フォトフェイシャルとにきびに

March 03 [Sun], 2013, 4:44
適した治療方法が肌に出来たにきびの状態によってあるのが、にきびの治療の特徴です。一般的なのは、皮脂を抑える薬やピーリングなど、にきびの原因のひとつでもある角質を取り除く、抗生物質など塗り薬や飲み薬などの治療です。最近は光治療による、にきび治療も有名です。一定の光をにきびに照射する治療で、アクネ菌を取り除き炎症による赤みを取ったり、過小な皮脂分泌を抑える事ができます。
どんな関係がフォトフェイシャルとにきびにはあるのでしょうか。にきびができやすい人は、普段から肌のケアにも気を使っているものです。できてしまったにきびの痕は特に、ほとんどスキンケア化粧品などを使ってみてもなくならないのはないでしょうか。できるだけにきびは作らないようにしましょう。にきびが出来てしまった場合には痕が残らないように気を付ける必要があります。美容整形外科や皮膚科に行って専門医に相談した方が良いことも、にきびが多くて悩んでいる人の場合はあるでしょう。
ピザ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えいたg3ck
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qdbw7iin/index1_0.rdf