震源近くの海底、24m東側に動く

April 24 [Sun], 2011, 8:01
海上保安庁は6日、東日本大震災の影響で、宮城県沖の震源近くの海http://www.fm-tokushima.co.jp/底水深約1700メートルが、東側に約24メートル動いたことが確認されたと発浮オた。同庁が海底地盤に設置している計測機器の分析結果から明らかになった。今回の震災では、国土地理院の調査で宮城県石巻市の牡鹿半島が東側に約53メートル動いたことが判明しているが、震源近くの地殻変動はこの4倍以上だったことになる。同庁によると、海底地盤の変動が確認されたのは牡鹿半島沖約120キロの海底付近。同庁の測量船が3月28、29日に調査したところ、海底地盤に設置した8基の計測機器のうち、7機がいずれも東南東に約24メートル動き、さらに周辺の海底地盤も約3メートル隆起していたという。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:qbyq0vtt95
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qbyq0vtt95/index1_0.rdf