妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は細胞の分裂

March 26 [Sat], 2016, 17:21
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、血液を作る作用があります。


それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、妊娠確率が上がるのです。



タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要なはたらきをする栄養素なのですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかっ立とすると、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。

実は、葉酸には細胞分裂を促すというはたらきがあります。



そのため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行なわれず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるというデータがあるのです。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を意識してみて下さい。
妊活なんてきくと、女性がおこなうものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るというはたらきがあります。


そのため、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。



葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから意識的な葉酸の摂取を初めた方が殆どでしょう。

ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いはずです。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも良いと思います。ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省が通知を出しています。
なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが大事です。


妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。



とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いはずです。
通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用がはたらくことで、葉酸も効率よく働けるという所以です。


それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるんでしょうか?空腹時の摂取は葉酸のはたらきが鈍くなるばかりか、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、オナカの中で体の器官をつくり上げていくのですが、葉酸は、この時に重要なはたらきをします。葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。
でも、多様な成分を含有している総合サプリの中でも、一体どの成分に注目すればよいのか分からないという方が殆どでしょう。

そうした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、総合サプリを選ぶようにすればエラーないと思います。胎児が元気に成長するために最も重要なはたらきをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。一般的には「妊娠前から授乳期のおわり」までだと言われていますよね。



葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。とはいえ、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要な栄養素なので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるのです。

野菜の中でも、多くの葉酸がふくまれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜です。
病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。
十分な葉酸摂取のために、毎日沢山の野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをおススメします。
一度流産を経験しました。



しばらく経ってから、「おこちゃまがほしい、諦めないようがんばろう」と決めて妊活について調べるようになりました。

妊娠に適した体になるように、以前から冷え症に悩まされていた私は、苦手だった運動(最初はウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)や踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を初めました。

運動(最初はウォーキング(日本スリーデーマーチや龍馬ハネムーンウォークin霧島など、ウォーキングの大会も開催されています)や踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qkt0ircereylpu/index1_0.rdf