トヨタのリコール一転「経済補償はなし」で中国ユーザー激怒! / 2010年04月02日(金)
 中国ではこのほど、中国におけるトヨタ車の販売会社、一汽豊田銷售販売有限公司(以下、一汽トヨタ)の松木秀明総経理が、浙江省商工局による発表から一転し、中国全土のRAV4のユーザーに対して、無料点検サービス以外での経済的な補償を行わない方針を明らかにしたことで、消費者らによる「米国ユーザーとのサービスの差」への不満が噴出している。

 中国ユーザーによる「不満続出」のきっかけは、一汽トヨタと浙江省工商局との間で29日、話し合われたされる補償問題について、同局の発表と同社の見解のずれによると見られる。同局は当初、同局の求める◆リコールのタイムスケジュール ◆リコール車種の訪問回収 ◆代車の提供 ◆全額返金 などに一汽トヨタが応じたと発表しており、ユーザーからも同社の対応を評価する声が上がっていた。

 しかし一汽トヨタはこのほど、無料点検、修理のサービスや、RAV4を予約したユーザーが解約を希望した場合の全額返金には応じるが、30分程度のメンテナンスに代車を出す必要はないとしたほか、車両回収、関連サービスのコストはメーカー側の負担で、代理店による負担はなし、と、実質的に「無料点検以外の経済的補償はしない」方針を明らかにした。

 中国ユーザーは、同社の対応を「態度一変」だとして、激しい不満をぶちまけている。中には「補償の夢が2日で消えた」、「素敵なエープリルフールをありがとう」など、同社を皮肉るブログもあるなど、同社批判の色を強めている。

 また、中国の法律事務所、中銀律師事務所の陳広氏も、中国政府や省政府の、リコールに関する関連法規の未整備を認める一方で、「リコールの関連規定のないことが、賠償をしなくていいということにはならない」などと発言し、「顧客第一」を掲げる同社の対応に疑問を投げかけている。

 中国がトヨタ社によるリコール内容にこだわる背景には、リコール車の訪問回収サービスや、代車の提供、販売店までの交通費負担など、米国で行われたとされるサービスが中国では同様に行われない「不信感」にもよる。これまでにも、報道に触れた多くの消費者が「米国人と中国人では、命の重さが違うというのか?」などと不満の声を上げている。トヨタが中国におけるブランドイメージの回復など、難しい対応を迫られていることは間違いない。(編集担当:金田知子)

【4月2日20時22分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000067-scn-cn
 
   
Posted at 21:06/ この記事のURL
思ったより小さい。でも楽しい! 福知山市動物園の年間入場者6万人に / 2010年04月02日(金)
 福知山市猪崎三段池公園内、市動物園(二本松俊邦園長)の09年度有料入場者数が、初めて6万人の大台を超えた。天候に恵まれたことが影響したとみられるが、小さいながらも、動物たちと触れ合うことが出来る園としての認知度の高まりが、増加に結びついている。

 1978年5月に開園してからの有料入場者数は、06年度から続けて5万人を突破。09年度は月別に7、8、9、1、2、3月でそれぞれ過去最高となり、1月24日に5万人を超えた。3月27日に6万人を超え、最終的には6万877人の過去最高数を記録した。
 
 全体的に土・日曜日の天気が良かったこと、冬に雪が少なかったことが大きく影響している。また、近年、屋外で飼育され人懐っこいシロテテナガザル、高所でえさをキャッチするアライグマなどが人気となり、全国各地からやって来るファンが増え、そうした人たちを含めたリピーターの存在も見逃せない。
 
 インターネットのニュースで園の存在を知り、岡山など遠方からやって来る人もいて、「思ったより小さい動物園だが、他の大きな動物園より何倍もおもしろかった」と満足して帰る人が多いという。
 
 二本松園長は「6万人は無理と思っていたが、大台を超えびっくり。今年度は減らないか心配ですが、何回来ていただいても、そのたびに新しい感覚で楽しんでもらえるような、充実した園にしていきたい」と話している。 4月2日17時12分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000304-rtn-l26
 
   
Posted at 21:04/ この記事のURL
シャープ、裸眼で2D/3D映像が楽しめる液晶ディスプレイを開発 / 2010年04月02日(金)
 今回開発された3D液晶ディスプレイは、光の進行方向を制御し、左右の眼に届く光の視差を応用して、立体表示させる「視差バリア方式」を採用している。

 従来この方式は、3Dに切り替えたときの表示品位が低いことが課題となっていたが、業界最高輝度を実現することによって、表示品位を大幅に改善。モジュールの厚みは、タッチパネル付きでも従来の2Dタイプと同等に抑えられている。

