スペインバル初体験

June 17 [Fri], 2011, 0:07
今日は中学高校時代の友人とプチ同窓会ってことで東京駅でお茶飲み会をしました。ワインが飲めない私ですが、スペインバルでタパスをいろいろ注文してちょこっとずいろんなものを食べて飲みたい、という無茶な注文をしたのでスペインバルはワインが定番だから大丈夫かと心配してくれた友人の忠告も無視してわがままを敢行ワインだめでもサングリアがあれば大丈夫、と強気に出て今回は私のわがままを通してもらって行ってきました、。という京葉線東京駅改札からすぐの建物の二階にあるお店です。入口では、豚さんのお人形が歓迎してくれました。持って帰りたいぶさかわいい人形です。みんなが心配してくれた通り、お店のお酒はカクテルとワイン。私が飲める焼酎やウイスキーという選択肢はなかったけれど、サングリアが白ワインベースと赤ワインベースから選べて、私は白ワインのサングリアを飲んだことが無かったので白ワインベースのサングリアを注文しました。さっぱりしてて美味しかったですでもサングリアは赤の方が好きかも。また行くチャンスがあれば今度は赤にしようかな入店時は3人で、とりあえずちょこっとタパスを注文して乾杯。その後4人になって乾杯し、5人になってまたまた乾杯。でも、お店に居た3時間の間、結局私はいも通り最初の一杯サングリア白をちびちび飲み続けます。タパスはいろんな種類があって、適当に注文したいのを見けた人が注文してみんなでシェアして食べました。そしてスペインといえば、パエリアいろんな種類のパエリアが合ったので何がおススメかをお店の人に聞いたら魚介のパエリアとかオマールエビのパエリアを薦めてくれました。でも、魚介のパエリアじゃあ普通すぎる、という私のわがままで、バレンシア風パエリア鶏うさぎかたむり野菜たっぷりのパエリアを選択。皆さん、ごめんなさいでしたたぶんあの場面の選択は、魚介が正解だったんだと思いますです、はい。バレンシア風も美味しかったのですが、うさぎやエスカルゴという珍しい素材を試したい好奇心は満足したものの、たぶんお味は魚介のほうがおいしかったはずです。ごめんなさい。デザートまでしっかり食べて大満足な一夜でした。しゃべり足りなくて、バルを出た後コーヒーで閉店間際まで別の店で話しこんでたし。それにしても、かれこれ20年来の友人たち。20年前と変わらないペースで会話が盛り上がるのがとっても安心。時間は流れても、集えば20年前に戻るような感覚で、不思議な安心感があります。いまでも大切にしていきたい縁です。50年後、60年後もこうしてみんなで会って女子高生に時間を戻したいなぁ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qs6afsor52
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qs6afsor52/index1_0.rdf