薬効あるハーブを酒精

February 09 [Thu], 2012, 18:33
装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新商品、季節限定商品が市場で注目されることも多い。女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。
香水は付けた人間の体臭と混ざり合って香りを演出するので、液体の香りそのものからは身に付けた際の香りを知ることはできない。肌の酸性度(pH - ペーハー)、水分量、皮脂量が各人異なるうえ、皮膚を構成するタンパク質の末端のアミノ酸の違いで飛ばされる香料と残される香料に個人差がある。
女人禁制(にょにんきんせい)とは、女性に対して社寺や霊場、祭場などへの立入りを禁じ、男性主体の修行や参拝に限定する事。
女性の月経に関係する特定の期間を忌みとする一時的な女人禁制と、女性を男性と区別して恒常的に立入りを禁ずる永続的な女人禁制がある。
http://d.hatena.ne.jp/d93jol/
女人禁制とは反対に、男性の立入りを禁じる事を便宜上男子禁制(だんしきんせい)と呼ぶことがある。
また、香りは時間がたつにつれて変化する。
紀元前1850年頃に香水を製造していたという最古の工場跡地はギリシアで発掘された[2] 。
アルコールに溶かす香水が作られるようになったのは、高度な科学が栄えたイスラーム社会(イスラーム黄金時代)の蒸留法が、十字軍の侵略によりヨーロッパに伝えられてからである。(当時西洋文化の中心はアラビアとその周辺地域であり、ヨーロッパの科学・医学はアラビアの知識をベースに発展した。)それまで香りは、油脂に香りを吸着させた香油・香膏やポマードの形で使用されていた。蒸留技術はヨーロッパでさらに進化し、薬効あるハーブを酒精と一緒に蒸留したラベンダー水やローズマリー水(ハンガリーウォーター)などの薬用酒が内服薬・外用薬として利用された。
特に、霊山における入山規制の結界を「女人結界」と言い、その境界には女人境界石が建てられていた。しかし、信仰心の篤い女性信者のために、結界の外に女性が念仏に励む場所として女人堂が建てられた。また、女性の参拝・修行を許可した場所を「女人高野」という。
http://maracine.be/item/
明治時代以降、多くの山の女人結界が解除された。また近年、女性の社会進出と共に「女人解禁」が議論され、解禁された場所もある。現在も女人禁制の伝統を守っているのは極一部である。
これらがアルコールベースの香水の最初であるといわれ、最初は薬として、のちに香水として使われた。ルネサンス期のイタリアで蒸留技術・香水文化は隆盛し、ヨーロッパ各地に広まっていった。
香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート、大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートという。変化のしかたや早さは、濃度や商品によってさまざまである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qpmkz
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qpmkz/index1_0.rdf