「母性」を読んで

September 18 [Fri], 2015, 16:25
湊かなえさんの「母性」を読みました。
私も女性なので、そして家族関係の話はすごく関心があるので、いろいろ考えちゃいました。

これから母性を読む予定のある人はネタバレになってしまうかもしれないので、ここから先の文章は読まないでください。



湊かなえさんの作品は、本が映画化されたり、ドラマ化されたり、いろんな媒体で私たちを楽しませてくれます。
告白・夜行観覧車・白雪姫殺人事件。これらの作品も読んだり、見たりしました。
湊かなえさんの描く作品は、同じ事件や出来事を、登場人物のそれぞれの視点から描きます。
登場人物の考えや価値感が全く違うので、面白いです。湊かなえさんの頭の中には何人も人が住んでるんじゃないかって思うくらい、いろんな人の視点を持ってます。すごいです!!

今回読んだ「母性」も母の手記、娘の回想、母性についてとい3つの視点から描かれています。
「母」は「娘」を愛そうと努力し、「娘」は「母」の愛を求めていた。お互いに強く求めあっていたのですが、すれ違うのです。本当は愛のある行動だったのに、一方は拒絶されたと思い・・・ことごとくすれ違うのです。読んでいてすごくもどかしいと感じました。
こういうことって現実にも多々あります。母と娘は難しいのです。

私の母は社会人になった娘(私)の行動を制限しようとします。まぁ、社会人になる前からですが。
休日に遊びに行くにも、誰とどこで遊ぶのは告げないといけません。一人旅に行くのも大反対されました(結局いったけど)
小さい子ども、未成年なら未だしも、大人になるまで行動に口出しされるのは窮屈でしょうがないです
母親は、娘を自分の分身だと思ってる。だから、分身が一人で自由に行動していることが不安でしょうがないのでしょう。これは母性なのでしょうか??そもそも母性って何なんでしょう??

私は、自分の子どもが大人になって、行動範囲も広がったら、寂しくはありますが、たくましくなって嬉しく思うと思います。そして、自分が手助けをしなくとも社会で生きていけるように育った子どもを誇りに思うと思います。
だから、母親の過剰な干渉を理解できません。母性を読んだら理解できるかな?と思っていましたが、世の中そんなに単純じゃないですねー(笑)
ますます頭の中がごちゃごちゃです。

どうやら、今の私には理解できないことらしいです。きっと自分が母親になった時にまたと違う捉え方ができるがのでしょう。そのときにまた「母性」を開きたいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:がーな
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-「アメリ」が大好きです。
    ・読書-何でも読みます。乱読中です。
    ・スポーツ
読者になる
そろそろ夏も終わりですねでも、実りの秋が到来です!美味しい果物、野菜、スイーツが楽しみです
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qp0111kana/index1_0.rdf