美白を目指すには、まずはシミ対策です

March 11 [Tue], 2014, 22:02
若い頃にそこまで美白に注意していないと、年齢を重ねてきてから後悔することがあります。
中でも気になるのが、肌に発生してしまったシミです。
美白を目指すには、古い角質層によるくすみと、肌にあるシミをなくすことが重要です。
シミには、「肝斑(かんぱん)」「雀卵斑(じゃくらんはん)」「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」という種類があります。
肝斑は30代から40代によく出来るシミで、特に妊娠中にできやすいと言われています。
顔の左右に対称にできる特徴があります。
老人性色素斑は、名前とは異なり、早い人は30代で現れてきます。
長時間紫外線に晒され、メラニンが過剰に作られることで出来るものです。
紫外線を浴びていた時期から5年以上経ってから発生することもあり、また、若いときに紫外線をたくさん浴びていた人ほど出来やすいとされています。
雀卵斑はいわゆる「そばかす」を指し、子供のころから現れます。
こちらは外的要因というより、むしろ遺伝的要素が強いものです。
これらのシミを消すための手段は、大きく分けると3つあります。
ひとつが、レーザー治療に代表される医学的方法。
もうひとつが、美白成分が含まれるスキンケア用品を用いる方法。
そしてもうひとつが、サプリメントや美白ジュースを摂って内側からシミを撃退する方法です。
レーザー治療はシミの種類によって効き目が変わってきますし、やはり安心できるクリニックを見つけることが大切です。
スキンケア用品は、メラニンの増加を抑え、ターンオーバーを活性化するものを選びましょう。
サプリメントは、ビタミンCやビタミンAが含まれるものがお勧めです。
肌の状態などによって、複数の方法を併用するのも良いでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qp78ezw
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qp78ezw/index1_0.rdf