青春の汗はウソをつかない!そしてスウェットの汚れも落ちない

April 16 [Sat], 2016, 22:32
夏という季節が近づいてきても、最近めっきりと夏を感じなくなってきているのは、スポーツドリンクのせいではないかと思うオイラがいた。オイラの学生時代はペットボトルというものはなく、差し入れには『はちみつレモン』の350ml缶をお父様お母様たちからもらったものだ。

一時期は見なくなった缶のはちみつレモンであったが、この前コンビニでペットボトルに入ったタイプのものを見た。オイラは「アイツもペットボトルに寝返ったんだな」と思った。何を隠そう、オイラもポカリスエット粉末からペットボトルに寝返った1人だったからだ。

学生時代、水分とミネラル補給はアクエリアス派とポカリスエット派に分かれていた。若者はアクエリになぜか夢を抱くようだったが、学生時代から老け顔で『若年寄』と呼ばれるオイラは、日本製で飲む点滴と呼ばれているポカリスエット派であった。

飲む点滴でありながらアクエリアス派からは天敵と称されていた・・・かどうか分からないオイラだったが、今のようにペットボトルに恋焦がれるおじさんではなく、味の濃さもミネラルバランスも自分で調節できる粉末をこよなく愛する気持ち悪いニキビ面の少年だった。

自分で言って少し凹みつつあるので、5秒ほどいただきたい。

さて、元気になったので気を取り直して語っていくが、スポーツドリンクはスポーツ少年たちの命綱だった。特に今の時代は、夏になると35度とか考えられないくらい熱くなるため、熱中症になる場合もあるから本当に命綱であろう。

そもそも我々の若い頃は熱中症という言葉ではなく、熱射病という言葉しか存在せず、『夏の炎天下の下では帽子をかぶろう!』みたいなスローガンを掲げられていたが、オイラは野球部だったので帽子は常にかぶっており、それでも平気で暑さで倒れる仲間がいたことから、帽子で熱射病防止なんて無理だよ、という下らない冗談で仲間から正拳突きを食らったことがある。

今では暴力事件があれば一発で夏の大会は出場停止になってしまうが、我々野球部は一発敗退の常連で、一回戦を勝ち抜くことはなかったので、大会が始まると何となくポカリの粉末を水で溶き、それっぽい雰囲気のユニホームを着て、試合に出てはコールド負けで心もコールド(冷やす)がもっぱらのルーティーンであった。

ここまで読んでお分かりいただけたかもしれないが、スウェット男子ことオイラは駄洒落好きであり、このスウェットとポカリスエットはわずかばかりか言葉遊びをしているのだ(だからなんだ、と言われてしまったら何も言い返すことはないので言わないでね)

ダジャレばかり言うおっさんになっても、ポカリスエットは自分自身を鼓舞するためのドリンクとして、いまだに飲み続けている。ただ違うのは、当時は粉末を溶いて飲んでいたが、いまではペットボトルで飲むようになってしまった。

ペットボトルで飲むようになってからは、学生時代に汗をかき頑張ってきた記憶は少しずつ薄れ、自分を戒めるためや鼓舞するため、仲間たちとの友情や笑顔を思い出す機会は何か減っているような気がする。さらにこの前は、間違ってアクエリアスを買ってしまい、裏切りに裏切りを重ねるデビルマンのような男になってしまったオイラでもあった。

そんな汚れきったデビルマンのオイラが、アマゾンという何でもかんでも売っている通販店を鼻歌交じりに見ていたら、ポカリスエット粉末が100袋も箱入りで売っていた。あの当時は顧問の島貫先生が箱買いでまとめ買いしていて、それを見つけてつい涙が浮かんでしまった。

オイラの青春はこの箱の中にまだ詰められていて、乾ききった思い出さえも、水で溶いた粉末ポカリのように、この商品が何か潤してくれるような気がした。特にそんな気がしたのは、その値段の安さにあった!「ペットボトルより安いじゃん!」という感想であった。

部活に明け暮れていた当時は、バイトもしていないからお金なんてなくて、お母さんにお昼代をもらってはパンを1個だけ買って少しずつ蓄え、部活でめちゃくちゃ体力を使うから途中で倒れたりして、そんな時にマネージャーの後輩がポカリを持ってきてくれて・・・・・・ああっ、思い出したら高校時代にすごい戻りたいんですけど!(笑)

なんか話がそれたけど、粉末ポカリの箱を大人買いしている島貫先生を見て、当時は一万円札など触ったこともなかった貧乏少年だった僕は、大人の経済力の前にひれ伏し忠誠を誓うしかなかったことを、今になって急に思い出した。島貫の野郎め!(すごく良い先生でした、ゴメンネ、ぬっきー!)

気づいた時には粉末ポカリを箱買いまとめ買いしてて、初めての大人買い(この年で、笑)いドキドキしてたけど、通販でありながら次の日に届いてきたのは凄い驚いた。そして、こんなに消費できるかな、という不安感にさいなまれたので、色々と調べてみた。

ポカリスエットはさっきも書いたけど、飲む点滴と呼ばれていて、元々はスポーツドリンクとしてではなく、もう少し上の物を目指しての商品だったらしい。だから風邪で熱を出したりしたとき、病院の先生もアクエリアスを飲んで、と言わずにポカリスエットを飲んでというみたいである。

最近ではOS-1とかイオンウォーターとかもあるから、そっちをおすすめする医者もいるみたいだけど、水分とミネラル補給の代表格はやっぱりポカリみたいだね。しかも、健康維持にも使えるらしいから、やっぱスポーツドリンクという範囲だけではもったいないみたいだ。

うちは両親が健在だけど、人間は年を取ってくると暑さを感じにくくなったりして、水分補給が疎かになるらしい。さらに寝ている間って結構汗をかくらしいんだけど、それって意外と知らないんだよね。水分が不足すると血も濃くなって脳や心臓に負担をかけるらしいから、両親にもポカリの粉をおすそ分けすることに成功した!(笑)

さらに良かったことに、父親が足をよくつるらしく、知り合いにポカリスエットでミネラルのバランスを整えたら改善したと言う人がいたから、ちょうど欲しかったところだと感謝された。父よ、感謝したかったのは俺のほうだ!(笑)

そんな風に思っていたら、思った以上にパウダーの減りが早くて(2日以内に1袋空けちゃうから)、年金暮らしの両親に「返してくれ」というわけにも行かず、もう2箱大人買いしてやったぜ!(爆)

魅力を余すことなく伝えたくなったオイラは、ポカリスエット粉末まとめ買い箱購入が激安!通販価格最安値はコチラというホームページを連休中に作ってしまった!友達との約束がなくなってしまったからしょうがなく作ったんだからね!(ツンデレ)

うちの両親のように健康のために飲むのもそうだけど、オイラが汗水流した学生時代のように、青春を謳歌する若者たちにも、変わらぬこの良さを味わって欲しいな、っていうのが正直なところなんだよね。熱中症とかも怖いし、水分だけじゃ運動能力って大きく落ちるらしいから、ミネラルもしっかりと補給して、自分たちの努力の結果を大事なときに発揮できるように頑張って欲しいんだな。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:スウェット男子
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