FXの為替取引はリスクが高いのか?

June 11 [Tue], 2013, 10:23
一般的にFXで為替取引をするのは、ハイリスクハイリターンだと言われています。


そのため、レバレッジ規制でレバレッジが規制されることにもなりました。


ですが、本当にFXはハイリスクなのでしょうか。


それは、それぞれの方の取引の仕方にもよるということになります。


レバレッジ25倍までの取引ができるからといって、レバレッジいっぱいいっぱいで取引をする方というのはそれほどいないのではないでしょうか。


レバレッジの上限は決まっていますが、その上限までレバレッジをかける必要はまったくないのです。



レバレッジの倍率は、自分で調節することが可能です。


80円のドル円1万通貨を80万円で取引すれば、レバレッジは1倍ということになり、その倍率は外貨貯金となんら変わりません。


外貨貯金は、長期間もっておけばそのうちに値が戻ってくると放置している方も多いですが、そういう長い時間をかけてもいい為替取引なら負けることは考えられません。


外貨貯金よりコストが低い分、FXの方が有利ということもできます。


レバレッジは、だいたい1倍から2倍なら安心であると言われています。


もっと利益を追求したいという方は、それなりにレバレッジを上げていけばよいだけです。


利益を求める分、リスクが大きくなるのは仕方がないことです。


私の理想は、レバレッジ5倍から7倍です。


80%の確率で勝てると思えるなら、それ以上で取引することもありますが、かなり精神的にキツイものがあります。


FXでハイリスクな取引をするか、ローリスクな取引をするかは、まったくそれぞれの考え方一つだと思います。




必見!ビジネスローン☆大辞典!
http://www.casacards.org
様々なローン。知っておくと便利な情報をまとめたサイトです


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qrjgf
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/qrjgf/index1_0.rdf