報道されない「モラハラ&dv夫の「怒り」「イライラ」を消す方法」の悲鳴 現地直撃リポート

May 01 [Fri], 2015, 12:10


ネット上で真剣な出会いを希求します。いつ何時でもOKだし、行動範囲だってオープンにせずに扱えるという文句のつけようがないポイントを有している様だからね。

会社の同僚や、服を買いに行ったデパートなどで若干挨拶を交わしたお客さん、これも一種の出会いではないでしょうねか?こういう日々の暮らしの中で、恋愛対象としての目を慌てて変えようとしている事ではないですか?

身元を証明するものが第一ステップ、成人で独身の男の人だけ、男性は安定した収入の得られる職業でないとダメなど、基準が厳しい婚活サイトは、真剣な出会いを探している方限定で確実にたむろする事になります。

結婚活動に取り組んでいるキャリアウーマンの一例を紹介すると、興味のない男性が相手の合コンからドレスコードの厳しいお見合いパーティーまで「出会いの庭」に盛んに臨んでいる様だ。

異性に対してガツガツしている私を例に挙げると、ビジネスの場から、ブラッと足を向けた小洒落たバー、咳が止まらなくて受診したクリニックの待合室まで、多様な場所で出会い、ラブラブになっているのだ。

恋愛の相談を続けるうちに、いつしか優先順位一位の男/女に発生していた恋愛感情が、語り合っている男の子/女の子に乗り移ってしまうというハプニングが生まれている。

事理明白ですが、女のサークル仲間からの恋愛の相談をササッとこなす事では、これを読んでいる人の「恋愛」に差し替えても、実に大事な事ではないでしょうねか。

「良い人が見つからないのは、私に至らない点があるのでしょうねか?」。そんな事ではありません。よくある例としては、出会いがない生活習慣を続けている人や、出会いの場所を取り損なっている人が数多いるというだけなのだ。

いつ何時も、けっこうな行動してはいるものの、そうまでしても夢見るような出会いがない、というようであれば、あなたが決断したその行動を再検討する必要があります。

恋愛をしている時の悩みという思いは、タイミングとオケージョンによっては、あまり語る事ができず、キツい荷物を擁したまま放置しがちです。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qouron/index1_0.rdf