婚活パーティーで「海ゆかば」、家庭守るためDVも我慢?

April 28 [Fri], 2017, 22:14


婚活パーティーで「海ゆかば」、家庭守るためDVも我慢?

増加する“右派女性”のホンネは




●DVは我慢すべき?

 思想が同じでも割り切れないこともある。

冒頭の白須さんは日本会議東京中央支部の副支部長だが、

最近、「女性蔑視」の発言が気になって仕方ない。

「多少のDVは我慢すべき、左翼の弁護士なんかに相談するとすぐにシェルターに

連れていかれて離婚させられてしまうから絶対にダメだ、なんて言うんですよ。

さすがにこれはひどい」

 祖父母や親子など“たての家族”を重視する日本会議では、

離婚は悪になってしまうからだ。

白須さんは、保守だからできる女性問題解決のやり方を

今後は模索していきたいという。(編集部・竹下郁子)


本文より抜粋




根本的に思いやりの欠けた思想は


人を追い詰める。


この世界は全ての命の貯めに在る

April 22 [Sat], 2017, 23:59

















網走 能取湖にり潮干狩り に行った。


写真は 干潮時刻の二時間前なので


まだ  水がある。


はじめてだったのでどんなものかと まずみて見たが



やる気の無かった 4番目が  水に入るということで パパ(彼)の長靴を履いた。




なので急遽 もう一人分の長靴が必要になり 網走市で長靴を調達。



全道的に 気温が低くて 雪が降る天気だったので 




凍えながらがんばって一時間   あさりを捕獲。




水は どんどん引いていくが  寒くて  あきらめた。



それでも  地元の人なのか  他にも採りに来てる人は いた。
    




自然に満ち溢れた場所で  すばらしかった。




解禁されて   まだ  日が浅いせいか  人が来た痕跡が少なくて




よくある  プラスチックのゴミも無く  きれいだった。



アオサギが  5,6羽で  やはり湖の中で 何か餌をついばんでて



その場所は 邪魔しないように  よけた。



また今度 行こうと思うが  5番目(小6)は 




車に乗ってる時間が長くて(3時間ちょっと)



往復  400キロ超えの移動なのだが   



飽き飽きしてしまい 「もう行かない」 と言っていた。



(=ω=.)








April 22 [Sat], 2017, 6:57


雪 降ってる。


今年も いつまでも 寒い。


森友問題

April 21 [Fri], 2017, 22:33


森友問題




勃発から2カ月 「森友学園」はこうして生まれた 安倍政治の「教育」の“根源”に迫る!






