚本先生と二人鍋と洒落こんで早々に寝てしまいたい。
首に巻いたザックリ編みのマフラーを口許まで引き上げて、手袋で滑るスーパーの袋をギュッと持ち直して、足を早めた。

「あ、」

塚本医院の前まで来ると、冬の寒さも何のそのと言ったいでたちの人物が目に入った。
素肌にパイソン柄の上着を羽織って、金属バットをズルズル引き摺りながら歩く男。いつもはたくさんの取り巻きを引き連れているが、今日は珍しく一人のようだ。

「…こんな寒い中なにしてるんですか」

彼の背中にそっと声をかけると真島吾郎は独眼を細めて「ああ、先生」と関西特有のイントネーションで答えた。その息は私と同じく白い。

「真島さんの恰好、見ているこちらが寒いです」
「先生はいつも以上にモコモコやな」
「今夜は都内でも雪が降るそうですから、私の防寒は至って普通です」
「なるほど。そんで先生は鍋でも食ってさっさと寝てまうつもりやろ」
「い、いけませんか」
「いけなくないで。先生らしいわ」

図星をさされて、おまけにニヤリと笑われて、何だか居心地が悪い。

「…それで、真島さんはこんなところで何してらしたんですか?」
「ん〜、なんやろ?」
「はい?」
「なんや先生の顔見たなって、気ぃついたらここにおった」
「まさか、ずっとここにいたんじゃないですよね?」
「一時間くらいか」
「寒いでしょ!風邪引くじゃないですか!」

思わずである。自分の首に巻いたマフラーを脱いで、寒々しい彼の首もとに乱暴に巻いてやった。他意はない。医者として人間として、当然の反射である。

「ぬくい」
「それだけ冷えてたってことですよ。上がってて下さい。あったかいお茶煎れますから」
「早速のお誘いなんやけど、今日はええわ」

珍しい。断られるとは思っていなかったのでなんだか拍子抜けである。

「お忙しいんですね」
「なんや、がっかりしとるんかいな」
「がっかりなんかしてません」
「そないバッサリ否定せんでも」

がっくし、とわざとらしく肩をおとすものの、全く堪えてはいないようだ。異常なまでのタフさはここでも発揮されている。

「ほな、そろそろ行くわ。襟巻き、」
「邪魔じゃなければ持っていって下さい。お貸しします」
「ええの?」
「ほんの気休めでしょうけどないよりはましでしょう」
「…おおきに」

そう言うと、彼はさっき私がしていたように口許までマフラーを引き上げて、金属バットを肩に担いで行ってしまった。

「いってらっしゃい」

なんで、そんなことを言ったのか自分でもよくわからないが、ヒラヒラと振られた手を見て、「顔が見たいと思ったらいた」という彼の理由が妙にしっくりきた。
私もただ言いたいと思ったら言っていた。息は変わらず白かった。




(思わず都内で雪が振った記念。新作の4が楽しみすぎて「りゅうがごとく」の狂犬組長です。今年初夢文)


無題(FF12/バルフレア) 

August 27 [Thu], 2009, 17:10
気付いた時には彼の薄い唇の感触はなかった。あるのは、ただ仄かに残る優しい体温だけ。
咄嗟に瞑った目を開けると、彼は余韻を惜しむかのように目を細めていた。
ヘーゼルグリーンの瞳が微かに揺らいでいるのが見える。

「バルフレア」

零れた名に答える気はないのか、彼は細めた目を閉じる。

「バルフレア」

彼を表す五文字の音。丁寧に発音をすると、彼は漸く瞼を開けた。目が合い、自然と唇に目を向ける。
薄い唇。その唇が今さっきまで自分のものと触れていたかと思うと、そこに特別な意味を見出だしたくなる。
相手が例え、最速の空賊バルフレアであっても。

「どうゆうことなのよ…」
「俺は、冗談で女にキスはしない」
「…冗談じゃないならなんなの?」
「冗談じゃない。ただそれだけさ」

皮肉気に歪んだ唇が泣きたくなる程、優しく迫る。
触れるそこから滲むものは、きっと涙に似た苦い味がするだろう。





(漸くFF12をクリアしました。今、引き続きレヴィナント・ウイングをプレイ中)


無題(瀬戸の花嫁/藤代) 

