医療事務にはコンピューター入力も求められる

May 29 [Wed], 2013, 15:50
医療事務の業務はコンピューター操作が求められる場合がほとんどです。
ですから、まったくパソコンが触れないという人は、まずパソコン操作の基礎を覚えておくと良いでしょう。
ほとんどのクリニックは独自のソフトを使っていますので職場によって入力の仕方は変わってくるのですが、基本がわかっていればどこの病院やクリニックであってもうまく操作することができるようになります。
スピーディーさも求められるでしょうが、もっと大事なのは正確さです。
医療事務に従事するにあたり、テンキー入力はとても大事になりますから、テンキーの入力がうまくできるように練習しておきましょう。
少なくともキーをみないでも打てるようにならないと大きな病院で医療事務を行うのは大変でしょう。
しかし、すぐに覚えられますのであまり心配しないようにしましょう。
ほとんどの場合管理番号がついていて番号を入力して患者さんのデータを呼び出すことが多いです。
もっと小規模のクリニックの場合は、カナ入力で呼び出すこともあるようです。
そのような場合は、文字入力もブラインドタッチで行えると良いでしょう。
入力を正確にそしてできるならスピーディーに行うために、普段からパソコン操作の練習をしましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