日本の「我が闘争」ドイツ新聞、 中国、シンガポール、ロシアで記事に

April 21 [Fri], 2017, 17:29


日本の「我が闘争」ドイツ新聞、 中国、シンガポール、ロシアで記事に


ヒトラーの自伝『我が闘争』が、「教育勅語」と共に教室に戻る。



日本は、ここ数年の間に、たくさんの武装兵器を隠している。



私は、まもなく世界は日本の動きに敏感になるに違いないと確信している


本文中より抜粋




昔    彼が自衛隊に居たころ 既に   公にはされないが



かなりの軍装備がなされていたというのを聞いた。



北海道なので   ロシアが近いし  終戦後にロシア軍が北方領土に進行して



平和的に占拠したという話は 知っている。  



やはり 地元なので 元島民の人の



写真など(ちょっとの間  平和的に ロシア軍の人たちと共存していた島の様子の写真)もあり



そういう背景があるからか



北海道の軍の配備は  極秘に実は 真剣にされているという。



それが  全国的にさらに  進められてきているなら 



自衛隊という「ちょっと平和的な響き」の軍ではなくて



実情は アメリカ並みの 軍を想像してもいいのでは と思う。



ただやはり教育的に  軍国主義というか  そういう教えは受けていないから



職業として みんな自衛隊に入るから 意識的に昔の軍人とは違う。



でも 入るとやはり  そういう教育を受けるし



そういう思想は  学ぶ。  



でも  やはり「職業として」であることが  救いなのだと思う。 



小さいころからの教育というのは やりかたによって



ある意味 洗脳 が可能になることだと思う。



だからこそ  軍国主義のようなものを基本として 教育現場に入れていくことは



人格形成にもある程度の偏りをもたらすのではないのか と思う。



だから  私は  いやだ と感じる。
 


偏った 思考の植え付けは  その人の人生そのものを左右してしまうと思う。



今は 食べ物に混入された化学物質で脳の細胞組成が変化してしまい


自閉症スペクトラム という特性を持つ人が多い。



自身の子供たちもそうだが 



彼らは思考が論理的で 機能的。



情緒は無く  損得計算がすばやく利益を尊重する。



無駄が 嫌いだ。




主観的で 一般的に昔から言われてるような 「共感性」が無いので



他人の痛みの認識が  できない。



人の気持ちがわからないので とても表面的。



うちのこの例でいうと赤ちゃんが泣いていると かわいい としか感じなくて



どうしてないているのか なんていう気持ちにはならない。




以前も書いたが  5番目が友達と自転車で遊びに出かけて



余所見をしていて 電柱にぶつかり自転車ごと転んだことがあった。



そのとき周りの子供たちは  表面的にしか捉えないので  爆笑した。



一昔前であれば  一瞬でぶつかったときの衝撃と痛みが共感されるので



大丈夫かと  心配して助けてくれたものだ。



表面的にしか物事が感じ取れないということはこういうことだ。



今の世の中  共感性が無いために起きる事件やトラブルはハンパ無く多い。  



もっとASDの特性が強くなると 深い思考が出来なくて  物事を総合的に把握できなくなる。



つまりは原因と結果のつながりの認識が ちょー  狭い視野でしか捉えれない。



点、点でしかものごとをとらえられないので  同じ間違いを繰りかえしやすく



それぞれの問題を つなげて根本原因は何かを  自分で見つけることも出来ない。



総合的に  いろいろな視点からさまざまな角度からのものの見方が出来ない。


さらに  人との会話で  言葉の裏側の余韻 というか 思惑が読めない。


なので すぐに 言葉を 「鵜呑みのする」ということが起きてしまう。


こういう人間が増えている今  小さいころからの教育の影響は深刻だ。



阿部夫妻の考えの浅さは  この状態でもあると 私は感じている。



ツイッターを読んでいても  考えの浅い人ほど  人に絡んでいるし



短絡思考を感じる。



ブログのコメントもそうだが   読んでいるようで 「読めていない」人もいる。




本当に今が  分岐点だと思う。




世界の中の日本が理解できないなら  日本は  北朝鮮化していくと 思う。



阿部夫妻のような人物が  頂点にいることは   どこかで人任せにしていた



国民すべての責任だ。


生き方自体を 国のためにささげる みたいな洗脳は  人権を侵すものと



思う。



戦争は   何も生まない。 



一部の人間には利益なのだろうが そんなことの果てに本当に幸福になれるとでも



思っているのだろうか。




どうしたって 人が人を殺すことは 許されないし 人が人を支配することは罪だ。



  

手作り化粧水

April 20 [Thu], 2017, 9:38








化粧水は 草を煮出して その汁を使っている。



今回は  昨年採取して乾燥さてあった


ヨモギ   レッドクローバー  ローマンカモミールを煮出して


それだけだと くさいといわれるので


今はベレダのハーブオイルを加えて  いいにおい にしている。



市販の化粧品は 化学薬品過ぎるので  使えない。



皮膚から吸収されて  口から食べたときと同じ症状を招くので  無理だ。



現代は  かなり若いうちから皮膚にファンデをつけたりするが



どんなものでも 化学薬品は使われているので



今の子達が20年たったとき  やばいんじゃないのか と思う。



ひとは知恵を持たないほうが良かったのに と思う。



産業革命も 電気の発明も  その他全ての科学への探究心も持たず



何もかも  選ばない道を選び



「便利」という「怠惰」をえらばず  欲に飲まれず 



その代わり高い精神性を追い求めて   



太陽の光とともに 生きることを選べば   良かったのに。



ミレーの晩鐘のように  感謝をし慈しみ 祈り 生きることが至高だと思う。







子供の自主学習としてグミを作った

April 20 [Thu], 2017, 9:29








小学生の子供の



家庭での自主学習として  グミを手つくりした。



宿題の他に各自で 自主学習をするということなのだが



自分で好きなことをやっていいというものだ。



それを 家庭学習のノートにまとめて 宿題と一緒に 毎日先生に提出する。



前日には  文の視写をした。



各個人のそれぞれやりたいことをさせるという  やる気尊重方式なので



ほんとーーに  何でもいい。



プラモが好きな子は プラモを作ってそのことをノートにまとめて 書く。



歴史が好きなら ひたすらそのことを調べてまとめる。



とにかく  いやなことを強制するのは ちょっと(宿題のプリント1枚のみ)で



好きなことをしてもらい  学校へ出てくる意欲もそがない様にしてる。



という教育方針の小学校だ。



ただ 自分的に  これで世の中全てイケルと思われては困るし



まず中学校は  こんな調子では 行かない。



親として 教えられることは教える。



うちは 二人とも(彼と私)心(魂)を育てるということに  重点を置いている。 



それには  教育勅語を 暗誦することだとか



強制的にお手伝いをさせて しなければ罰を与えるとか



そういうことではないと思っている。



何らかのこちらかの強い要求は   やればいい  という気持ちを起こさせることもあるので



そこをいつも注意する。



子供の様子を見ていて  私には  何を思っているのかは わかるので



やればいい  という態度が表面化すれば  厳しく注意する。



物事に対しての  思いは いつも重要なので  どういう気持ちで物事に当たるのか



ということを  話す。



所作  ということだ。(身・口・意の三業(さんごう)が発動することの意で)



