« <自転車>シドニー五輪代表の阿部良之がマトリックス移籍 | Main | ロココ調をイメージしたシャープペンとボールペン »
【アウトサイダー】黒石、二回戦で力尽きる…準決勝には幕、渋谷、渡辺、和田 / 2010年04月05日(月)
 4月3日(土)東京・ディファ有明にてリングス『THE OUTSIDER 第11戦』が開催された。

【関連フォト】この大会の模様

 今大会では予選通過者13名に前田日明代表の推薦枠3名を加えた計16名による「60-65kgトーナメント」の一回戦と二回戦が行われた。

 6月20日の決勝ラウンドに駒を進めたのは、“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”幕大輔、“九州 蹴り技の貴公子”和田周作、“沼津の一撃空手王”渡辺竜也、“リアル刃牙”渋谷莉孔の4名。

“ミスターアウトサイダー”として注目を集めている“横浜義道会初代総長 濱の狂犬”黒石高大は、1回戦で“栃木 漆黒の流星”手塚勇太を右ハイで沈める豪快なTKO勝利。続く二回戦では、和田と対戦し有利に試合を進めるも、2R終盤に失速。マウントポジションを奪われてのパウンド連打でTKO負けを喫した。


リングス
「THE OUTSIDER 第11戦」
2010年4月3日(土) 東京・ディファ有明
開場15:00 開始16:00

<全試合結果>

▼メインイベント(第24試合) 60-65kgトーナメントマッチ2回戦 3分2R
“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”
○幕 大輔
判定2−1
“沖縄から本土初上陸 猛毒ゴーヤファイター”
●宮良好明
※幕がトーナメント準決勝に進出

▼セミファイナル(第23試合) 60-65kgトーナメントマッチ2回戦
“九州 蹴り技の貴公子”
○和田周作
TKO 2R1分53秒 ※レフェリーストップ
“横浜義道会初代総長 濱の狂犬”
●黒石高大
※和田がトーナメント準決勝に進出

▼第22試合 60-65kgトーナメントマッチ2回戦
“沼津の一撃空手王”
○渡辺竜也
KO 1R58秒
“天下一武闘会の新星”
●松岡洋平
※渡辺がトーナメント準決勝に進出

▼第21試合 60-65kgトーナメントマッチ2回戦
“リアル刃牙”
○渋谷莉孔
KO 2R1分26秒
“昭和の極悪クリミナルレコーダー”
●茂木浩明
※渋谷がトーナメント準決勝に進出

▼第20試合 シングルマッチ 体重Limit80kg
“元・南関東RSC連合 小田急ルート総長”
○山田史博
一本 1R1分33秒 ※腕ひしぎ十字固め
“栃木真岡 夜の代表取締役”
●松本峰周

▼第19試合 シングルマッチ 体重Limit80kg
“法曹界の最強戦士 人権派 柔術弁護士”
○堀 鉄平
判定3−0
“国士舘のリアルジャイアン”
●剛田 武

▼第18試合 シングルマッチ 体重Limit72kg
“リアルサバイバー”
○蛯沢康仁
TKO 1R3分 ※レフェリーストップ
“ヒューマン・スイーパー”
●YUYA

▼第17試合 シングルマッチ 体重Limit64kg
“YMC真岡 吉永ブラザーズ”
○ウィンク鈴木
TKO 1R35秒 ※レフェリーストップ
“忠義”
●戸塚俊介

▼第16試合 シングルマッチ 体重Limit60kg
“カオス・ヒーロー”
○中根佑太
KO 1R5秒
“バトル漫画家ファイター”
●一文字 蛍

▼第15試合 シングルマッチ 体重Limit68kg
“茅ヶ崎連合第十二代総長”
○庵野隆馬
一本 1R1分31秒 ※三角絞め
“新潟最強ギャングCOLORS悪羅悪羅喧嘩士”
●RYUYA

▼第14試合 シングルマッチ 体重Limit93kg
“五所川原の頑固トーチャン”
○開米智樹
TKO 1R2分21秒 ※2ダウン
“日本一のドラ息子 東京青山最強ウェイター”
●高橋玲央