 シャープは、タッチパネルを搭載していないタイプも開発し、本年度上期から、タッチパネル機能を除いたタイプから順次量産を開始する。

【4月2日17時50分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000009-sh_mar-sci
 
   
Posted at 21:03/ この記事のURL
就職氷河期を勝ち抜いた新入社員に期待することは――2010年、携帯キャリアの入社式 / 2010年04月02日(金)
 就職氷河期の再来ともいわれる2010年、携帯キャリア各社にも厳しい競争を勝ち抜いた新入社員が入社した。入社式では各社の社長が、新入社員に対する期待や心構えを語った。

 2010年の各社の入社実績は、NTTドコモが246人、KDDIが244人、ソフトバンクの通信3社(モバイル、テレコム、BB)が247人、イー・アクセスが45人。ドコモとKDDIは、昨年とほぼ同じ水準となったが、ソフトバンクとイー・アクセスは採用数が減っている。

●「変革」と「チャレンジ」で、モバイルの新たな価値創造を――ドコモの山田氏

 ドコモが満を持して投入するスマートフォン「Xperia」の発売日と重なったことから、入社式を午後にずらしたNTTドコモ。午前中、Xperiaの発売イベントに立ち会った同社代表取締役社長の山田隆持氏は、「変革」と「チャレンジ」の精神で、モバイルの新たな価値を創造してほしいと呼びかけた。

 訓辞では、午前中の発売イベントに参加した話を通じて、現場で学ぶ顧客視点がいかに重要であるかを説明。「問題の答えは、全て現場にある」とし、現場に出ることの大切さを忘れないようにと説いた。

 また、モバイルの新たな価値創造に向けたチャレンジも重要だと話し、(1)24時間365日手元にあること(2)個々の利用者に携帯電話が紐づいていること(3)GPSなどでどこにいるか分かること という、携帯ならではの特徴を生かしたイノベーションが、さらなる成長につながると説明。これまでに携帯電話が発展、進化してきた以上に大きな可能性があるとし、新たな携帯電話の姿を作る上で重要になる若い力と感性に期待を寄せた。

●自身が変革の主体たれ――KDDIの小野寺氏

 発足から10年目の節目を迎えたKDDI。同社で代表取締役社長兼会長を務める小野寺正氏は、変革期のただ中にある通信業界では、変化を先取りした事業展開が重要になると説いた。

 KDDIの社員としてスタートを切る新入社員には、次の3点を要求した。1つは「自身が変革の主体となり、夢や思いをKDDIで実現してほしい」というものだ。

 KDDIは既存事業の効率化や経営体質の強化、新規やグローバル事業の積極展開など大きな構造改革に着手しており、活躍できるステージは整っていると説明。同社のルーツである第二電電企画が19人の社員でゼロからスタートし、26年を経て社員数1万8000人、売上高3兆4000億円超のKDDIグループに育ったことを引き合いに出し、「何としてでもやり遂げようとする熱い思いと意志さえあれば、夢は実現できると激励した。

 2つ目は、「迷ったときには、お客様原点に戻る」こと。判断を決めかねるようなことがあったときは、「答えは必ず、それぞれのお客様との接点、最前線の中にある」と考えてほしいと訴えた。

 3つ目は、KDDI社員としての判断基準と行動規範の共有。サービスやビジネスモデルは柔軟でスピーディーに変えていく必要があるが、その土台となる経営理念は全社一丸で共有しなければならないとし、KDDIフィロソフィーを共通の価値観としてそれに則った言動を心がけるよう呼びかけた。

●熱く高い「志」で邁進してほしい――ソフトバンクの孫氏

 尊敬してやまない坂本龍馬の話から訓辞を切り出したのが、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏だ。

 16歳で渡米することを決めたのは、15歳のときに「竜馬がゆく」を読み、坂本龍馬の熱い「志」に共感したためだったと振り返り、この渡米がソフトバンクグループの創業につながったことから「ソフトバンクグループの実質的な創業者は、坂本龍馬といえるかもしれない」と言い切った。

 多くの人に喜んでもらうために物事を成すことが「志」であり、家族や仲間、顧客、そして世界中の人に喜んでもらえる仕事をすることが大事だと説き、人生の最後に「本当に幸せな人生だった」と振り返ることができるよう、日々高い「志」をもって邁進するよう呼びかけた。

●第二創業期にさらなる成長を――イー・モバイルのエリック・ガン氏

 創業から11年目となる2010年を第二創業期スタートの年と位置付けるイー・アクセスグループ。イー・モバイル代表取締役社長兼COOのエリック・ガン氏は、ベンチャー精神を忘れないことが重要だと強調した。

 競合する通信キャリアは巨大であり、力を合わせて競合と戦い、会社を発展させなくてはならないとガン氏。イー・アクセスグループが求める「Make it happen!」を実行できる人を目指し、早く中核を担えるよう研鑽を続けてほしいと激励した。

