FBI、捜査開始=オリンパス巨額報酬支払い―米紙 

October 24 [Mon], 2011, 17:01
 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は23日、オリンパスが2008年の英医療機器メーカー買収に際し投資助言会社に支払った6億8700万ドル(当時のレートで約660億円)の報酬をめぐり、連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出したと報じた。
 先に解任されたオリンパスのマイケル・ウッドフォード前社長は、この買収のほか、06?08年の国内3社の買収に関して支払った巨額報酬を問題視。オリンパスも、過去の企業買収の経緯を調べる第三者委員会の設置を進めている。
 同紙によれば、オリンパスが支払った報酬の割合は米国標準の30倍以上。報酬は日本人の金融業界関係者が経営する会社に支払われた後、この関係者とつながりのあるケイマン諸島の登記会社に渡った。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111024-00000083-jij-int
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します。


「ブログ、おこずかい稼ぎ、副業」について検索はこちら

>>>楽天市場の最安値商品をチェック