▼第13試合 シングルマッチ 体重Limit65kg
“静岡相良のシューティングスター”
○植田雄太
一本 1R2分46秒 ※チョークスリーパー
“アイ アム レジェンド”
●中村 潤

▼第12試合 シングルマッチ 体重Limit75kg
“埼玉白岡町の若き長 全身凶器”
○齊藤龍正
KO 1R4秒
“ブラジリアン・ドラゴン”
●ペドロ・ドラガオン・木村

▼第11試合 シングルマッチ 体重Limit80kg
“宇都宮オリオン通りの闇皇帝 栃木のラストエンペラー”
○菱沼 郷
一本 1R1分51秒 ※アキレス腱固め
“アンコンディショナル・ラヴ”
●八巻健二郎

▼第10試合 シングルマッチ 体重Limit73kg
“天才不良品”
○三枝美洋
TKO 2R1分32秒 ※レフェリーストップ
“焼津の暴力マリア”
●宮永一輝

▼第9試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“寝ても立ってもフルボッコ 取手の拳帝”
○幕 大輔
TKO 1R1分26秒 ※レフェリーストップ
“アウトロートレイン相鉄線の覇王”
●角田智康
※幕がトーナメント2回戦に進出

▼第8試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“沖縄から本土初上陸 猛毒ゴーヤファイター”
○宮良好明
KO 1R1分57秒
“理由なき反抗 名門三郷高校卒業 蒼い稲妻”
●島根 豊
※宮良がトーナメント2回戦に進出

▼第7試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“横浜義道会初代総長 濱の狂犬”
○黒石高大
TKO 1R2分50秒
“栃木 漆黒の流星”
●手塚勇太
※黒石がトーナメント2回戦に進出

▼第6試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“九州 蹴り技の貴公子”
○和田周作
TKO 2R27秒 ※レフェリーストップ
“漢は花道 火山処大分 ケンカの天才”
●花道
※和田がトーナメント2回戦に進出

▼第5試合 60-65kgトーナメントマッチ リザーブマッチ
“第6回大会MVP 平成生まれの火の玉小僧 弾丸エイティーン”
○比夏瑠
不戦勝
“福岡アウトロータウン亀強羅割り”
●井上潤一

▼第4試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“天下一武闘会の新星”
○松岡洋平
判定2−1
“ヨコハマ・メタルシティ 陵辱のバッドチューニング”
●土橋政春
※松岡がトーナメント2回戦に進出

▼第3試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“沼津の一撃空手王”
○渡辺竜也
判定2−1
“アウトサイダー少子化対策担当大臣 最強保育士”
●秋山 翼
※渡辺がトーナメント2回戦に進出


▼第2試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“昭和の極悪クリミナルレコーダー”
○茂木浩明
TKO 1R1分45秒 ※レフェリーストップ
“伝説与国 MVP大嶽 遺伝子継承最強アウトロー 蘇る杉並魂”
●pero
※茂木がトーナメント2回戦に進出

▼第1試合 60-65kgトーナメントマッチ1回戦
“リアル刃牙”
○渋谷莉孔
判定3−0
“実録死亡遊戯 九州軍団 影の総帥”
●山元 寿
※渋谷がトーナメント2回戦に進出

<各賞受賞者>

ベストストライキングテクニック賞:渋谷莉孔

ベストグラウンドテクニック賞:庵野隆馬

根性賞:花道、島根豊

マルガメ製麺所ファイティングスピリット賞:黒石高大 

ソウルジャパン賞:渋谷莉孔

サイゾー賞:齊藤龍正

ナックルズ賞:幕大輔

モッツ出版高須賞:山田史博

FACE賞:宮良好明

ベストバウト賞:第3試合 渡辺竜也VS秋山翼

【関連ニュース】
最強ワル決定戦の出場権を賭け、熾烈な抗争繰り広げられる!
最強のワルは元暴走族の総長“格闘彫師”吉永啓之輔に決定!
最凶不良決定戦に吉永、佐野、野村、武井が生き残る
“Mr.アウトサイダー”黒石が初勝利!25試合が一本・KO決着
不良にオヤジの逆襲!33歳・中村トッシーが5賞に輝く 4月4日11時52分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100404-00000017-gbr-fight

Posted at 11:24/ この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/qlvcfpvyjzjqjn/archive/6
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!