ディズニー

November 16 [Fri], 2012, 5:20
超マニアックな話をしようかひょんなことから山登りを始めた私の個人的な遊びです。
山に登って、勝手に擬人化して遊んでいます。
百名山のうち12座登れたので語ってみようと思います。
どんなペースで登れるか分からないので不定期連載とします。
たぶんほとんどの人はついてこれない話を始めます。
はじめに日本百名山百名山とは日本中の山を登り尽くした深田久弥さんが選んだこの山は登っとけの100座の山です。
品格歴史個性を兼ね備え、かつ原則として標高1500m以上の山という基準を設け、日本百名山を選定したそうです。
数ある山の中から、丁寧にも特徴的な100座を選んでくれたおかげで私の楽しい遊びが成り立っています。
ありがとう。
深田さん。
本編登った順に思い出して書いています。
かなり個人的な意見です。
70大菩薩嶺2057m山頂はがっかり樹林帯。
雷岩からの展望が素晴らしい。
当時は擬人化をそんなに意識して登っていなかったので後付けではあるが、おじさんイメージ。
なだらかな稜線や登山道から穏やかなおじさん。
笹原ボーボーから髭がボーボーのおじさん。
一番強烈な思い出は登山道の真ん中でシカの死体がいたこと。
あれは強烈だったな南無八幡大菩薩54槍ヶ岳3180m小ちゃな頃から悪ガキで15で不良と呼ばれたよナイフみたいにとがっては触るものみな傷つけた尖っています。
イケメンです。
悪いです。
なかなか姿を見せてくれません。
姿を見せたと思いきや、ずっとオレ様です。
登頂した後に知らぬ間にできた打撲をキスマークだと妄想していた私とHさんをお許しください。
悪い男ですが、山好きには人気の高い山です。
72富士山3776m日本一有名なイケメンです。
他の山からついつい彼を探してしまいます。
彼に会えると嬉しいです。
日本中の誰もが彼を知っています。
しかし、アプローチに時間がかかり、かつ景色がずっと単調なため、付き合うとずっと同じデートという男です。
しかも、下山に時間がかかるため別れるにも時間がかかるという面倒な男です。
66猿謗R2017m新宿まで電車一本のシティーボーイです。
東京で一番標高の高い山です。
山頂付近の稜線は広くて本当に気持ち良いです。
3車線ある広い都会の道のよう。
お隣に富士山というイケメンを愛でながら、ズンズン行けます。
山梨県埼玉県の県境にある山で、彼と遊ぶにはいろいろな登山道があるらしく四季折々楽しめるらしい。
さすがシティーボーイです。
飽きさせません。
69瑞牆山2230m孫悟空が生まれてきそうな岩がゴツゴツの山です。
マッチョなお兄ちゃんです。
訪れた季節も関係するかも。
春が訪れたばかりの頃、ガッチガチのアイスバーンでアイゼンの歯がなかなか刺さりません。
カッチカチやでザブングルのネタを思い出します。
山頂付近も奇岩だらけの花崗岩の山。
頑固一徹、筋肉一筋です。
58焼岳北峰2444mにこにこぷんの樫の木おじさん。
噴火活動続行中のため、ずっと怒っています。
怒りすぎていて、噴火口が黄色くなっています。
1915年に噴火して大正池ができました。
マジ切れでしょうね。
結構最近です。
火口にあるコバルトブルーの火口湖は秘密裏に付き合っている美女としておきましょうか。
美しかったです。
かこっているのでしょうね。
31雨飾山1963mおじさんと男ばっかりやんとツッコミの皆様、お待たせしました。
この山は美女です。
訪れた季節が良かったのでしょう。
布団菱の岩峰が花盛りでした。
とても美しい女性でした。
美しすぎて悪い虫がぶんぶん飛び交っていました。
モテる女は辛いですよね。
結構えげつない急登もありますので、レベルの高い美女です。
山頂から日本海が見えたときはたまげました。
100宮之浦岳1935m若いです。
フサフサです。
山頂付近までびっしり植物が生えています。
さすが世界遺産の植物垂直分布です。
いつまでも少年の心を忘れないピーターパンのように遊び心ある登山道が広がっています。
熱帯かと思ったら寒帯、泥道から白い道へ。
とにかく飽きません。
そしてシカとサルが友だちです。
水場にも事欠きません。
至る所が湧き水だらけです。
いつまでも彼が若々しくいられるためには登山マナーを守らねばなりませんね。
28燧岳2356m柴安|しばやすぐら、俎|まないたぐら、ミブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳の5つのピークがあるゴツゴツ兄さん。
東北以北の最高峰と登ってから知りました。
お見それしました。
尾瀬沼尾瀬ヶ原を眼下に見せるデートはさすがです。
なかなか遊んでいます。
しかも頂上までの急登はスリル満唐ナす。
女心を分かっています。
29至仏山2228m久しぶりに鉄壁の女を見ました。
蛇紋岩と湧き水でガードめっちゃ固いです。
おかげでツルッツル滑ります。
嫌がらせかという程、水がジャブジャブ流れていました。
人見知りなんでしょうね。
昔は素晴らしいお花畑が広がっていたそうですが、登山道が荒れて植生保護のため山の鼻山頂は一通です。
44筑波山女体山877mフル装備で行って、肩すかしを食らいました。
山頂に自動販売機と食堂。
しかし、この山は侮れない。
周りに高い山がないので、関東平野が一望できます。
そして奇岩巡りがなかなか面白い。
昔の人にとっては粋諱B
古来から垂ニして崇められていた。
私にとっては気軽に遊びに行ける友だちイメージ。
30谷川岳オキの耳1977mオキの耳とトマの耳の双耳峰。
キティーちゃんです。
ニャーン。
ある一定の年齢の人たちはこの山で起きた遭難事故が記憶に新しく魔の山として恐れています。
が、耳二つなのでニャーンです。
一倉沢大絶壁を登る人たちはすごいなぁ。
いやしかし、西黒尾根日本三大急登はなかなかに手強かったですよ。
登山口スタービーしょっぱなから立っていましたね。
でも山の男たちはこう言うんでしょうね、きっと。
あれは寝てますねおわりにここまで読んだ人はどれぐらいいるのだろうか。
かなりマニアックな話をさせてもらいました。
スッキリ。
こうやって人に喩えると忘れないものです。
人それぞれにイメージは違うと思います。
違っていいと思います。
季節によっても違うでしょね。
少しでも山好きが増えてくれれば嬉しい所存です。
ありがとうございました。
巴投げ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qsiw1z23tc
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qsiw1z23tc/index1_0.rdf