ランドへ

December 16 [Fri], 2016, 9:04

ランドホテルを
裏口から出てみました。

おお、我々が結婚式を行った
WDWの
グランドフロリディアンに
似てますなー



うっそうとした
シャングルのような道を
歩いて戻ること10分。

先ほどのモニュメントに到着。

あれ、パークオープン時間が
近くなったら
水が出てる!!
さっきは朝早すぎて
まだ水が出てない
状態だったんですね(^_^;)
後ろの山もすごいなー。

さて、ここで日本で
予め買っておいたチケットの
引き換えコードを
プリントアウトした紙を
チケブのキャストに渡します。

私とよっぴ分の
2Daysチケットはなんなく
引換完了。

次に夫の
バウチャー付ワンデーを
引き換えようとしたら…

キャスト「これさっきのと
同じコードだよ」

は?え???
よく見ると同じコードのを
2枚プリントアウトしてた…
毎回海外でマヌケなことを
やらかす私。

ここでもやっちまったあああ

でも冷静に。
今はスマホ&Wi-Fiの時代!
普通にメールを開いて
コードをキャストに見せると
なぜかバーコード画面が
表示されないものの
手入力で数字を入れてくれ
なんとか発券。
ふう。

そして気になるデザインは

カイロ・レンきゅん!


そしてこれが
HKDLのゲートだ!
2Daysだと指紋を
登録します。

日本で言う再入園スタンプ
みたいなものなんでしょうな。






エンチャ1

December 15 [Thu], 2016, 18:49
朝早くホテルを出て
パークも素通りして
我々が向かったのは…


ディズニーランドホテル!

の中の


エンチャンテッドガーデン!


7:30からの予約なので
こんなに早く来てたんです。


日本から予約してあったので
気持ち的には余裕で
来ることができました。
※予約方法はまた後日アップします


さあ!店内に入ると
第一陣だったので
誰もいません。


雰囲気的には
クリパレに似てるなぁと
思いました。


可愛らしい飾り!


ドナデジも
すごい可愛いです。

ゲストが増える前に
店内を撮っておかねばならず
キャラが来る前に
ある程度食べ終わってないと
いけないので
席についても大忙しです








エンチャ2

December 14 [Wed], 2016, 9:15

一息つく間もなく
とりあえず料理を
とってきました


ディズニーのビュッフェで
欠かせないのはやはり
ミッキーワッフル!
アウラニでも食べたしね

それに、加えて
スターウォーズ推し
真っ最中の香港ならではの
ベイダー卿ワッフル。

黒いところに味が
あるのかと思いきや
プレーンのワッフルでした。

シロップかけてこなかったことを
激しく後悔^^;

そうこうしてるうちに
サラッとグーフィー登場!!

ほんとに静かに
そろーりと始まったw

そして噂に聞く
目線迷子…
でもこれも海外ならでは
ということでOK

ピンショのあと
一緒にも撮ってくれます。

これはかろうじて
目線合ってるかな。
日本ではピンショ→一緒に
というのは難しいので感動!


そうこうしてる内に
ミッキー登場!!!

大御所なのに(?)
席のそばで
ゆっくりしていってくれて
焦らずグリできるなんて!!
でもグリが不得手な
私達はきゃぁきゃぁ
言うことしかできず
周りの日本人客が
自分たちの席を
ぬいぐるみとかで
大量に飾り付けてるのは
話のネタのため
だったんですねー。
みんな慣れてるなぁ。



その後プルート。

クリスマスコスチュームの
帽子がかわいいー


最後、時間ギリギリ
間にあわないかと思ってた
ミニーちゃんも
ちゃんと来てくれました!

かわいいかわいい
連発してたら
ギュッて抱きしめてくれて(:_;)

ちなみにミキミニは
キャラコンの他に
専属のカメキャスさんが
ついてまわってて
その他のキャラには
キャラコンのみでした。

とにかく自由度が高く
最高の朝食でした!