基本は  思いやり、 愛。



ひとのために文字通り



はたらく(お金と引き換える労働力の提供のことではない)こと



が重要だと思う。


何度も書いているが はたらく とは  お金を得るための労働力の提供ではない。



そういう自分のためだけの事ではない。


はた傍  他  外 であり


らく楽  である。


つまり自分が動くことで 自分の周りの人たちや 全てのことを助ける、楽にする という


自己犠牲、 献身の 思いやりが素の行動である。



それが出来る人間になるために  知識も技術も必要なので



勉強が必要なのだと教えている。



そして 学ぶ姿勢だ。(心構え)



学ばせていただくという謙虚さと



「自分は 知らないということを知っている」



「己の馬鹿さ加減の自覚」は  向上するために大切だと思う。  



全ては  修行であり  怠惰にならず少しでも向上することが目標かな。



お経を唱えるとかはないけれど  ほぼ修行僧的  精神修行を説いているかなとは思う。



欲についても  怠惰についても さまざまな鬼についても



自分の内側(魂)がちゃんと成らなければ  どうにもならないということを説いているので



「うちは  ふつうの家ではない。  外れてる」 ということは



自覚しているし話している。




でも  うちの 子に生まれてよかった と 言ってもらえると
(5番目 日に一度はママが好きと歌う)



複雑な気持ちもある。


















豚肉のやまわさび醤油焼き

April 20 [Thu], 2017, 9:28





彼のお弁当用


山わさびをきざんで醤油に漬けていたもので


豚肉を焼いた。


弁当箱に詰めたごはんに乗せて盛り付けて終わり。



















間 には 魔が入り込む。

April 19 [Wed], 2017, 13:07




ずっと書いてきているが


世界(見えない神仏の世界。 その名にかかわらず 区別はない)は  


「愛」で出来てている。


「愛」といっても人が思うような 「すきすき」 「愛してる



ではなくて  「思いやり」という「愛」だ。



自然が恵みとしてもたらしてくれるもの  


世界の廻る全ては  相手のための自分の存在という思いやりであり


慈しみである。  


無欲無心であり  存在すること自体に感謝がある。


だから  自分を差し出すことは厭わない。


なぜなら  自分の存在は 相手があるからこそ成り立つものであり


相手が成り立つのもまた  自分の存在があるからこそ なのだ。


人以外のものはすべて  無意識に理解している。


だからこそ 在るがままで全うできるのだ。



人が思う愛は  「すきすき」  「アイシテル」 



「あなたのためなら何でもするわ」で  



我欲から沸き起こるものでしかない。



金とモノと容姿やその他の要素で  利益を見越す愛し方は



人限定の愛であり  本来は 愛とは呼べない。



魂の伴侶、 簡単に言うところの赤い糸の相手は  この利益以外のことをもたらす存在だ。



ただし  人としての在り方が悪ければ   出会ってもお互い傷つけあい



うまくいかなくて別れてしまうこともある。



具体的には やはり  思いやりが欠けているとか 感謝できないとか



そういうことが一番大きく響くと思う。



魂の眼を曇らせない生き方をしていれば  出会えるはずだが



私自身の転生で言うと  過去の世で せっかく出会えた彼を 自分の弱さで裏切ったことがあり 



そのせいで自分の魂も裏切ったということになり相当辛い人生を終えた。



これは  重い間違いだったようで



その次の転生は  彼に出会わない人生を 送った。



彼に出会わない人生は  自分の魂を見つめなおす 試練の人生だったと思う。 



ソレを経ての 今の転生だからからこそ  幼いころから自分の中には



良心(魂)が強く  在ったのだと思う。



小さいころから  「自分に嘘をつかない」とか(小学校時代)  



「この世を去る最後のときに  良い人生だったと心底思えるような生き方をする」とか
(中学生)



「絶対に後悔をする生き方はしない」とか
(高校生から。大人になっても)  



