浅田舞“金”デビュー!!TBS系「赤い奇跡」で女優挑戦 

February 21 [Tue], 2006, 16:17
フィギュアスケーターでモデルの浅田舞(17)が今春放送のTBSテレビ放送50周年ドラマ「赤い奇跡」で女優デビューすることになり20日、群馬・前橋市のぐんまアリーナで初撮影に臨んだ。深田恭子(23)扮するトップスケーターのライバル役。「今日の演技にメダルはないけど、こうして出演できたことは金メダル」と笑顔を見せた。  スラリと伸びた手足、17歳には見えない大人びた顔立ち。銀盤で多くの観衆を魅了してきた舞が、初めて、劇用カメラの前に立った。  美しい。絵になる。様になる。ドラマ界にニュースターが誕生した。  舞は深田が演じる日本のトップ選手、関口輪子の後輩スケーター・松田舞子役。輪子に憧れているが、輪子が恋愛スキャンダルに追われる間に実力をつけ、その存在を脅かすようになるという設定だ。  この日は、輪子が舞子の成長をまざまざと見せつけられるシーンを撮影。舞はダブルアクセル、ダブルトーループのコンビネーションジャンプからスピンを決めるまでを何度も繰り返し演じ、さまざまな角度で撮影。華麗な姿に取材陣からため息がもれた。  「カメラもたくさんあるし、はじめはうまくやれるのか緊張して不安もありました」と舞。「フィギュアも女優も人に見られるという点が共通点。人に注目されるのは大好きだし、スポットライトが自分にだけあたるのが気持ちいい」と大物の片鱗をのぞかせた。  セリフは、輪子(深田)とあいさつを交わすシーンなど数言。1週間前に台本をもらい、「鏡を見ながら練習しました」とはにかんだ。  舞は現在、愛知・東海学園高の2年生。学業と練習優先のため、この日も練習終了後に撮影と会見が行われた。今後はフィギュアスケーター、モデル、女優と3足のワラジをはくことに。「女優は中学から憧れて夢みてきたこと。頑張って続けたいし、フィギュアも4年後のオリンピックに妹(浅田真央)と出られたらいいなと思っています」。17歳の乙女は、はちきれんばかりの希望にあふれていた。続きを読む
プレミアム
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:quinmansar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる