使われている水

May 01 [Wed], 2013, 10:55
ウォーターサーバーに使われている水は、RO水(Reverse Osmosis)水と天然水の2つに分けられます。

RO水というのは、採水した水にRO膜処理(RO膜によって濾過)をした水のことで、RO膜というのは、逆浸透膜と呼ばれるフィルターのことです。

極少サイズのフィルターを通してろ過することで、水に含まれる不純物、重金属、細菌などを取り除くことができます。限りなく純水に近い水、とも言われています。

ミネラルを分解する力のない赤ちゃんや子育て中のご家庭、水の安全性にこだわるかたにはおすすめです。RO水を扱っているウォーターサーバーは、アルピナウォーター、クリクラ、ハワイウォーター、アクアクララなどです。天然水に比べると価格は安めなのが特徴です。

一方天然水の方は、化学処理をしていない地下水を原水としているものです。

ミネラルも調整されていません。独特な甘みや深みを味わうことができるので、水の味にこだわる方、おいしいお茶やコーヒー、水割りなどを飲みたい方にはおすすめです。

天然水といってももちろん殺菌はされているので衛生面は問題ありません。

その分品質管理や技術にコストがかかるので値段はやや高めになります。天然水を扱っているウォーターサーバーは、フィレシャス、富士の湧水などがあります。
情報はここから/RO水と天然水の違いってなに?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もーこ。
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qmoro430/index1_0.rdf