スカルプケアって大事そう

December 08 [Tue], 2015, 12:58
最近見直されている頭皮ケアはまたの名をスカルプケアとも呼ばれるお手入れ方法です。スカルプは髪の毛のトラブルの代表である「脱毛」「薄毛」に深く関わっていると同時に、フェイスラインのたるみやヒアルロン酸などにも影響を及ぼすと考えられています。
本来ヒアルロン酸は細胞間に多く存在しており、水分の維持やクッション材のような働きで大切な細胞を守っていますが、加齢に従い体の中のヒアルロン酸はどんどん少なくなりメラニン増加してきます。
美白という考え方は2000年の少し前に美容家・鈴木その子が必要性を唱えて人気になったのは記憶に新しいが、それより昔からメラニン増加が原因の様々な皮ふトラブル対策の言葉として採用されていたようだ。
よく目立つ下まぶたの弛みの解消・改善法で有効なのは、顔面のストレッチでしょう。顔にある筋肉は意識していないのに硬直していたり、その時の感情に関連していることがあり肌が乾燥してきます。
ドライスキンというものは、皮膚に含まれる角質の細胞間脂質と皮脂の量が通常のレベルよりも目減りすることで、お肌にある水分が揮発し、肌の表皮がカサカサに乾燥する症状を言い表しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:諏訪のたけしくん
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qmnkjpqu/index1_0.rdf