私のためのホームラン

September 12 [Wed], 2012, 1:57
正直に言うと、昨日の試合はかなりつまらなかった。
ソトは頑張ってくれたんだけどね。
途中からもう退屈で退屈で帰りたくなったよ。
orzなので、二戦目の今日は打撃戦に期待シャキーンそれにしても、球場でもらえる粗品ってどうしたらええんやろ。
昨日はどでかいリュックサックを配っていたのだが、ぱっと見はまるでキャッチャーの防具だったので、思わず入口のお姉さんに何これと聞いてしまった。
そして、今日は女性限定の福袋。
貰ってしまう私も私なんだけどさ、ホントどうしよう。
ちょっと早めに着いたので、ドラゴンズの練習風景がじっくり見られた。
オペラグラスを置いて来たのが悔やまれる。
野本とキャッチボールしてたのは井端さんだと思うのだが、遠くて確信が持てず。
でも、その後も二人で話をしていて、野本は本当に井端さんに懐いてるんだなぁ、と微笑ましくなった。
というか、いばちんは若手外野手陣にはかなり慕われている模様今日の先発は我らがエース吉見吉見で負けるとホント萎えるから、頼むからしっかり仕事してくれよ野手陣。
すると、祈りが通じたのか初回から連打連打の連打あっという間に2唐もcヮ謔チて、レフトスタンドは早速のお祭り騒ぎきっとみんな、昨日の鬱憤が溜まってたんだね涙。
こっちの先発は吉見だし、これはもう勝ったも同然だな。
フラグしかし、吉見は吉見でしょっぱなからツーベースヒットを許したり、なんだか不安になる投球内容。
た、立ち上がりが不安定なのは仕方ない震え声。
ピンチを作りつつも初回は無失唐ナ切り抜けたが、2回にまたしても同じような状況に陥って今度は1唐父рウれてしまう。
うーん、調子悪いのかな。
ショボーンそして、迎えた3回の表。
事件はこの時起こった。
田中みなみ 迷惑の二人はあっさり凡退したが、ツーアウトから森野が執念のツーベースヒット。
続くバッターは5番の井端吉見のためにもなんとしても追加唐ェ欲しいところである。
タイムリーを期待して、声の限りに応援するレフトスタンド。
すると、なんとなんとなんとなんとまさかのツーランホームランが飛び出した嘘ォォォォォなにしろフェンス際がまったく見えないので、最初は何がどうなったのかよく分からなかったが、外野を力なく転がるボールを見てようやく事態を理解。
ホームラン、だ。
井端さんの活躍をこの目で見たい、できることならホームランを打ってもらいたい、という私のささやかな夢がいきなり現実のものとなったのだ。
ありがとう井端さん。
本当にありがとう。
感動であなたの姿が見えませんんんんんんんんんんんブワッこの瞬間、またお手紙を送ろう、と決意したのは内緒の話桃キが3唐広がったことで、吉見も少しは落ち着いたかなと思ったのだが。
そんなこと全然なかった。
orzまたしてもピンチを招き、さらにもう1唐父рウれてしまう。
おいおいおい。
頼むから井端さんの華麗なホームランを無駄にするようなことだけはしないでくれよ。
信じてるんだからなもう見飽きただのまーた吉見先発かよだの言いつつも、ワイはヌッスのことが大好きなんだぞいや、その呼び方の時唐ナしかし、祈りもむなしく満塁の大ピンチ。
どどどどどどーするよ。
こういう場面の吉見はなんだかんだで抑えるイメージだけど。
なお浅尾はry相手のバッターの打った球がセンター方向に抜け、最悪の事態にな、荒木が捕った態勢を崩しながらも、きっちり一塁に送球してスリーアウトチェンジ見たかこれが荒木の超ファインプレーだ中日の二遊間は日本一ィィィィィレフトスタンドのテンションも上がりまくり。
もちろん盛大な荒木コールやっぱり私はアライバが大好きだあそれにしても、昨日とはうって変わって退屈しない試合だなぁ。
良い意味でも悪い意味でも苦笑。
しかし、5回以降は0盗i行のやや落ち着いた展開に。
阪垂ブシンガン継投はちょっと面白かったけどね。
そして、42のまま試合は9回に突入。
今日の森野は絶好調で嬉しいな。
昨日、応援団にもさんざん弄られていただけに感無量。
結果は4打数3安打1四球そしてチャンスの場面で、おそらく今日最後になるであろう井端さんの打席。
今日の井端さんは打つよ絶対打つよシャキーンすると、なんと本当にメ押しのタイムリーヒット今日は4打数3安打1四球3打唐フ大活躍なんという、なんという俺得試合いいいいいいいいいいいうおおおおおおおおおおおお9回裏は死衰竦の登場3桃キなら岩瀬でも安心だねひどい。
いやいや、色々思うところはあるけれど、岩瀬さん大好きですよホント。
今日も岩瀬劇場開幕かという予想に反してあっさり三者凡退。
死垂竅I死垂ェいらっしゃるというわけで無事にゲームセット。
京セラドームは勝率100じゃないかな私が行くと、甲子園では毎度毎度負けるのにねぇ。
笑えないそして、今日のドアラ先生。
昨日とは逆にドアラがトラッキーを姫抱っこと思いきや、抱っこする意志もまったく見せずにトラッキーを地面に突き落とすドアラ先生マジ外道
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qjp1t6yhae
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/qjp1t6yhae/index1_0.rdf