冬の病気対策は看護師におかませ

February 22 [Sat], 2014, 16:22
非常に感染力が強く、大人も感染はするので、看護師が知っておきたい冬の病気といえます。
まだ妹は年齢的に若いので家族皆で驚き、どうしようかと困りました。
特に冬は空気が乾燥しているため、症状が悪化する患者さんも多いようです。
すると急性鼻炎にかかったとき、治りにくなってしまい、。慢性鼻炎をひきおこします。
カタル期が1〜2週間ほど続くと発作性のせきが出るようになります。
加湿器をつけて湿度を一定に保つことも寒暖差の予防になりますが、ただ加湿器をつけたままで眠ると、明け方に湿度が高くなり過ぎるため注意しなければなりません。
事務職をしているので、毎日何時間もコンピューターの前に座っています。
お正月に、ちょうど看護師をしている友人と会う予定があったので、娘のことを相談してみました。
糖尿病、高血圧、睡眠障害など他の疾患が原因の場合もありますが、案外多いのが水分の過剰摂取です。
例えば、子供や若者に多い、マイコプラズマ肺炎は、普通の肺炎と違い、乾いた咳が続きます。
医療機関での正しいケアで、痒みも無くなってよかったです。
これは時には命にかかわります。
寒い冬がやってくると、足腰の関節の痛みを訴えられる患者さんが増えてきます。
看護師が知っておきたい冬の病気大解析
看護師が知っておきたい冬の病気を探求するブログ
看護師が知っておきたい冬の病気なぜなに
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qogwamdb
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qogwamdb/index1_0.rdf