August 26 [Wed], 2009, 1:30
「なに、俺とは遊びだったわけェ?」
「そんな誤解を招くような言い方よしてちょうだい、凶悪鮫男」
「じゃあ、なんなの?俺と結婚しないとアンタ、死ぬんじゃない?」
「知ってるよ!だああ、なんでこんな鮫を助けちゃったかな!大体、助けられたらまず恩返しするのが筋じゃないの?なのに、いきなり海底に引きずり込まれて「結婚するか死ぬか」なんて究極のDead or Alive突き付けてっ」
「だから何が不満なわけェ?結局、結婚するって言わなくなかったァ?」
「結婚しなけりゃ死んでたからな!不満がない方がおかしいわ!そもそも結婚ってお互いす、好きな者同士がするもんでしょ。私たちはそんな関係じゃないし」
「…俺は好きだけどォ?」
「は?」
「だから、アンタのこと好きだけォ?」
「は、初耳なんですが」
「そりゃあ、初めて言ったし?」
「…」
「あとはアンタが俺を好きになればいい話じゃない?」
「…とんでもない恩返しだわ」





(実は好きなアニメだったりします)


無題(逆転検事/狼士龍) 

August 21 [Fri], 2009, 21:23
「狼師父。貴方はどうして変なところ自分勝手で、なんで私の気を毎度毎度、逆撫でするんですか」
「お前が短気なだけだろう」
「私はこれでも我慢強いと評判なんですけどね」
「ほお。いったい何処で評判なんだかな」
「貴方が何の前触れもなく破り捨てた手紙の送り主に、です」

そう言って縦に破られた御剣検事からの手紙を突き付ければ、ぷいっと顔を逸らされた。明らかに反省の色が見えない。

「師父の検事嫌いは知っていますけど、何も私宛の手紙まで嫌がらなくたっていいじゃないですか。何か急な用事だったらどうするんです?」
「ハッ。急な用事は手紙じゃしねえ。それにどうしても返事が欲しけりゃ、また連絡がくんだろう」
「…そう。つまり、貴方は自分が悪いことをしたっと思っていないわけですね」

大人気ない彼の態度にいい加減、呆れてきた。
普段は仲間思いで器の大きなリーダーなのに、どうしてこうなるのだろう。

「…わかりました。御剣検事には私から連絡して直接、お話をうかがっておきます」
「なっ、お前」
「師父が破り捨てたって言いますからね」
「…こ、この鈍感女っ!」
「!?」

彼はそう吠えると歯をむき出して、詰め寄った。

「手紙なんてまどろっこしい方法、絶対仕事の話じゃねえだろうっ」
「は、はあ。確かに」
「それに丁度、仕事の穴を狙ってきやがって、誰がみても下心みえみえじゃねえか!」
「下心…?」
「手紙に誘われてお前みたいなのがホイホイ行ったらな、あっという間に食われちまうのがオチだっ」
「御剣検事はそんな人じゃ…」
「狼氏曰く!男は皆、狼なんだよっ!」

ガシッと肩を掴まれて、真っ直ぐ目を覗かれる。
その顔はまるで娘を心配する父。いや、それではあまりにも可哀相だから、妹を心配する兄といったところだろうか。
逆ギレされた感も否めないが、純粋に心配してくれたことはわかった。自然と顔が緩む。

「過保護すぎですよ。…でも、嬉しいから許してあげます」
「わ、わかればいいんだ」
「でも、連絡はしますよ。御剣検事も待っていらっしゃるだろうし」
「お、おいっ」
「大丈夫。万が一、狼師父が言った通りでも、きちんとお断りしますから、ご心配なく」

断る理由は過保護な上司がヤキモチやきまして、とでも言っておこう。





(今日は友達とカラオケに言ってきました。ミ・ミ・ミラクル・ミクルンルン♪が頭から離れない)

若干ネタバレ?(逆転検事/御剣) 

August 20 [Thu], 2009, 21:23
「薄々は気付いていたんですけどね」

そう言いながら、普段よりやや冷たいまなざしで女性刑事はこちらを見た。
彼女が"何"に気付いていたかというのかは、不本意ながら私も薄々わかる。そして、それが根も葉もない偽りであることも。

「誤解のないように言っておくが、私に幼女趣味はない」
「…エスパーですか?私まだ何も言ってませんけど」
「言わなくてもわかる」
「それって、自覚ありってことですよね?」
「ち、違う!」
「普段は冷静な検事がそんなに慌てるなんてますます怪しい」

