キングコブラスワローグッピーで小林信一

January 03 [Sun], 2016, 11:07

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。



自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの訳でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、始めの手術時より、大聴く骨を削る羽目になるんです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。




入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。



インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。



何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行なう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっておりすさまじく治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聴く左右する治療法とされています。





良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。



インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行なう歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになるんです。


痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置をすさまじく数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。





年々進化をつづけるインプラントの技術。




最近では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。





人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を記憶するなど、問題となる不具合が報告されています。



これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミ(時々、やらせや捏造のものもありますから注意が必要かもしれません)なども利用して選びましょう。



最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になってしまったらいった変化が歯科医院ではよくきかれます。そうなる訳として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。





自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決をはかることです。各種のインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうっていう話があったのではないでしょうか。





それは本当のことではありません。



磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。





インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。




ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入しますので、該当する歯の分だけ治療することになるんです。



他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると希望があるケースではインプラント治療を優先していいでしょう。



よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというはずです。





入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことが出来るのですし、見た目の美しさにも優れています。





インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過一緒に落ち着くのがほとんどなので、気にしないでちょうだい。実は他の問題が隠れていたと言う事もありますから、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてちょうだい。



厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことは出来るのです。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。





インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。



難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によってはすさまじく深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてちょうだい。





まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。各種の条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくという手段もあります。インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。



このため、歯科医院を捜すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てちょうだい。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。


虫歯がすさまじく悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。


費用も見積もりを出して貰い、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。




手術がおわり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥香
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qchreesuliykut/index1_0.rdf