(プロモバ) 4月2日20時40分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000054-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 21:01/ この記事のURL
「ケータイ小説」ブームにかげり!? / 2010年04月02日(金)
このレポートは、2009年8月28日から開始した「ケータイ小説に関する定期調査」の第4回目の報告である。この定期調査では、ケータイ小説の認知度などや利用メディアに関して、定期的に動向を探っていく。

【画像が掲載された記事】

インターネットコムと goo リサーチが行った「ケータイ小説」に関する調査では、「ケータイ小説」を9割以上のユーザーが認知しているが、実際に読んだことのあるユーザー数は少しずつ減少していることがわかった。

今回の調査対象は全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,091人。男女比は男性52.7%、女性47.3%。年齢別は10代16.3%、20代18.4%、30代21.5%、40代15.9%、50代15.8%、60代以上12.0%。

「ケータイ小説」という言葉を聞いたことのあるユーザーは、昨年8月の第1回調査では94.2%、昨年10月の第2回調査では92.6%、今年1月の第3回調査では95.0%、今回の調査では93.1%(1,016人)。9割以上のユーザーが「ケータイ小説」を認知している、と考えて間違いないだろうと思う。

この「ケータイ小説」について聞いたことがある1,016人のうち、実際に読んだことがあるユーザーは、第1回27.0%、第2回24.1%、第3回24.7%で、今回第4回では22.0%(224人)だった。

ほんの少し、「ケータイ小説」ブームにかげりが出てきたのかもしれない。

実際に読んだことがある224人に対して、「ケータイ小説」を読んだ媒体を聞いてみたところ、「Web サイト」がトップで184人、次いで「書籍化されたもの」104人。重複する64人(少なくとも)は「Web サイト」でも「書籍化されたもの」でも読んでいるようだ。

この順位は第1回、第2回、第3回と変わらないが、Web 媒体で読むユーザーもまた、心持ち減少しているようだ。

Web サイトで「ケータイ小説」を読んだことのある端末を聞いてみたところ、当たり前だが「携帯電話」がトップで149人、2位は大きく引き離されて「PC」95人だった。  (調査協力: goo リサーチ)

【関連キーワード】
開始 | 昨年8月の第1回調査 | 昨年10月の第2回調査 | 今年1月の第3回調査 | 「ケータイ小説」は Web で読んで、半分がまた書籍で読む傾向 4月2日17時31分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000045-inet-inet
 
   
Posted at 20:59/ この記事のURL
MLBと中国野球協会が関係強化 4日の開幕戦も生中継へ / 2010年04月02日(金)
 3月31日、中国野球協会と米大リーグ機構(MLB)は中国で野球を普及・発展させるため、協力関係をいっそう強めることで一致した。また、MLBは1日、4日にボストンで行われる今シーズンの開幕戦「ニュヨーク・ヤンキース対ボストン・レッドソックス」を初めて中国で生中継すると発表した。華奥星空が伝えた。

 中国における野球の人気はバスケットボール、サッカーに大きく遅れをとっており、中国の野球関係者からは、野球の未来を案ずる声があがっていた。野球という競技を普及させたい中国側と、巨大なマーケットに魅力を感じたMLBの思惑が一致した形だ。

 3月31日、中国野球協会の雷軍首席とMLBアジア副社長のジム・スモール氏が出席して行われた記者会見で、雷軍首席は「中国野球協会とMLBは2002年から交流を開始し、技術指導やコーチング方法の指導を受けてきた。今回の協力強化を通じて、中国は優秀な野球選手を養成し、中国における野球の普及と発展に努めたい」と語った。

 また、ジム・スモール氏は「中国人に野球はできないという人がいるが、中国人のアスリートは北京五輪やバンクーバー五輪で優れた成績を収めている。われわれは遠くない将来に、中国人野球選手がMLBに参加できるようになることを希望している」と述べた。(編集担当:畠山栄)

