アニマルコミュニケーション勉強会の感想

July 25 [Wed], 2012, 22:33
福島で動物対話士の水土はなん先生をお迎えして、アニマルコミュニケーション勉強会を開催します。
とても貴重な機会ですので、是非ご参加ください。
日時2012年8月18日土19日日共に10時17時入門編8月18日土、フォローアップ8月19日日詳細はこちらそもそも、アニマルコミュニケーション勉強会って何何が出来るようになるのと思われる方もいらっしゃると思いますが、はなん先生のブログを一部転載しましたので、ご覧ください。
受講の申し込みは7月末までですので、興味がある方はお早めにお問い合わせください。
ここから転載アニマルコミュニケーション勉強会の入門編にご参加くださった方からその後の成果報告をいただきました。
勉強会に参加しようか迷っている方にとって参考になると思いましたので、ご本人様に許可をいただき必要箇所のみ抜粋してご披露させていただきます先日は勉強会に参加させていただき、ありがとうございました。
HANAnさんの講義が面白く夜勤病棟 エロて、あっという間の1日でした。
動物たちの生き方、意志、存在を理解できて、大変勉強になりました。
また、人間同士のコミュニケーションにも通じると知り、まさに目から鱗本当に感謝感謝ですさっそく、帰宅後に猫とのコミュニケーションに挑戦しました。
現在飼っている猫は腎臓が悪く、4年前から毎週病院に通っていますが、いつもブルブル震えて怖がっていました。
そこで、なぜ病院に行くのかを話して説明してみたところ、なんと、初めて病院で震えなかったんです気持ちが通じるって、こんなに嬉しいものなんですね本当の意味で、この子も家族なんだなと実感しました。
これもHANAnさんのおかげです。
ありがとうございましたフォローアップも興味があるので、ぜひ、また勉強させていただけると幸いです。
掲載にご快諾いただきありがとうございました文章中にもありますが、この方のおうちの猫さんは腎臓が悪くて毎週治療のために病院に通っていたそうです。
さっそく勉強会での内容を活用してくださったんですねいつもかわいそうなくらい震えるのですがということでしたが、初めてだいじょうぶだった、というとことがキモですね。
コミュニケーションが通じた瞬間の喜びは飼い主さんだけでなく、猫さんにも通じたことと思いますHANAnの勉強会は霊感の有無等々は一切関係ありません。
中略必要最低限のコツさえつかめれば霊感なんてなくてもできるようになります。
それがHANAnのアニマルコミュニケーション勉強会です。
上記くらいの日常会話なら入門編で十分です。
フォローアップはアニマルコミュニケーターが事細かにクライアントさんにお伝えできる技術を種明かしします。
これによって問題行動の改善や同居ペットを増やす時の相談、病気治療についての話し合いなどが、より具体的にできるようになり、さらには私たちより寿命の短い彼らを見送る時に一緒に暮らせてよかった。
おつかれさまと心からの感謝を持って見送れるようになります。
入門編で右脳を鍛え、フォローアップで左脳を鍛えます。
両方受講することで右脳と左脳のバランスをとりながらペットと対等に意思の疎通ができるように調整します。
受講終了が近くなると、早く家に帰ってうちの子とお話ししたくなります。
そして、意思の疎通ができていることが分かることで、より一層うちの子が愛おしくなります。
そこに導くのがHANAnのアニマルコミュニケーション勉強会です。
次回の勉強会の開催はサロン入門編8月11日、フォローアップ8月25日福島入門編8月18日、フォローアップ8月19日福岡入門編9月1日、フォローアップ9月2日各クラスの定員はサロン4名、福島と福岡は10名までと少数です。
特に福島や福岡など地方出張は次回開催は未定なのでこのチャンスをお見逃しなきよう8月18日、19日の福島勉強会、9月1日、2日の福岡勉強会、それぞれ参加者絶賛募集中福島では現状を寄りよく生き抜くためのウハウを盛り込み、放射能対策のためのゼオライト関連商品展示即売会も福岡ではランチつきでいつもの受講料というそれぞれにステキな特典つき定員になる前に急ぎお申し込みをここまで転載はなん先生のブログはこちらです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qemtuifa4x
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qemtuifa4x/index1_0.rdf