誓いのように 心の中に在った。 



世界の思いやりの流れの中で生きるためには 運命の相手は 重要だ。



魂のつながりのある相手なので  お互いを守りあうことも助け合うことも



見えない部分から完璧に補い合える。




陰陽対極図のように 二人(陰陽)が合わさり きれいな円を作る。



陰陽は互いに結びつき変化をもたらす。



私と彼は 煩悩が無い二人なので   すきすきみたいなものは存在しないが



人の言うところの  「大切にしたい」という 気持ちかもしれない。



でも  特別ではなくて  皆と同じく平等という感じも強い。



けれど  どちらが先に死んでも残された片方は



その後の人生は 喪に服して  自分の人生を全うする。



また誰かと再婚なんていうことにはなれない。



魂の伴侶は 世界でひとりだけしかいない。



彼が言には  


「自分が死んでからも(肉体がこの世から消えても)守ることは出来る 」



そうだ。



大震災のときの  不思議な話で



震災の起きる1ヶ月前に 地震がおきる時刻で時計が止まって  震災のときに



亡くなった奥さんが 「 時間ですよ 」 と寝ていた自分の所に来て 



起こされて 導かれて助かった人の話を読んだ。 



死んでからも守れるというのは そういうことなのだと思う。



震災のエピソードには  この世の真理が 視えると思う。



けれど生きてる人間は   避難した人を差別的に見たり



いじめたりしている人も居る。



根本的に  愛(思いやり)が足りない。



有事の際の避難民を選別するという阿部首相の発言は  人間性というか



人としてのあり方を疑うような   しょうもなさだ。



世界が 思いやりという愛で出来ている中に在って



我欲から 思いやりが欠けると そこに隙間が出来る。



愛の中(世界)に在りながら 我慾を強く持っていると  



はじかれるというか



孤立というか 眼には見えないが  世界の流れから外れてしまい
(魂があるのに神仏とのアクセスできない状態)



隙間が出来てしまう。  



その隙間に 魔が入り込む。



魔が入り込むと余計に  見えるはずのものが視えないし



我慾はさらに強くなる。



一時的に  「欲」から出てくる願いは 叶えられるだろう。



だが  ただではない。



ソレと引き換えになるものが  見える部分と視えない部分から奪われていく。



食われる とでもいうほうがあっているだろうか。



つまりは あらゆる「苦痛」が来るのだ。



私は それが一番 「不幸」というものだと思う。













 












 

安倍首相の避難民対応答弁に不快感=「自制必要」と韓国政府

April 18 [Tue], 2017, 20:16


安倍首相の避難民対応答弁に不快感=「自制必要」と韓国政府

時事通信 4/18(火) 18:48配信



国民が思ってる以上に  世界は アベを 「やばいやつ」と思ってる。






2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
★まいぷろふ★
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:たまま
  • 性別:女性
  • 誕生日:3月25日
  • 血液型:A型
  • 現住所:北海道
読者になる
出てくる人

私  ちょー凡人
      化学物質過敏症になり
      普通の生活から離脱

彼 数千年来 
      一緒に転生を
      繰り返してる
      魂の伴侶 
      霊力が高い
      いろいろ
       お世話に
なってます

長男  魂の基本が 
      お坊さん
つか 常に
精神修行してる人 
今の人生での
      テーマも
       高い・・。
      20歳の時に
       発達障害を発見
       ASD
             
次男25歳 
       ASD障害 
  子育ての能力が
       欠落しているが
       何とか やっている
        様子。
       嫁は失踪から戻り
          モトサヤ
     
長女(3番目) 
     ッ霊感少女から堕落
      ASD障害とわかる
      注意欠損はあるが 
      いろいろゆっくり
       成長している。 
      化学物質過敏症
      普通の生活が難しい。
             
たっくん(4番目)
      ASD障害
      高校中退
      今はニート
      一番  素直に
       生きてるかも
せつな(男) 11歳小5
       定型発達だが 
       化学物質過敏症を
       小2で発症
       いろいろな苦労が
        あるが
       メンタルの弱さが 
        心配
      苦労を味わって
         生きている。          

   
         

  
  
http://yaplog.jp/qpchan7/index1_0.rdf
★wwコメントありがとうww★
ただの一般人
» 人の世の理(ことわり)が 正しいとは限らない (2017年03月20日)
みみ
» ASD障害がある ということ (2017年03月19日)
ちこ
» &ROSY (2016年09月26日)
ちこ
» カボチャのポタージュ (2016年09月21日)
ちこ
» 生薬と共に (2016年09月07日)
風@遊
» 春っぽい 雲 (2016年03月03日)
dr.tonton
» 現代語訳「般若心経」 (2015年01月04日)
こうこく
http://www.baikohken.com/
★Yapme!のみなさま★
読者になる
★つきべつあーかいぶ★