何故だ。証拠も確証もないというのに旗色がどんどん悪くなっていく。
それに比例して冷ややかを軽く通り越し、やや痛い視線が突き刺さる。
どうにかしなければ。

「き、君も知っての通り、美雲くんは例の事件の重要人物であって」
「知ってますよ。私もご一緒したじゃないですか」
「ム、」
「そんな白目向かなくても、冗談ですよ」
「なに?」

さっきまでの冷たさは嘘であったかのように、けろりとした顔で彼女は言った。

「真宵ちゃんや今回の美雲ちゃんにしたって、御剣検事が下心がない人だからこそ彼女たちは検事を慕ってらしたんでしょ。わかってますよ、それくらい。ご心配なさらないで下さい」
「…君はまったく」
「ふふ、それに」

意地の悪い笑みが顔に浮かぶ。

「御剣検事は熟女好きですもんね」
「異議あり!」

君は私をどうしたいんだ!





(久しぶりすぎて泣ける。ここくらいはマメに更新するよう頑張ります)

無題(DMC4/ダンテ) 

April 10 [Fri], 2009, 12:34
「なんで、なんて訊くだけ無駄か」

店を閉めて、食材を買い込み帰宅すると、何故か家の鍵が開いていた。
またか、と思いながら一応は泥棒を用心して忍び足で中へと入る。
明かりはついていない。しかし、荒らされた形跡もないので、鍵をこじ開けたのは、やっぱり彼だろう。
とりあえず、荷物をダイニングキッチンに置き、忍び足のまま寝室へ向かう。

「やっぱり」

セミダブルのベッドに一人の男が眠っている。規則正しく上下する掛布の上には派手な赤いコートが脱ぎ捨てられ、ベッドの下にはブーツが散らかっている。

「ダンテ」

いい歳にもなって片付けの出来ない彼の名を呼ぶ。だが、一向に目を覚まさない。
仕方なく、散らかったブーツを左右揃え、彼に背を向けるようにしてベッドに浅く座った。
仰向けに寝ている彼の顔にかかった銀髪を指で払う。瞼を縁取る銀色の睫毛が微かに震える。

「ダンテ」
「ん、…」

ぎこちなく開いた瞳は寝起き特有の霧がかった柔らかい色のヘーゼルグリーンで、思わず優しい気持ちになる。

「おはよう、ハニー。ご機嫌いかが?」
「…最高だぜ、ダーリン」

蜜のような甘く濃厚な笑みを浮かべて、彼は自然と私の頭を撫でた。

「いい加減、鍵をこじ開けて中に入るのやめてよね」
「開いてないんだから仕方ないだろう」
「諦めて自分の家に帰りなさいよ」
「一人寝は寂しいもんだぜ」
「でも、結局は一人寝じゃないの」
「でも、ここにいれば、お前は帰ってくるだろう」

私の髪を撫でる彼はそう言うと、またゆっくりと瞼を閉じた。

「誰かの帰りを待つのもなかなかいいもんだぜ」
「…」

ずるい男め。
穏やかにまた眠りにつく彼の誕生日には赤いリボンがついた合鍵を渡そうと思った。





(昔、書いてた4ンテさん。ホント久しぶりすぎてどうなのよ。…新学期も始まったことですし、少しずつ復活出来たらいいなぁ)


無題(ONEPIECE/トラファルガー・ロー&ペボ) 

December 15 [Mon], 2008, 11:44
浮き世離れした光景だ。
漆黒の棺の中に収められていたのは人形かと疑うほどの美しい娘だった。
星の光を閉じ込めたような豊かな白金の髪に、肌理の細かい陶磁の肌。女性特有の丸みを帯びた柔らかそうな体に、極めつけは微かに笑んだ薔薇色の唇ときた。

「うわあ、お姫様みたい」

ペボの素直な感想に柄にもなく息を飲んだ。
確かに、まるでおとぎ話に出てくるような眠り姫が本からそっくりそのまま抜け出してきたかのようである。
しかし、どうにもその世界に浸りきれない。ベポも同じようで暫くしてから首を傾げだした。

「…でも、格好が」
「普通だな。普通すぎて逆に違和感を感じるくらいだ」
「アイアイ」

これでドレスの一つも着ていたらならば、しっくりくるのだろうが、何故か眠り姫はジーパンに飾り気のない木綿のシャツを着ている。おまけに足元はスニーカーだ。
残念としか言い様がない。

「キャプテン。この人、生きてるの?」
「さて、どうだか」

ペボの尤もな疑問で、この女を診察することにした。

「死臭はしないな。肌も腐ってないし、死蝋ない。外的損傷もなし」

そっと女の手首をとる。羽根のような軽さに妙に納得した。

「…脈はない」
「そ、それじゃあ」
「まあ、待て」

おののくペボを制止して、念の為に呼吸を確かめる。
薔薇色の唇に顔を近付けると、おとぎ話のワンシーンが思い浮かんだ。非論理的だ、と思いながらも唇から目が離せない。

「馬鹿か、俺は」
「キャプテン?」
「なんでもない」

自嘲しながら、改めて唇に耳を寄せる。微かだが呼吸音が耳をくすぐる。
どうやら生きているらしい。

「キスされるのかと思って、ドキドキしちゃった」

突然、耳に無邪気で柔らかな声が入ってきた。
慌てて、身を引くと靄のかかったような藍色の瞳と目が合った。

「うわああああっ、生き返ったぁぁぁ!!!」

ペボの絶叫が気持ちいいほど、船内に響き渡った。

「そんなに驚かなくてもいいじゃない。私だって傷つくわ」

よっこいしょ、と言いながら棺から起き上がると女は大きく伸びをして体をほぐし始めた。

「ん〜、。やっぱり長いこと中にいると体中が痛いわ」
「おい、お前」
「はい?」

肩を回しながら女は俺の呼び掛けに首を傾げた。さらさらと白金の髪が揺れる。

「お前、何者だ」
「あら、わからない?割と有名だと思うんだけど」
「なんだと?」
「そんな怖い顔しないでちょうだいよ。私はただの」
「ただの?」

にっこりと女が最高の笑顔を浮かべる。息が止まりそうなほど綺麗だ。だが、女の言葉はその格好同様全てを台無しにしてしまった。

「ただの吸血鬼だから」
「吸血鬼ぃぃぃ!いやあああ、キャプテーン!ごふうっ」

とりあえず、事態を収拾すべく、一人で大騒ぎするペボに拳骨を一発食らわせた。





(こんな感じの吸血鬼ヒロインで話を書きたいなあ、と思ったり。でも、新人たちのキャラを未だ掴みきれていないんですよね…)


無題(ドラゴンボール/ピッコロ) 

December 09 [Tue], 2008, 12:36
貴方を愛していることを、どうか知ってください。
受け入れてくれなくてもいい。軽蔑したって構わない。
ただ知ってください。貴方は誰かに愛される価値のあるかけがえのない存在であることを。



「自分を粗末に扱いすぎだわ」

そう言われたナメック星人が憮然とした表情を作るより早く、その言葉を発した魔女が驚愕したように咄嗟に唇を抑えた。

「…どうゆう意味だ」

ピッコロは相手の予想外の反応に一瞬、戸惑いをみせたが、すぐに気を取り直して、普段の仏頂面を作った。
『どうゆう意味だ』と訊いたが、ピッコロ自身、意味など当にわかっていた。
数ヶ月前から神殿を離れ、修行していたのだが思いの他、熱が入り過ぎ、気がつけば体は疲弊しきっていたのだ。自分ではまともに歩けないくらいに。
気の異変に気付いた悟空に助けられなければ、今でも荒野で蹲っていたことだろう。
それを咎めているのだ、この魔女は。

「わかっているくせに。…人の気も知らないで」

魔女は難しい顔で拗ねたように呟いた。
ピッコロはこうゆう時の対処をどうすべきか知らない。昔、まだ幼かった弟子が似たような表情をしていたことを思い出すが、その時の自分の反応はお世辞にも最良とは言い難いものだ。

「知らんな。お前の考えなど」

結局はこうなる。本当はもっと気のきいた優しい言葉を返してやりたいのに。所詮、自分は神と合体した今でさえ不完全で、内には魔を宿しているのだ。
ナメック星人でもなく、魔族でもなく、神でもなく、人間でもない。不完全な何か。

「…俺は自分のことですら、まともにわからないんだ。他人のお前のことがわかるわけないだろう」
「…ピッコロのそうゆうところ嫌いよ」

嫌い、という言葉に似合わない苦しい痛みが胸の辺りを漂い、ピッコロは息をするのも億劫そうに顔を少ししかめた。

「でも、そうやって傷付いたことを認めないで必死に取り繕うピッコロは少し可愛い」
「か、可愛い…」
「うん。可愛い。大好き」
「大概にしろっ」

いたたまれなくなり、思わず感情のまま反論すると、魔女はゆったりと笑って、とどめと言わんばかりに唇を開いた。

「愛してるわ。だから私の大切なピッコロ。お願いだから、無理しないで」
「っ…」
「わからないって言うからよ」

わかった?と聞かれて、いったいどう返せばいいんだ。





(いつの間にやら12月。お師匠さんも走る季節となりました。時の流れるのが早い!早すぎるよ!)


