篠田がクロスバンドレッドテールキャット

February 24 [Wed], 2016, 20:10
最近では、看護師は不足傾向にあります。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師として働いていない人も多くいます。このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。看護師の勤務先は、確かに病院が多いですが、他にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも看護師の活躍が期待されています。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのもいいのではないでしょうか。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、気をつけないといけません。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば特殊な仕事と認識されることが多いですが、そうは言っても、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、経営者サイドがきちんとした配慮を行うことが重要だということは言うまでもありません。昔の話ですが、かつての看護師といったら女性が担うものというイメージがありました。しかし今日では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば病院によりますが、2交代制か3交代制で夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤においては医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。一番階級が高いのは、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。階級を上げる方法ですが、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが重要でしょう。当然ですが、階級が高い程、より多くの給料を受け取れるはずです。昨今の看護師不足は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。その原因として代表的なものは、看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。看護師による医師の補助行為が認められ、仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に職を辞する人も多いのです。病院には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアのやり方も違ってきます。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながらさまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の前向きな気持ちも湧きやすいようです。昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、これは多くの病院で行われるようになっています。ちゃんと個人個人の能力について位置づけできるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。この評価は、病院により月一のこともあれば、年に一度だけ、という病院もあるようです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。私の勤め先は病院の事務です。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが皆さんいつも忙しそうです。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。けれど、私の心配とは無縁に、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、なんと子供を連れてきている看護師さんが少なくないんですよね。先生達も、歓迎している様子でしたし、温かい雰囲気でした。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。海外で看護師とし働くためには、医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。海外で看護師として活躍したいのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として現場でよく使われています。ではこのエッセンというのは何かといえば、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな時代の名残ですが、とにかく今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。あまりイメージに無いかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園もあるのです。こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は最適な職場でしょう。仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。試験内容も、それまでの学校生活で普通に勉強していた人だったら合格できますので、そこまで高難度な資格ではありません。色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、何てったって、ブランクがあったとしても心配はいらず、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人が足りていないことが深く関与しています。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は夜勤を避けられない職業の一つです。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。就職しようとしている病院がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。どのくらいの額かといいますと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。パートとしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる看護師であり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際にはクリニックや病院の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日出勤や平日休みも一般的です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。そこそこ昔のことではあるものの、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られることを、知らない人はあまりいないはずです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族が食べていけるようにできる程です。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。近年、日本においては経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人看護師候補生という方々を受け入れています。とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、もし、3年以内に受からなかった場合、帰国しなければならないと決まっています。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、次の段階、すなわち面接に進むことができます。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、看護師としての能力と同様に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり観察されることになるはずです。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。もちろん、その他のところでも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は実際とても多いのです。つまり看護師であれば、病院ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、それを活用できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。看護師として働く人は女性が大部分を占めているため、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。それから、勤務時間がばらばらであることや、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、よく知られている、二つの方法があります。それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習をすることに重きを置いているので実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そしてまた、外来勤務では嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。求められるスキルも診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。夜勤で体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意点ですが、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して給料が少なくなってしまう事があります。今の収入を減らしてでも、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:一真
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qoxbrezmlendov/index1_0.rdf