プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qlcprxeihdtpct
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
中国が世界第2位の経済大国に 世界のメディアはどう報じた? / 2010年08月04日(水)
 中国人民銀行(中央銀行)副総裁と国家外貨管理局の局長を兼任する易鋼氏が7月30日、取材に対し、「中国はもう実質的に世界第2位の経済大国になっている」と発言したことが、世界各国の大きな反響を呼んでいる。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 米AP通信社は7月31日、この報道に対し「中国が日本を抜き、国内総生産(GDP)第2位の経済大国となったことは、歴史的に大きな意義を有している。中国が、軍事・産業・文化の中心としてアジアを覇権していた18世紀以降、はじめてその地位に返り咲いたことを示すものである」と報じた。

 米AP通信によると、中国は、数々の政策を実施し、GDPにおいて米国に次ぐ経済大国になった。野村証券(香港)のアジア担当チーフエコノミストであるロブ・スバラマン氏の言葉が引用されている:「これまで日本がアジア最大の経済国として、そのほかの国々をリードしてきた。だが今は、このような関係に変化が生じてきている。中国が、日本を含むアジア諸国にとってもっとも影響力のある国になろうとしている」。

 高度の経済成長を続ける中国、その一方で数多くの問題を抱えていることも米AP通信は指摘している。中国の貧富の格差は非常に大きい。億万長者が数十人いるかと思えば、そのほかの国民は、世界でも最低レベルの収入で暮らしている。また、中国は有人宇宙飛行を3回も行うほど宇宙開発分野の先端国であるが、辺鄙な貧困地域に暮らす人びとは今でも山の斜面を掘って作った洞穴の住居で暮らすというありさまだ。

 飛ぶ鳥を落とす勢いで経済成長を続ける中国はまた、アジアおよびそのほかの地域において対立ムードをもたらす原因となっている。一つ目に、これらの国々は中国によってもたらされるビジネスチャンスを奪い合おうとしていること、二つ目に、経済的に豊かになった中国が軍事面でも力をつけていることに懸念を感じているということである。豪日刊紙「ジ・オーストラリアン」国際版の編集長であるグレゴリー・シェリダン氏は「アジアの国々はいずれも中国から経済的利益を得ようとしているが、中国がアジアの覇権国家になることは望んでいない」と語っている。

 米AP通信は、中国の21世紀における台頭は歴史的に見れば、かつてアジア地域を覇権した「大中華主義国」の地位に中国が返り咲いたことを示す、と評している。過去2000年もの間、そのほとんどの時代において、中国は東アジア経済および軍事における覇者であり、また産業を牽引していた。ベトナム、韓国、日本など各国の優れた文化は、19世紀になってはじめて衰退への道を歩み始めるまで、中国が中心的位置を占めていたのである。(編集担当:米原裕子)

【8月4日15時32分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000060-scn-bus_all
 
   
Posted at 15:39/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!