1year and half 

2009年10月23日(金) 15時21分
ビビル!

自分のダークさに。


仕事を始め、環境が変わり、ちょっとした気持ちやひらめきを文章にすることが日々の習慣ではなくなっていることに気づき、

休憩中に過去に綴った記録を読み返したが、まあ、、なんと闘っていること。


部分的にではあるが感覚が多少変わったなと思った。

良く言えば、成長したということなのかもしれない。


または自分自体はそうも変わってはおらず、ただひたすら環境だけが変化していっているというだけのような気もする。


昔は、あれこれ思考をしては「〜かもしれない」でしか終えられず、自分の感覚のみしか確信を持てなかった。


でも今はわかる。

真実はある。


1年半前から、社会・お金・信頼・その上膜をはにかんだスマイルで覆われた世界に放り出されるように出向き、生活をし始めた。

そこで、この世の中の人間の心に天使と悪魔の心が存在しているとして、完全に裏の悪の世界だと思っていた存在は実は基盤であり世界の中心だった。

悪魔の世界の窓口に天使達。

そんな風にできている。

しかしながら悪魔は文字通り悪というわけいわけではない。

まだよく知らない者から見たら汚いものとして映りがちだが、その世界を知ったら悪魔も天使もなくやるべきことをやることが戦いであり、正義そのものなのだ。


これは天使でも悪魔でもない客観的な位置からの考え。

双方の世界を理解した上でやりたいことを改めて始めることはいかに自由だろう、そんな希望から生まれた目標がある。


時々どこにいるのかわからなくなることがあったが、確かにより自由になれる方向へ進んでいる。

脱出であり、始まりの扉、常にタイミングを見据えていれば必ず見つけられる!!

これって… 

2009年02月09日(月) 20時30分
鬱?

また仕事欠勤しちゃってる

あたしっていつからこんなにダメになったんだろう 

完全に負のスパイラルに入ってる。。 

がんばらんとかんのにがんばれん。。

ひたすら頭が痛い。。

拒否反応が襲い掛かりものすごく恐くなる。 

SHIT SHIT SHIT!!!!!!! 

2007年12月01日(土) 18時56分
いうんぢゃなかった!!!!!!!

最近はやっちまってばかりです。。

なるべく何も言わないようにしよう。。

best condition is 

2007年10月09日(火) 22時53分
やりたいことは決して、

やらなければならないもの

ではないから

ひとたびそれを

やらなければならないもの

と錯覚してしまったとき

そのimageが自分を苦しめる。

だから

できるだけ日常は

気持ち良く

気持ち良く過ごす。

やりたいことは常になるだけ念頭に置いて。

やらなければならないことをやるとき以外は

そう考えて過ごす。

こんな瞬間が続けば、

こんな気持ちの後には、

素直に吐き出せる気がする。

今がその時。

この感覚を忘れないためには

この感覚を気持ち良く忘れること。

新鮮な感覚を限りなく新鮮に受け入れるために。

気持ちよく、気持ちよく

気持ちの良い方向へ。

なるだけ頭をからっぽに向けて。

宇宙でダンスするimageで。

empty 

2007年10月06日(土) 21時29分
I noticed that there were actually nothing.

what I want to draw is ・・・and what I want to be is ・・・

わかってしまった

やっと繋がった。


あたし、バカだけど、バカで良かった

あたし、バカぢゃねえや、バカだけど

考えること、やめなくてよかった

闘ってみてよかった

産むって楽しいかもしれない。

欲は必要、でも、

要はからっぽになるためなのかもしれない。

きっとみんな燃えたぎったり飲み散らかしたりして
  
からっぽになりたいのかもしれない

できれば闘って燃えて自分をぶっ飛ばして剛速球で気持ちよく。

あー

いっぱいいっぱい!

イロイロなカラッポ。

色々なからっぽーーーぽぽぽぽぽ、ぽぽぽぽ。ぽ。

 

2007年10月04日(木) 23時22分
よく見たら

大して触っていなかったのに

肉体も精神も

全力だった

全部真っ黒にしたら

気が抜けた。

疲れるのは

からだだけがいい

ラーララーラララララー、ラーララララーララ

ラーララーラララララー、ラーララララーララ

lie 

2007年09月16日(日) 23時34分
ああああああああああ

どうにか伝えたいっっっ

あの子は全然かっこよくないよ!!

伝えたい!!

どんだけダっっサいんかってこと!!

でも、必要があるかどうかわからない

てかナイなー。

私の考えは私の考え。

私の感じたことを伝えることで人の感情を変えるのは良くないこと。

他人がかっこいいって思ってたらそれはそれでもういいぢゃん。

でもっっっ

他人ぢゃないんだって!!!

大事な人なんだって!!

あーーーあいつの勘違いをどうにか伝えたい!!!!!!



あの子のことは私も好きだけど・・・・・・・・

許せないことが多々重なって

苦しい。。。。。。。

嘘は。。。

あーーーなんでアイツの関わることになると嘘ばっかつくんだて!!!!