無題(ONEPIECE/エース) 

November 19 [Wed], 2008, 10:00
「エース。火をちょうだい」

華奢な指に挟まれた自家製の煙草を差し出され、思わず顔をしかめる。
嫌だ。駄目だ。体に悪い。何より、お前の匂いが煙草の匂いなんて我慢ならない。俺と同じ匂いでいろよ―――。
俺は自分で思っているより、だいぶ心の狭い男だったらしい。

「エース?」
「煙草なんて百害あって一利なし。医者のお前ならよくわかってんだろう」
「頭で理解していても体は煙草が欲しいって。それに我慢はウチの家風に合わないわ」

血の繋がりはないものの、本当の親子よりも親子らしい親父とこの娘は
確かに我慢なんてものが似合わない。好きな時に好きなだけ、好きなことをし放題。
だが、それがまた魅力で俺はまんまと骨抜きになってしまったわけだが。

「ねえ、エース。おねがい」
「お前はいつもそうやって…」

惚れた女に上目遣いの「おねがい」をされて「嫌だ」と言える男がいるなら尊敬する。俺には無理だ。
うなだれながら、指に火を点すと、嬉しそうに、そしてどこか満足げに唇を緩めた女医の横顔が見えた。

「火拳のエースをライター代わりに使う人間なんて私くらいよね」
「…換えはねえから、手放すなよ」

もちろん、と迷うことなく答えるお前が恨めしい。





(何故ヘタレになるのか。それはヘタレが好きだからさ。…俺様キャラを書いてみたい)


無題(デビルメイクライ4/ダンテ) 

November 08 [Sat], 2008, 10:52
突如としてダンテが髭を生やし始めた。

「なんで髭なんか生やしてるの?今で生やしたことなんかなかったのに」
「髭がないと嫌味なくらい男前になっちまうだろ。だから」
「…ソウデスカ(否定できないのが悔しい)」
「それにこっちの方がいいだろ?」
「似合ってるかってこと?そりゃあ、無駄に外面は整ってますから、似合わなくはないけど」
「素直じゃねえな。それに俺が言ってんのは俺が他の女にちょっかいだされなくなることだよ」
「…あっちはそうなるかもしれないけど、貴方がちょっかい出すでしょうが。全く意味ないのよ」
「おいおい、俺にはお前だけだぜ。モナムール」
「…はいはい、わかってますよ」





(4ンテが髭を生やした理由は「男前になりすぎるから」であってほしい。自信満々でそれに見合った能力と容姿を兼ね備えていて、酸いも甘いも噛み分けたムカつくくらいカッコイイ人であってほしい。…最近、オッサンに夢見過ぎな気がする;)


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:史代
  • アイコン画像 誕生日:7月25日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-パイレーツ・オブ・カリビアン/ナイトメアー・ビフォアクリスマス/スリーピーホロー/ラスベガスをやっつけろ/etc…
    ・ゲーム-FF9/FF7/三國無双/戦国無双/戦国BASARA2/キングタムハーツ/大神/遥かなる時空の中で/逆転裁判シリーズ/etc…
    ・読書-西尾維新作品(戯言・刀語り)/京極夏彦作品(妖怪・巷説)/有栖川有栖作品(学生・作家)/図書館戦争/オペラエタルニア/しゃばけシリーズ/etc…
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像史代(管理人)
» お待たせしました! (2007年12月11日)
アイコン画像奏汰
» お待たせしました! (2007年12月06日)
アイコン画像史代(管理人)
» 無題(モノノ怪/薬売り) (2007年09月27日)
アイコン画像ヂン
» 無題(モノノ怪/薬売り) (2007年09月23日)
アイコン画像史代(管理人)
» 祝、一周年 (2006年12月28日)
アイコン画像奏汰
» 祝、一周年 (2006年12月23日)
アイコン画像史代(管理人)
» 祝、一周年 (2006年11月03日)
アイコン画像史代(管理人)
» 無題(銀魂/土方十四郎) (2006年10月25日)
アイコン画像さなえ
» 無題(銀魂/土方十四郎) (2006年10月17日)
アイコン画像モブログランキング
» 無題(蟲師/ギンコ) (2006年06月24日)