約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグ

August 02 [Tue], 2016, 18:20

子供のインフルエンザを防ぐための注射に通院しました。







私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射をされています。







注射が終了した後は怖かったーと表現していました。







見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と想像しましたが、何も口できませんでした。







最近の研究成果でインフルエンザの予防には乳酸菌にとても効果があるということが知られてきました。







というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで完全に防いでいくことは出来ません。







常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力のほうがアップして、インフルエンザの予防となったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。







インフルエンザは風邪と比べて別のものという説があります。







その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、すぐに高熱となり、3日から7日ほどその状態が続きます。







種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に、小さな違いがあります。







でも、肺炎を併発したり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、油断できない感染症です。







乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でもお腹に効力を発揮するといわれています。







腸の中の善玉菌を増殖させることで腸の中が活発になり体内に溜まっていた便が出されやすくなります。







それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。







乳酸菌を日々飲むことで整腸効果が高まります。







乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では共通ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作り出す力があるのだそうです。







ノロウィルスの対策に良いとされているのですね。







このごろは、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。







乳酸菌と言って思いつくのはカルピスでしょう。







小さかったころから、日々飲んでいました。







どうしてかというと乳酸菌が入っているからです。







お母さんが毎朝、私に飲ませてくれました。







ですので、私は便秘になった事がありません。







カルピスを飲んでいたのが理由で元気な身体になりました。







ツボで便秘に効果があると有名な、へそから左右に指2本分くらい離れたところにある天枢(てんすう)というツボです。







後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結というツボにも同じように効果があると思います。







手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。







便秘の種類それぞれで効果的なツボは違うので、ピッタリのツボを押すと改善につながるでしょう。







アトピーの角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少ない状態になっていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が下がっています。







これを補足して健康に近づけるには、保湿することがとても重要です。







そのためには、お肌の表面を保護して、水分が抜けないように保湿剤を塗ることが必要なのです。







昔から、乳酸菌が身体に優しいのは有名な事実ですが、一方で効き目のない説もあります。







これについても本当かどうかなんてわかりません。







どうしてかというと、体質には個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。







一度試して自分に合うかを確認してから判断するべきです。







運動不足は筋肉の衰退に限らず、体調にも影響を及ぼします。







中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。







これを解消を試みようと、通勤時にエスカレーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維を多く含んだ食品を増やしたりするのが良い方法です。







できれば、便秘を防ぐためにも、週に1、2回は歩いたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。







ぱっと乳酸菌から連想されるのはカルピスでしょう。







幼いころから、毎日味わっていました。







なぜかというと乳酸菌が含有されているからです。







私に毎朝、お母さんが出してくれました。







なので、私は便秘知らずです。







カルピスを飲んでいたために元気な身体になりました。







アトピーに良い作用の化粧水を使い続けています。







知り合いから紹介された化粧水は、ひどかった私のアトピーを思いのほかキレイに治癒してくれたのです。







朝晩鏡を見るのが、たいへん楽しみになりました。







手で顔を触る度に素肌がサラサラしていることを感じられます。







アトピー性皮膚炎の患者の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも減っていて、お肌のみずみずしさやお肌を守る機能が落ちています。







これを補い正常に戻すには、保湿することがとても大事です。







そのためには、お肌の表面を保護して、水分が蒸発するのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。







私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。







昔から知られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつも私のお腹を守ってくれていました。







CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンです。







ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が体験してみると、かなりたくさん食べないと、あまり効かない感じがします。







毎日1パックぐらいは食べて、ようやく便通があるという感じです。







ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌な人もジャムで味を変えたりして可能な限り摂取すると効果アリです。







インフルエンザをあらかじめ防ぐために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。







約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大幅に減少したというテレビプログラムを見ました。







私の娘が受験生でしたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。







腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。







以前より、アトピー克服のためには食事も効果的です。







効果的な食事を意識することで美しい肌になることができるでしょう。







特に胃や内臓などの消化器系を良い状態にし免疫力が高まる成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を毎日一定量摂取するとアトピーへ効果があります。







私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、今ではだんだん改善されてきています。







効果があった方法は、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。







友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買ってとにかく食べることにしました。







この方法を続けているうちに、だんだん良くなってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。







乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特にこれといった副作用はございません。







ただそうではありますが、たとえ身体に良いからとは言ってもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなる可能性がございます。







体内に吸収できる分量にも限りがあるわけで、ある程度の範囲内に限っておくと安全でしょう。







便が出ない事って絶対に一生に一度は誰もが体験することの一つだと思います。







私も経験者の一人で、酷いと一週間便が出ないこともあります。







便秘に効く薬もありますが、服薬に抵抗を感じてしまうので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖で腸内環境を整えています。







効き方が穏やかなのが安心ですね。








男性用育毛剤はコンビニで買えますか
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qvb4uql/index1_0.rdf