雄性ホルモンが非常に大きく関わり

June 21 [Fri], 2013, 9:36
花粉症の緒症状(鼻水、酷い鼻づまり、クシャミなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、そのために睡眠不足の状態に陥り、次の日起きてからの業務の遂行に芳しくないダメージを及ぼすこともあります。
男性だけにある前立腺という臓器はその生育や活動にアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても深く関わっており、前立腺にできてしまったがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)に刺激されて大きくなります。
春に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサなどの草木の花粉が原因物質となって、クシャミ・目の痒み・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を示す病気なのです。
今、若い世代で結核菌に立ち向かう免疫を保有しない人達が増加していることや、早合点のために診断が遅れることなどに縁るアウトブレイクや院内感染が増えていると言われています。
30〜39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学用語では「早発閉経(early menopause)」という病気のことを指します(我が国の場合40才未満の女性が閉経してしまうケースを「早期閉経(premature menopause)」と称します)。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を悪くしたり変異を誘引する害のある物質を身体の中で解毒し、肝臓の能力を強める特徴が確認されているのです。
臓器である前立腺はその成長や活動に雄性ホルモンが非常に大きく関わり、前立腺に出現してしまった癌も同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)によって肥大化します。


こちらもチェック→
頚性神経筋症候群ナビゲーター
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すん
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qqwsq/index1_0.rdf