仕事を減らして、楽しいことを増やして

January 19 [Sun], 2014, 18:37
仕事を減らして、楽しいことを増やして、もっと友人と過ごし、もっと運動して、多くの時間を小学校でのボランティアにあてて。いいですね、その理想の円グラフの割合はどうなりますか?努力すべきことに割く時間が少なくなってしまうのが気がかりです。成績がさらに下がってしまったら。わかりました。その予測を書いておきましょう。あなたの予測が正しければ、いつでも現在勉強にあてている時間数に戻せばいいのですから。でも、あなたのその心配は正しくないかもしれませんよ。あまり頑張りすぎないで、楽しいことをむしろ増やすことで、気分が良くなるかもしれませんから。そして、気分が改善すれば、かえって集中力が増して勉強の効率が上がるかもしれません。いかがでしょう?まだ、何とも言えません。とにかく、あなたの予測を検証してみましょう。今、効率良く勉強できていないのは事実です。では、あなたの生活を−度、以前のバランスが良かった頃に戻してみましょう。楽しいことをして、良い気分を体験しましょう。そうすれば勉強の時間が短くても効率は上がるかもしれませんね。
人生は複雑です


悲しみやちゃんとしていないという感じ

December 03 [Tue], 2013, 17:55
オールAというわけではなかったし、何でもよくできたというわけではない。そのため、時々、自分がちゃんとしていないと感じたが、それでもおおむね、よくやっていた。幼少期の記憶を再構成する多くの疲弊者にとって信念の修正は、これまでに示されたような「合理的に考える」あるいは「知的な理解に基づく」技術でも十分である。それに該当しない疲弊者のために、特別に「情緒的な」(あるいは疲弊者の感情が喚起される)体験を重視する技法も必要となる。そのような技法のひとつに、ロールプレイをもちいる方法がある。そこでは、疲弊者が過去における外傷経験をあらためて解釈しなおせるよう、再体験を促す方法がある。以下の対話で、治療者は、疲弊者が現在の悲惨な状況につながっていると考えている過去の出来事の解釈を、再構成できるよう支援している。今日はとっても、落ち込んでいるようですが?はい。レポートが戻ってきたのです。評価はCでした。私は、ちゃんとやれていないのです。本当にちゃんとしていないと感じているのですか?あなたは、悲しみやちゃんとしていないという感じを、体のどこで感じますか?

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あまんだ
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/qbldoeti/index1_0.rdf