チームバチスタの壁紙配信
2008.02.13 [Wed] 13:26

皇室ってどんな所?と興味のある方、ドラマ用に作られた世界ではありますが、摩訶不思議で豪華な世界を垣間見ることができます。一方で、現代的かつ現実的な高校生活が描かれており、この2つの世界を行き来するだけでも結構楽しめます。 皇太子妃のチェギョンは、無鉄砲で明朗快活な高校生。でも、ただものではなかった。最初は、大丈夫なのこの子?と思う言動が目につきますが、自分の気持ちに正直にストレートな感情をぶつけるチェギョンに、周りの人々が変わり始めます。 シン、ユル、チェギョンの心の動きが丁寧に描かれており、テレビの公式インタビュー以降は、せつなくて胸がキュンとなる場面満載です。特に、チェギョンがユル君に2500万年後の話をするシーンは涙が止まりませんでした。このシーンを始めとして、良くぞ言った!思うセリフが多く、今までの韓国ドラマと一味違う爽快感が味わえます。
 

少女暴行事件など日米間での問題!
2008.02.13 [Wed] 13:19

はじめてユン・ウネを見たのは「ぶどう畑のあの男」でした。 韓流なんて……と若干馬鹿にしながら実家の母に見せられたところ、 すっかりおもしろさにはまってしまい、オ・マンソク演じるチャン・テッキに 魅了されたのです。 引き続いてマンソクさん出演の「恋するハイエナ」を見たのですが、 おもしろく見たものの「ぶどう畑」ほどの楽しさを感じることはありませんでした。 昨日、再び実家に帰省し、母にすすめられ本作を一気に見ました。 これが再びストライクで、孤独で愛すべきシン皇太子に魅了されてしまいました。 そこで思ったのです。 「ぶどう畑」のチャン・テッキに魅了され、 本作「宮」のシン皇太子に魅了されたのは、 なにより両作のヒロイン、ユン・ウネのはじける喜怒哀楽に、 心をすっかり寄せてしまっていたからなんですね。 これまでの韓流ドラマのヒロインたちが抱えるどこか物憂げな表情を蹴散らす、 はじける喜怒哀楽、それをみごとに表現する百面相のような魅力的な表情、 おもわずふきだしてしまうコミカルな動き、そのどれもが、 「韓流」の枠にとらわれない女優ユン・ウネの最大の魅力であり、 それがいかんなく楽しめる作品だと思います。 チュ・ジフンの新作のニュースは聞きましたが 次は彼女の新作に大いに期待します。 韓流なんて、と思わずぜひ楽しんでみてください。
 

ウッーウッーウマウマ(゜∀゜)の動画配信!
2008.02.13 [Wed] 13:15

ああ…かわいい… 何でこんなにかわいらしいんだ…w うっとりです。 ぁぁぁああああ!待ち遠しい!! 発送は4月ごろですか? はぁ…金でも稼いで待っときますよ  そこのあなた!!このミクがかわいいと思ったら即予約を! 「予約しときゃよかった…orz」 てなことにならない前にね。 文句なんてつけようがありません。 サンプル画像でその魅力は充分伝わってきました。 欲しいならとにかく予約。これは後悔してからじゃ遅い商品です。 今でさえオークションで七千円とか出ているのに発売したらオークションで一万超えてきますよ。 たしかに三千円は高いですが、商品のクオリティに充分釣り合っているかと。 良心的な値段だと思います。
 

嵐のアイドルマニア
2008.02.13 [Wed] 13:13

他の方も書いているのですが、ほとんどAの嵐なのです。 相葉ちゃんが大活躍です。 面白い人だなと思っていたけど、すごいテンションで、大したことないことでも盛り上げてしまうのはすっごいなぁと感心しちゃいます。 松潤君は大野君と「できる?できない?」の実験で活躍します。 翔君は相葉ちゃんと折り紙の船で荒川を下ります・・・。 私はなんだかこの折り紙の船に感動してしまいました。 この実験は、またやってみてほしいなぁ。 こう書いてみるとにの君はあんまり活躍していないDVDかもしれない・・そこがちょこっと寂しかったので☆4つでお願いします! にの君はVol.2の方が「逆回転」があるので出番が多いです。
 

崇礼門が放火された?!国民の反応は?
2008.02.13 [Wed] 13:10

翻訳がひどすぎます。 ひどいというより、間違っているし、 第一、意味が変わってるシーンも多々あり。 このドラマが好きだったので、 LalaTVや、ShowTimeなど、色んな訳をみてきましたが、 このDVDは、翻訳になっていません。 ネット翻訳を、ほぼそのまま載せたのでは? くらいの酷さ。 めちゃめちゃはしょってるし。 「王子とこじき」という童話をモチーフにして 話をしているのに、 「貧乏人は貧乏人のまま」ってそりゃないでしょう。 シンがユルに嫉妬して 「お前には俺がいればいい」って言ってるシーンも なぜか「彼がいればいい」に。 彼って誰? 本当にひどいです。