プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qnflezgpfwytpo
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ロンドンで自転車シェア始動、バスやタクシーと並ぶ名物目指す / 2010年07月23日(金)
ロンドン(CNN) 英ロンドンで市民や観光客が自転車を共同利用する「自転車シェアリング」が7月30日からスタートする。同じ形をした黒、銀色、青色の自転車6000台をそろえ、市内に400カ所の駐輪所を設置、通勤や観光での自転車利用を促す。

共有自転車を利用するには1日当たり1ポンド、年間で45ポンドの契約料のほか、使用時間に応じた料金がかかる。30分までは使用料無料。自転車は15年間で10万キロ近い距離を走れる設計になっているという。

ロンドンのボリス・ジョンソン市長は2000―2025年の間に市内の自転車利用を4倍に増やすという目標を打ち出しており、自転車シェアリングはこの一環となる。市当局者は「この自転車がバスやタクシーと並ぶロンドン名物になってほしい」と期待を寄せる。

自転車シェアリング開始に当たっては、パリで3年前から実施されている制度をモデルにした。パリの共有自転車はスタート時の1万台から2万5000台に増加。制度は、都心での交通事情や環境保護の観点から、ワシントンをはじめ、北京や上海、バルセロナ、モントリオールなど世界の各都市に広がっている。

米ワシントンの自転車シェアリング・コンサルタントによると、自転車シェアリングが初めて登場したのはアムステルダムで、1965年に遡る。当時は街角に乗り捨てられた自転車などを利用したもので、管理制度は整っていなかった。1995年にはコペンハーゲンにコイン投入式の制度が導入され駐輪所も用意されたが、テクノロジーの利用までは及ばなかった。そして3年前にようやく、テクノロジーを利用した制度がパリで初めて導入されたのだという。

ロンドンでは今回の制度導入に5年間で1億4000万ポンドの予算をかけ、このうち2500万ポンドをスポンサーのバークレイズ銀行が負担する。

市は23日から利用者の登録受付を開始し、30日のスタートまでに1万5000人の登録利用者を集めたい意向。1カ月目以降は事前登録していなくても利用できるようにする。

【7月23日13時36分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000005-cnn-int
 
   
Posted at 14:27/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!