早起きした甲斐が
ありましたな





ディズニーの門!

December 13 [Tue], 2016, 9:58

駅を出ると正面に
見えるのはこれです!

うおー!!!
人サマのブログでよくみる
この大門!!
ついに来たんだという
実感が一気に湧きます。


門をくぐると
長いコンコース。

こういう旗を見ると
海外パークって
感じます。

ジェラもいるー!!!



コンコースの先には
ミッキーの噴水


周りには主要キャラもいます。




デイジーが水着!!



この右手にはパークの
正門があるのですが
今はまだ
その時間ではないので
先を急ぎます。


駅からの開けた道とは
打って変わって
森の中のような道を
突っ切ってくと
また出てくる門。

こちらは裏側なので
「また来てね」になってます。

我々が向かったのは…




香港リゾートライン

December 13 [Tue], 2016, 9:33

香港二日目。
夜が明ける前にホテルを出て
ディズニーランドに
向かいます。

電車を乗り継ぎ
約30分。


香港のリゾラ的な
電車に乗ります。

日本のリゾラのように
乗っても乗らなくても
行けるものではなく
キャストもゲストも
乗らなければ行けないような
路線のもよう。
武蔵野線的な雰囲気でした。


しかし朝早すぎて
人があまりいませんw


チラホラと見えるのは
おそらく出勤中の
キャストさんたち。

駅はとっても広いですね。
舞浜駅もこれくらいの
キャパがないとダメな気がします。



改札。
香港の自動改札は
基本的にTDRのような
回転バーですが
ディズニーランド駅は
赤い板が左右に引っ込む
タイプでした。



駅を出て振り返ると
こんな駅でした。




香港家庭料理お店

December 12 [Mon], 2016, 18:56

オプショナルツアー終了後
ホテル近くに着いたのは
23時頃でした。
すでにクタクタだし
翌日も早いしで
テキトーに地元っぽい
お店で夕飯を済ますことに。


しかしここは…

ローカルにローカルを
重ねたような
広東語オンリーのお店でしたw

メニユーを見ると…


漢字ではあるものの
わかるような分からないような。
とりあえずカンで
一人一品頼んでみることに。

涼瓜爆牛肉と
金銀蛋浸時菜
もう一つは…わすれた。

そして一品目が。

涼瓜爆牛肉。
ああああああ。
ゴーヤああああ
私と夫の顔が曇ります。

でも食べてみると…
苦いwww
けどなんか美味しい!!!
全然くどくないのに
中華な味がしっかりついてて
うまく表現できませんが
とにかくおいしいのです。
日本でのゴーヤチャンプルは
食べられない私ですが
これはなんだか
食べられちゃいました。

夫は早々にギブ。
私とヨッピはパクパク。

そんなこんなで二品目の


お店の人がフィッシュと
言っていたので
頼んでみたけど
なんだこれ??
一目では味の想像がつかない。
白身魚のフリット
みたいなものと
ニラ、生姜とかと
蒸したもの…かな?
骨が多いのですが
これもかなり美味しい。
しかしいちいち量が多い。

そして最後はこれだー。

金銀蛋浸時菜。

ほうれん草?とピータンの
ゆでたもの、、、かな?

これも多すぎなければ
美味しい。

見た目ほどベチャッとは
してなくて
程よい歯ざわりが残る
ほうれん草と
ピータンをブイヨンかなにかで
茹でたものの模様。
スープメインなのか
具がメインなのか
よくわからないまま
とりあえずほうれん草を
食べまくりますw

余談ですがわたくし
生まれて初めてピータンを
食べました!

