酵素の効果を検証してみた。

October 12 [Mon], 2015, 18:26
今人気の酵素ダイエットですが、これは身体に必須の栄養素として研究が進められている酵素の積極的な摂取により、身体にとって害になりかねない様々な老廃物をすみやかに体外に出すなど、代謝機能を高めてその状態をキープすることで、それがダイエットになります。酵素ドリンクや持ち運びにも便利なサプリを使うことで酵素ダイエットを行なうのが普通で、これと一緒にプチ断食をするとダイエット効果を一層高めます。酵素を多く含むのは野菜や果物で、これらを食べて人間は、不可欠な栄養素である酵素を摂取しています。忙しい芸能生活の中で酵素ダイエットに成功した人も大勢いると言われています。例えば浜田ブリトニーさんの場合は酵素ジュースの置き換えダイエットで2ヶ月半という短い期間でなんと10キロの減量を成し遂げました。それから髭男爵の山田ルイ53世さんのケースでは酵素ジュースを夕食代わりに飲み続ける方法で、42日間に18.8キロ落として見せてくれました。その他にも、ほしのあきさん、紗栄子さんらがどうやら酵素ダイエット中かもしれないと噂されています。酵素ダイエットの回復食に適した食べ物は、味噌汁やお粥等のカロリーを抑え、消化しやすいものです。当然のことですが、食事の量も考える必要があります。それに加え、ベビーフードはお勧めできます。市販のベビーフードを使えば、かなり楽できて、消化しやすく、低カロリーにできます。さらに、噛む回数を増やしてたくさん時間をかけて食べましょう。通常部分痩せというのは相当難しいのですが、酵素ダイエットを行なうと、嬉しいことに足痩せ効果も見えてきます。どういう仕組みかと言いますと、酵素ダイエットを行なうと、代謝機能の活性化が起こって体外へ老廃物が流されやすくなりますので、そのため余計な脂肪がつきにくい体に変化し、取れにくい下半身のむくみも解消され、そもそもむくみにくい体質に変わってきます。これが、足痩せが実現する過程です。しかしながら、足痩せの効果をもっと短い期間で感じたいのなら、適切な揉みほぐしや下半身のエクササイズなども同時に行なってみるのも良いでしょう。酵素ダイエットの最中は、アルコールは止めておく方がいいでしょう。アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールを分解するためにフル稼働で消化酵素を分泌し、これにより体内の酵素総量が減って酵素ダイエットが阻害されます。アルコールのデメリットはまだあり、酔いが深まるにつれ気が緩み、いつも以上に食べる量を増やしてしまうのは大変ありがちなことです。酵素ダイエットを行っている間だけは飲酒をしないようにするか、難しければ口をつける程度に抑えましょう。酵素ダイエットは業者の宣伝からではなくネットなどの口コミで広まったダイエット法なのです。やせられた上に体の調子が良くなった、長年の便秘が治ってすっきりした、ウエスト周りの贅肉が減ったといったように、大勢の人の声によって酵素ダイエットの素晴らしい効果が知られるようになってきたのです。ですが、そういった声の中には失敗について語るものもあり、百人中百人が成功しているダイエット法ではないのです。なるべく方法や理論を知っておき、失敗の無いよう注意したいものです。乳児のいるママが授乳しながら酵素ダイエットすることは可能ですが、プチ断食を並行させるのは身体に悪いので止めておくべきです。赤ちゃんにしっかりと栄養を届けるため、授乳期は普段より多めのカロリーを摂取しなければならず、もしも、酵素ダイエットを試すなら生野菜を果物をより多く食べるようにし、補助的に酵素ジュースとサプリを使うようにしていくのがおすすめです。そうした酵素を摂るだけのやり方であってもダイエット効果はあります。酵素ダイエットのやり方で一番効果的なのは、夕食を酵素ドリンクにするのを一ヶ月は少なくとも連続してやることです。理想とする体重まで減らすことができても、突然に元の食生活に戻してしまうのではなく、摂取するカロリーを低めにした消化しやすい食事にします。酵素ダイエットをやめたとしても毎日欠かさずに体重を計り、うっかりリバウンドしないようにすることがポイントです。朝食を酵素ジュースや野菜、果物などに置き換えると、酵素ダイエットは継続しやすいです。とは言っても、それより効果があるのは、夕食を酵素が多いドリンク、食べ物に置き換えてあげることでしょう。夕食は一日の食事の中で最もカロリーを多量摂取しがちであるので、よりダイエットが効果的になるのです。とは言っても、すぐ続かなくなってしまうのが欠点でしょう。できれば、酵素ダイエットにあわせて運動も行うようにすると、ダイエットがより効果的になるでしょう。運動と言うと大変に聞こえますが、ウォーキングやストレッチ程の低強度のもので大丈夫です。筋肉が減ってしまわないように少しずつ身体を動かすようにしていきましょう。軽めの運動を行うと、理想とする体型に少しずつ近づけるでしょう。とはいえ、激しい運動は体に負担が掛かるので、低強度の運動にしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こあたん
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qmm4tizb/index1_0.rdf