厄払い

February 03 [Fri], 2012, 13:32
2011年を振り返ると旦那と籍を入れて楽しい日々が続いた前半。
一方、自身の再就職が決まった9月下旬あたりから悪いことが立て続けに起こった。
9月義母に重い病気が見つかり、10月沖縄挙式を予定していたが急遽キャンセルし静岡県内に変更。
10月旦那に大阪転勤の辞令が野外露出出て1月からの別居生活を余儀なくされる。
11月実家の母が交通事故に遭い一時期意識不明の重態。
12月八王子の祖父が危篤。
明けて1月↑の祖父が逝去。
んもーなんでこんなに続くわけマジでもうやめてよと声に出ました。
普段おまじないや占いは信じない方ですがここまでくるとさすがに女性の前厄を意識せずにはいられない。
昭和55年生数えで32歳にあたる2011年は前厄だったのです。
明けて2012年、本厄となった。
もう大切な人が傷つきませんように、幸せな結婚生活を築いていけますように、名古屋市熱田区にある熱田遂に厄払いに行きました。
※熱田遂とはその昔、織田信長が戦の前に必勝祈願をした錘ミだとか。
厄払い後いただいたのが写真の品々。
木札や箸のほかに干菓子や節分の福豆も。
何か守られてるような気がしてきます。
病も気から、幸せも気から。
義母の病気は完治するものでないものの、症状が軽くわりと穏やかに過ごしているし、実家の母もすっかり回復し退院の日取りも決まった。
旦那とは3月末の挙式後すぐに一緒に住めることになり祖父も苦しむことなくお別れできたので良しとしたいどん底から脱した感がある私の厄。
どうかもう悪いことが起こりませんように。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qk94zdstwm
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qk94zdstwm/index1_0.rdf