汁物の中にあるせいか
ゼリー状の食感も
あまり気にならず
においや味はほぼ
普通のゆでたまご。


これも夫は微妙なようですが
私は美味しくいただけました★

ここのお店は
綺麗なおねえさんと
おにいさんが注文を
取る係で
お母さんが料理を作る係
のようでした。
(実際の血縁関係は
知らないよ
見た目の話ね)

三人とも英語はまったく
喋れないものの
ニコニコしながら
われわれがメニューに
悩んでるのをのんびり
待っててくれたり
帰りのレジでもニコニコで
お会計してくれたり
とっても感じの良いお店でした!

今度香港に訪れたら
予めメニューを勉強して
またここで食べたいと
思えるお店でした。


※あとから調べたら
金銀蛋というのは
あひるの卵とピータンを
両方使った料理の事だそうです。

ほうれん草の上に乗ってる
白身と黄身は
あひるの卵のものって
ことですかね

100万ドルの夜景…?

December 11 [Sun], 2016, 12:57

屋根なしバスから
屋根ありバスに
乗り換えてビクトリアピークに
向かいます。

トラムに乗って移動。

乗り場は大混雑でしたが
ツアーで先に乗車券を
配られてたため
窓口に並ばずすぐに
乗せてもらえました。

トラムって要はケーブルカー。
この時も乗る側に注意!

右側に乗れば登ってる最中
車窓から夜景が見えます。
混んでて通路に人が立つと
左側に座った人は
景色を見れないよ、と
ガイドさんがおっしゃってました。

そして終点に到着。
商業ビルの中を通って
山頂へ。

これが!
100万ドルの夜景だー!

ドン


うーん。
写真が下手なだけじゃなく
肉眼でもさほど(^_^;)
ガイドさんによると
昔より電気代も
値上がりしてるので
今は130万ドルくらいの
夜景です。だそうですが

見た感想としては
60万ドルくらいですかね。

と言うか100万ドルの夜景って
かかってる経費の事だったのか

あと、これまた
ガイドさんいわく
香港はいつもモヤが
かかってるので
コレでもラッキー
よく見えるほう、とのこと。



ちなみに同じ場所の
下からの景色

途中バスで通って
見せてもらってました。

なんか中国っぽい建物が
あったので撮ってみたり。


来る途中通った商業ビルに
蝋人形館のブースが。

ブルース・リー!



あとスーベニアコインね!!

集合時間があるので
夜景は程々にして
ダッシュで作りに行きました。


もっと時間があれば
ビル内の雑多なものを売ってる
お店も覗きたかったなー。

ちゃんと見られなかったけど
なんかあやしい中国雑貨が
売ってたように思います。

下りはトラムではなく
エレベーターで数階降り
待機してたバスで
山を下ります。

それぞれのホテル付近に
送り届けてもらって
ツアー終了です。

が、この時間が一番長かった

最初のフォー・シーズンズで
おろしてもらえた人は良いけど
そこから延々1時間近く
ぐるぐる回って
我々のジョーダン駅に到着。

その時バス内はまだ
半数近い人が残ってたから
彼らはさらに時間が
かかったんだろうな。

それでもまぁホテルそばまで
ウトウトしながら
送ってもらえたのは
香港初日なので
結果オーライですかね







オープントップバスツアー1

December 10 [Sat], 2016, 12:42

ホテルを出て予約していた
オプションツアーへ向かいます。
{yaplog_local_image:43}
香港来たなら
はずせない
オープントップバスツアーです。


集合場所は
尖沙咀(チムサーチョイ)にある
インターコンチ前。
高級外車がパーキングに並んでました。
入口前に浮浪者がいる
我々のホテルとは大違いですw
{yaplog_local_image:44}
ネオン看板ではなく
クリスマスのイルミネーションが
キラキラした所でした。

この時期にきて正解だったのかも。

建物の間をネットを張って
底に電飾をほどこしたり
かなり大掛かり&凝ってます。
{yaplog_local_image:45}
そんなこんなで
バスの右側に乗り込み
ツアースタート。

