まだ発掘は行われておりません。

2007年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
新説「ティラノサウルスは殺し屋ではなく掃除屋」 / 2007年06月02日(土)
 見上げるように大きなティラノサウルス・レックスはこれまで長い間、野蛮な殺し屋と考えられてきた。しかしロンドンの自然史博物館で8月1日(現地時間)から開催の『ティラノサウルス・レックス殺し屋説の疑問』展は、この巨大な肉食動物が腐りかけた死骸を食べて生きる動作の鈍い暴れ者だったかもれしないという説を提起している。

 「疑問の余地なく清掃動物だったと私は考えている」と古生物学者のジャック・ホーナー氏は述べる。同氏は、映画『ジュラシック・パーク』でサム・ニールが演じた古生物学者、アラン・グラント博士のモデルとなった人物だ。

 ホーナー氏によれば、図体の大きいティラノサウルス・レックスは、動作が遅く、腕は小さく、視力は弱く、動いているものを捕獲できる条件ではなかったという。これに対して嗅覚を司る脳の部分は非常に大きく、また顎が巨大なのは肉を噛み切るためではなく、ハゲタカと同じく骨を砕くためだというわけだ。

 展覧会のオープニングを前に、ホーナー氏は「すべての特徴が、この恐竜が死肉を食べて生きていたことを示している」と語った。

 一方、ティラノサウルス・レックスは体の構造からみて、早く走ったり、長距離を走ったりはできなかったという点ではホーナー氏に同意するものの、動きの遅い獲物を捕えて殺すことは可能だったと考える研究者もいる。しかし、ティラノサウルスが走っている最中に転ぶと、致命的になる危険があることを示唆する研究もある。
 
   
Posted at 14:30 / 恐竜ニュース / この記事のURL
コメント(0)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:☆QPD☆
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1981年6月26日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-恐竜・古生物・UMA
    ・アート
    ・コレクション-恐竜・古生物・UMA
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
 Powered by yaplog!