【4月2日14時58分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000046-scn-spo
 
   
Posted at 20:57/ この記事のURL
キム・ヨナが帰国、「シーズ終えた幸せ満喫したい」 / 2010年04月02日(金)
【永宗島31日聯合ニュース】イタリアで開催されたフィギュアスケートの世界選手権で銀メダル獲得したキム・ヨナが、31日に韓国に帰国した。
 仁川国際空港で行った記者会見で、キムは「早く家で休みたい。今後の予定に関心が集まっているが、休息を取りながらゆっくり決めたい。まだシーズンを終えた幸せを満喫したい」と話した。
 韓国に戻ったのは、バンクーバー冬季五輪後の一時帰国を除けば昨年8月以来となる。「カナダ・トロントでの生活は退屈に感じることもあり、韓国で家族や友だちに会いたかったが、やっと帰国できた。五輪に対するストレスから解放されたことがうれしい」とさわやかな表情で語った。
 今シーズンは五輪までの全大会で金メダルを獲得し、世界選手権大会が唯一の銀メダルとなった。だがキムは、五輪後に感じたつらさを乗り越えた結果のため、非常にうれしく満足していると述べ、今シーズンにまったく悔いはないと笑顔を見せた。
 しかし、今後の進路には頭を悩ませているようすをみせた。「これ以上登る山がないが、次の目標は」との報道陣の問いかけに、しばらく考えた末、「山を越えたばかりで、次の山をまだ考えていない。念願だった五輪金メダルを獲得したため、次の目標をどうするかが心配だが、考えてみたい」と重い口を開いた。5月か6月にはカナダに戻る予定だが、進路はゆっくり考えてもいい問題で、まだ具体的な計画はないと答えた。




【3月31日18時2分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000023-yonh-spo
 
   
Posted at 20:55/ この記事のURL
一夜限りの復活を果たした伝説の番組「電波少年」を再配信 / 2010年04月02日(金)
 GyaO!では、3月31日深夜に放送された「復活! 電波少年モィ! 雷波もねん」を再配信している。

そのほかの画像

 4月9日にDVDが発売される伝説のバラエティ番組「電波少年」。DVDの発売を記念して、3月31日に「電波少年」が「復活! 電波少年モィ! 雷波もねん」として一夜限りの地上波復活を果たした。GyaO!では同番組を無料で配信している。未だ色あせぬ過激な“名シーン”の数々と、そのウラ話が楽しめる。

【4月2日19時55分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000032-rbb-ent
 
   
Posted at 20:53/ この記事のURL
Gummy 2年ぶりアルバム発表 歌謡界へカムバック / 2010年04月02日(金)
『あなたが帰ってきたら』や『記憶喪失』などのヒット曲で知られる韓国女性歌手Gummy(本名:パク・ジヨン、28)が、2年ぶりにアルバムを発表する。

Gummyのプロフィールと写真

2008年3月に4thアルバムを発表してから、空白期間を過ごしていたGummyが今月中旬、ミニアルバムをリリースし活動を再開すると、所属事務所YGエンターテイメントが2日、明らかにした。

YGエンターテイメントは「Gummyは今月、ミニアルバムを発表、下半期にはアルバムを発表し活動を行う計画」と発表。ミニアルバムには、Gummyの自作曲も収録される予定だという。また現在、収録される2曲の中からタイトル曲を検討中であるとした。

関係者によるとGummyの新アルバムは、これまで披露してきたソウルサウンドを基本に、さらに洗練されたサウンドを取り入れ、明るい雰囲気に仕上がっているという。

一方、活動を中断していたGummyは、ドラマ『総合病院2』や『クリスマスに雪は降るの? 』など、ドラマO.S.Tへ参加していた。


【4月2日17時45分配信 WoW!Korea
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000022-wow-ent
 
   
Posted at 20:52/ この記事のURL
三菱自動車が電気自動車「i-MiEV」の個人向け販売開始、61万9000円値下げ / 2010年04月02日(金)
 三菱自動車は2010年3月30日、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の個人向け販売を4月1日から開始すると発表した。既に09年7月から法人などを中心に販売してきたが、車両本体価格を61万9000円引き下げ、398万円にする。

【詳細画像または表】

 2010年度も本年度同様に政府の補助金制度が継続されることを前提に試算すると、2010年度は1台あたり114万円の補助金交付が予想される。ユーザーが購入時に負担する金額は、実質284万円になる。

 日産自動車が4月1日から予約注文を開始する電気自動車「リーフ」は車両本体価格が376万円からで、補助金交付を受けた場合の実質負担額は299万円。軽自動車のi-MiEVが、コンパクトカーのリーフよりも値段を15万円安く設定した形になる。

 販売方式は、車両費用に加え、税金と整備費用等の一部などの車両維持管理費を含むメンテナンスリースが基本だ。三菱自動車販売店で安心・確実に点検や整備を受けられ、政府などの補助金の申請手続きをリース会社で実施するなど、個人ユーザーの負担を軽減できる。

 また、三菱自動車独自の「三菱アシスト24」による24時間365日のロードサービスを提供。全ての販売店で、電気自動車用充電設備(急速充電器または100V/200Vコンセント)の設置・開放を進めて、i-MiEVに安心して乗れる体制を整えている。

 2010年度の販売計画は、国内で約4000台。3月末時点ですでに自治体や法人、個人からの購入希望が約2000台分に達している。海外向けは約5000台出荷の予定だ。

(文/柳 竹彦=日経トレンディネット)

【3月31日1時42分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100331-00000000-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 20:50/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!