12月上旬で夜の
屋根なしバスですが
Tシャツにパーカーで
調度よい気温です。


日本語ペラペラのガイドさんが
街の説明をしてくれながら
ネオン通りへ
{yaplog_local_image:46}
ここで一つ失敗に気づく。

香港は日本と同じ
左側通行なので
バスの左側に乗らなければ
ネオン下スレスレを
通るチャンスが少ない。


{yaplog_local_image:47}
でもまぁいいんですけどね。
この景色を見られただけで
かなりテンションが
上がります。

{yaplog_local_image:48}
しかしなんの看板なのか。
帰国後調べてみたら
例えばコレラ↑は
桑拿=サウナ、スパ
?拉OK=カラオケ
らしいです。



{yaplog_local_image:49}
右側席でもたまに
看板下を通ります。
これ、写真で見るよりも
もっとスレスレ感があるんです。

風でゆらゆら揺れちゃってる
看板もあったり
ガイドさんいわく
「ちょいちょい落ちる。
ついこないだもひとつ落ちた。
だから規制が厳しくなってきて
年々看板の数は減る一方」
だそうで。

こんなに独特の景色は
なくしちゃいかーん!

安全かつ派手派手
ごちゃごちゃな
設置方法でこの景観を
保ってほしいものです。




ホテル到着

December 10 [Sat], 2016, 12:24

駅を出てマックの角を曲がり
翆華レストランのネオンを
通り過ぎ


香港小食という店を曲がり
その先の角も曲がり
しばらくするとホテルに到着。

エバーグリーンホテルです。

ロビーのいかにもな装飾に
またまた興奮。

受付のスタッフは
特別愛想が良いわけではないけど
ツンツンもせず
ニュートラルな感じです。

チェックインを済ませ
エレベーターに乗ろうとすると
スタッフに「段差に気を付けて」
と言われます。

段差?
!!!!

エレベーターがナチュラルに
ズレて到着www

日本ではありえません


エレベーター内の壁の
装飾はこれまた凝ってるだけに
ギャップに笑います。

部屋に到着!

行く前のレビューでは
エキストラベッドを置くと
床がなくなり
ベッドの上を移動する事になる
というのを見かけたので
心配してましたが
ちゃんと床が見えるので
安心しました。


窓はないですが
寝るだけの部屋なので
全く気になりません。

シャワーもすぐにお湯になるし
勢いもちゃんとあるし
トイレも清潔だしで
このお値段!
(忘れたけど結構安い)
このホテルを選んで良かったー


空港からホテルへ

December 09 [Fri], 2016, 12:32

飛行機5.5時間ほどで
香港に到着。
さっそく競馬の広告が
お出迎え!

テンションが上がります!!


オクトパス(日本で言うSuica)を購入

ツーリスト用の
3日間はチャージ無しで
電車乗り放題のカードです。

空港でLineのポスターと
ブースがあったので
もしかしてスタンプもらえるのかも?
とそこにいるお姉さんに
聞いたら
滞在中、ラインで質問すれば
お勧めのレストランや
ルート案内を送りますよ
ってなことの案内でした。
日本語対応はしていなくて
英語か中国語のみとのこと。
ただし、使う前には
滞在ホテルなどの
アンケートに答える
という条件付きだそうで。

一応つながっておきつつ
使うかもしれないし
使わないかもしれないし
ということにしておきました。
(結果的に使うような
場面はなかったな)


空港からの電車に乗り


ホテルのある街へ向かいます。

路線図も色分けされてて
日本のと似てて見やすいです。

車窓から見えた
超高層ビル群に
香港に来たのを実感します。


乗り換えなど含めて
40分位かな?で
ジョーダン駅に到着。

地上へは長い階段ですが
エスカレーターがなく
大荷物の我々はちょっと苦戦。


そんなこんなで階段を上りきり
目の前に広がる景色は…

ドン!
ザ!香港です。

ギラギラガヤガヤ。
この景色、この衝撃は
忘れられません。


本当に香港にきたんだ…







P R
月別アーカイブ