「多分。遠井君の心を知ってるんです

October 29 [Tue], 2013, 15:19
D隶」螗椹`メンに湯をかけて食べた。
 それからだ。シャワーを浴びて寝た。そうしたのだ。
 その次の日にはだ。午前中にだった。
 真人のところに見舞いに行きだ。千春のことを話した。
 彼女の話を聞いてだ。真人はベッドからこう言って来た。
「よかったですね」www.zhoushidk.com

「よかったって?」
「遠井君もやっと僕以外にですね」
「友井君以外の?」
「頼りになるお友達ができたんですね」
 このことをだ。心から喜ぶ顔でだ。ベッドの中から彼に言ったのである。
「ですから」ヴィトン財布カタログ

「よかったっていうんだ」
「はい、そうです」
 それ故にだというのだ。
「だからです」
「そうなんだ。友達なんだ」
「はい、お友達です」
 また言う真人だった。
「遠井君にとって頼りになる」
「友達かな」ヴィトン 財布 メンズ

「若しくは彼女でしょうか」
「まさか。僕にそんな彼女なんて」
 出来る筈がないとだ。希望は真人の今の言葉は完全に否定した。
 そのうえでだ。彼にこうも言うのだった。
「出来る筈がないよ」
「そう思われるのですか?」
「そうだよ。僕になんて」
「外見だけを見て判断する人はですね」
 ここでだ。急にだった。真人は。 
 優しい笑顔から真剣な顔になりだ。ベッドの中から希望に言ったのだった。
 顔は彼に向けたままだ。そのうえでの言葉だった。第二話 二人のはじまりその九

「駄目なんですよ」
「それだけじゃわからないからだね」
「人は外見では何もわからないです」
「生き方は顔に出るっていうけれど」
「それは人相やそうした話ですね」
「人相と外見は」
「また別です」
 真人が今言うのは生まれたままの外見のことだった。それなのだ。
「太っていても痩せていてもそれは同じです」
「じゃあ外見だけで人の判断は」
「する人は駄目なんです」
「それじゃああの娘は」
「多分。遠井君の心を知ってるんです」
「僕のこの心を」
「はい、ですから」
 それ故にだと述べる真人だった。
「その方は遠井君と一緒にいたのだと思いますよ」
「だったらいいけれどね」
「どちらにしても。そういう方なら」
 どうかというのだ。
「素晴らしいですね」
「だといいけれどね」
 真人以外に
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/quitedoxuwe/index1_0.rdf