アタシはあの子のそんな軽薄な所にだけ敏感に反応してしまうよ

他の大好きな面もたくさんあるのに見えなくなる。

大好きな面すらもイライラしてくる。。

本当に大事な友達っていうのはあたしの中ぢゃそんなんぢゃない!!!!!

悪いとこすらも愛せる友達にはなれそうもない。

そもそもあたしの大事な友達に悪いとこなんてないしな。

あの子ともそんな風になれると思ってた自分が馬鹿馬鹿しく思える。

だから金持ちの一人っ子女は嫌いだ!!!

みんながみんなそうな訳ぢゃないけどさ。

これ以上歩み寄る関係ぢゃないって警告

ととらえることにする。


あああ。

全てを受け入れられるようになりたいよ。


でも。。。

嘘、大っっっ嫌い!!!!!

ついでに自慢話も、もーウンザリ。

ムカつきすぎて涙が出るっっっっ

DILLENMA 

2007年09月06日(木) 23時15分
いつも冗談ばかりでほんとのことは殆ど話さない

そんなアイツをぐっちゃぐちゃにしたくなりその衝動が止まらなかった

こんな自分は時々自分で恐ろしい


どこまで気持ちを言葉に態度にしていいのかいけないのかわからなくなる

CASE BY CASEでそうすることはあっても、

相手やシチュエーションに合わせてコロコロ態度を変えるのは気持ち悪くてできない


ましてや裸で向き合いたい相手に本当の気持ちを隠すなんてしないほうがいいように思う

けど、逆もどうかと思う

私はきっと恐らく間違いなく後者、出しすぎ、言いすぎ、やりすぎだろう



自分の気持ちを発することの美しさは、私の美学は間違ってるかな?


やり方次第、きっと答えはそうだろう。


抑えることはできるけど、これを許せばまたするでしょ

だからその時ちゃんと言わなきゃダメなんだ 

勝負は3秒以内1秒後


相手を大切に思えば思う程こんな公式を作って言葉をぶつけてしまう


こんな公式どこで覚えたっけ  

いつ作ったっけ

何のためだったっけ

また同じことで悩んで自分で自分を苦しめてるよ




未来を大切に想い今を壊す

今を大切に想い感情を圧し殺す

ひねくれモノの私にはどちらかしかできない


それすらもどこますればいいのかわからず、やりすぎる

感情が走りすぎる


小学生のが相手を思いやれるよ

私はどこまで自分が大事なんだろうと思うと恐ろしくなる


きっと私が大切に思ってるのは相手ぢゃなく、相手との「自分」の未来だ


相手の目から反射した自分のキライな自分と目が合うまで気づかない

一体私は何なんだ


心から好きって言えるのに

結局私は誰かを愛するとその気持ちと比例して自己愛が促進し、狂うように恐ろしくそれが主張し始める

自分でもどうすることも出来ない化け物だ


一緒に居ると幸せで楽しすぎるのに、

突然現れる自分の中の化け物の行為を止められなくて

したくもないのに色々なものを傷つけてしまい、苦しい

恋愛ってこうだっけ・・


また怯えて未来ばかりみているよ。。

be positive 

2007年08月05日(日) 0時10分
回数ヂャナイ!

時間ヂャナイ!

行動!瞬間!信じる気持ち!!

そして、TIMING!!!!

縁も運命も強く願えば絶対叶う!!!!!

ポジティブであり続けろ!!

dynamite of heart is beautiful 

2007年08月04日(土) 1時21分
見せたくない、在りたくない面を相手に曝け出してしまってから気づく、自分の愚かさ、醜さ、不器用さ、
不安感、焦燥感、独占欲、嫉妬、自己愛。

どうにもこうにもコントロールが効かず、心のダイナマイトが炸裂。


感情の全てを相手に伝えれば良いのかどうかは、「正しさ」という言葉では測れない。

その時、直後、は、後味が悪く相手に対し、ヒドク申し訳ない気持ちと、どうしたらいいのかわからないが、自分を知ってほしくて、伝えたくてぶつけたその様々な気持ちとが入り混じって、訳が分からなくなり、結果、自己嫌悪に陥る。

その場から離れ、その時の自分自身を客観的な視点でそのことを考えた時、生まれた気持ちを抑えて自分の在りたいように振る舞うより、醜くても、愚かでも、表現して良かった気がするのはそういう類のものを、例えば、自分から他人に置き換えて考えた時、その気持ちはさて置き、その行為自体を私は限りなく切なく美しいものと思ってしまうからかもしれない。

只、当事者になると、自分の行為を美しいとか正しいとかは全くわからなくなるので自分を賞賛、正当化することはできないし、不可能。

自分以外の者を全て他人、とした時、相手の目に移る自分は他人。

許せるか、厭うかは、私のした行為を相手がどういう種の感覚で受け止めるか次第だ。

ほんの少しでも類似する感覚があるとしたら、今に未来は存在する。

とはいえ相手も当事者。

もう一歩下がり、見つめなおす愛を持ってくれてさえいれば、の話。

未来のことはわからないが、「今」にある未来を信じたい。私は。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:quadrophenia
読者になる
2009年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる